倉敷の名物といえばぶっかけうどんですよね。

美観地区に来たなら、ぶっかけうどんをぜひ食べたいところ。
観光で、その土地の名物料理を食すのは楽しみのひとつです。

そんなとき「手打ちうどん おおにし」はピッタリの店。

倉敷川畔という美観地区の中心にあるので、観光で来たときに訪れやすいのがポイントです。

でも、それだけじゃありません!
おおにしは、ぶっかけうどんはもちろん、おいしい本格派のうどんがいろいろ楽しめる店なんです。

しかも、美観地区が観光地として注目されはじめたころからある、創業45年以上の老舗。

長年にわたり、観光客だけでなく地元の住民からも愛され続けている店なんです。

そんな人気のうどん店・手打ちうどん おおにしを紹介します。

手打ちうどん おおにしは倉敷川畔にある昭和48年創業の老舗うどん店

おおにし:外観

おおにしがあるのは、美観地区のメインエリア・倉敷川畔
倉敷川の東岸にあります。

古い建物を店舗としていて、美観地区らしい趣のある雰囲気です。

▼店頭には、一部のメニューのサンプルが飾られていました。

おおにし:外観

おおにしは、昭和48年(1973年)創業の老舗のうどん店です。

美観地区が人気観光地となる前から営業しています。

そのため、観光客だけでなく地元の常連客も多いのが特徴です。

▼おおにしの店内は、テーブル席がメイン。

おおにしうどんの店内

なお、テーブルの配置は変えられます。

▼奥の厨房の前には、カウンター席も。

カウンター席

▼おおにしの店内には、美術品が飾られています。

美術品もかざられている
おおにしの店内

倉敷ガラス陶芸品もありました。

おおにし:店内

美観地区周辺は、大原美術館や市立美術館、倉敷民藝館などといった文化施設が多いです。

そのため美術品に興味があるお客さんが多いので、店内に美術品を飾っているそう。

棟方 志功(むなかた しこう)や芹沢 銈介(せりざわ けいすけ)などの著名な人物の作品や、貴重な作品、お客さんから贈られた作品なども飾られています。

手打ちうどん おおにしのおすすめメニュー・人気メニュー

おおにしは、とてもたくさんのメニューがあります。

そこで、店主の大西 洋(おおにし ひろし)さんに、お店のおすすめメニューや、お客さんから人気のメニューを紹介してもらいました。

2022年(令和4年)5月時点の情報。価格は消費税込

「瀬戸内おろしレモンうどん」は店主イチオシのメニュー

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温) 天ぷらセット

店主・大西さんが一番おすすめするメニューが「瀬戸内おろしレモンうどん」です。
温と冷があり、どちらも850円です。

また、瀬戸内おろしレモンうどんには「天ぷらセット」(1,100円)もあります。

取材のときは、天ぷらセットでうどんは温を注文しました。

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
瀬戸内おろしレモンうどん(温)

大きなレモンの輪切りが三切れ乗っているのが印象的。

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
レモンは国産のもの

鮮やかな黄色が美しいです。

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
ツユは薄い透明感のある色で、ダシの効いたスッキリとした味わい
おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
レモンをしぼって、うどんツユにレモン果汁を加えていきます

うどんのツユとレモンは合うのかどうか不安でしたが、サッパリしたうどんツユに爽やかなレモン果汁が加わると、サッパリ感が増して意外にも合います!

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
麺太め。とてもしなやかで適度なコシがあっておいしい

レモン果汁が加わってサッパリとしたツユと麺がよく合い、ツルツルと勢いよく食べられます。

おおにし:瀬戸内レモンおろしうどん(温)
たっぷりのダイコンおろし。

レモン果汁が入ってサッパリしたツユと、ダイコンおろしのサッパリ感はピッタリ。

さらにダイコンおろし特有の舌触りがいい仕事をしています。

おおにし:天ぷら
天ぷらセットの天ぷらは、エビとナンキン

衣はサクっとした食感。

エビは結構太めでプリプリッとしています。
いっぽう、ナンキンはホクホクです。

斬新だけど、サッパリして食べやすい瀬戸内おろしレモンうどんは私もおすすめです!

実は、瀬戸内おろしレモンうどんは、その昔夜の宴会限定メニューとして提供されていた「うどんすき」ヒントに生まれました。

鰹と昆布のスープとレモンが相性抜群で、そんなうどんすきの味を一杯で食べて頂きたいという想いから、「瀬戸内おろしレモンうどん」が誕生したそうです。

「ぶっかけうどん」は倉敷発祥の名物うどん

おおにしで人気なのが「ぶっかけうどん」各種。

ぶっかけうどんは、倉敷で生まれた名物料理です。
おおにしでは、数種類のぶっかけうどんをラインナップ。

メニュー価格
ぶっかけうどん750円
おろしぶっかけうどん900円
スペシャルぶっかけうどん1,150円
天ぷらぶっかけうどん950円
山芋わかめぶっかけうどん950円

いずれもがあります。

▼「おろしぶっかけうどん ()」(900円)を注文しました。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

▼しかも、ぶっかけうどんとさば寿司がセットになった「倉敷ぶっかけセット」で注文。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷) さば寿司セット

倉敷セットのうどんは、通常「ぶっかけうどん」が付いていて1,100円。
ぶっかけうどん以外のぶっかけうどんは、単品価格の差額をプラスすることで変更できます。

倉敷セットで「ぶっかけうどん」(単品価格 750円)を「おろしぶっかけうどん」(単品価格 900円)へ変更した場合は、差額150円をプラスして、1,250円です。

▼上から見ると色とりどりの具材が乗せてあるのがよくわかって、おいしそう。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

▼中央には、ダイコンおろしの上にウズラの卵、おろしショウガ。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)
中央には、ダイコンおろしの上にウズラの卵、おろしショウガ
おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)
カツオ節・刻み海苔・カマボコ・刻みネギも

▼もちろん、麺は瀬戸内おろしレモンうどんと同じ。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

冷で注文したので、コシは温よりも強めです。

ぶっかけうどんは、ツユを最初からかけてあるスタイルと自分でツユをかけるスタイルがあります。

▼おおにしのぶっかけうどんは、自分でツユをかけるスタイルです。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

▼具材の上から思い切ってツユをぶっかけましょう。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

甘めのツユは、麺や具材に絡めるととてもおいしいです。

おおにし:おろしぶっかけうどん(冷)

ぶっかけうどんは、食べ進めれば食べ進めるほど、奥深い味わいを楽しめる気がしました。

おおにしのぶっかけうどんは、やさしい甘さが楽しめ、後味がとてもサッパリしています。

やみつきになりそうなおいしさがあると思いました。

「さば寿司」は隠れた逸品

「倉敷セット」でいっしょに付いてくる「さば寿司」。

これも絶品なんです!

▼倉敷セットでは、さば寿司が2貫付いてきました。

おおにし:さば寿司

▼サッパリとしたほどよい甘酸っぱさが、うどんとよく合います。

おおにし:さば寿司

おいしいので、もっと欲しくなってしまう!

さば寿司もぜひ食べてみてください。

その他のおすすめメニュー

2022年(令和4年)5月時点の情報。価格は消費税込

「すずしろうどん」は清涼感あふれたうどんで夏におすすめ

おおにし:すずしろうどん(つけ麺)

すずしろうどん」(750円)は、ダイコンおろしを乗せたうどん麺を、つけ汁につけて食べる冷たいうどんです。

すずしろ」は春の七草でダイコンのこと。

ダイコンおろしとともに食べると、サッパリとするだけでなく、ダイコンおろしの清涼感ある味わいが楽しめます。

まさに暑い夏にピッタリのうどんです。

コラボ・増し増しダブルは「ありそうでなかった」メニュー

コラボ・増し増しダブルメニュー

2021年から提供されている「コラボ・増し増しダブル」は、思いつきで始めてみたら好評でレギュラーメニューになりました。

メニューは以下の4種類。

メニュー名価格(税込)
肉&天ぷらうどん1,100円
きつね&天ぷらうどん1,000円
えび天ダブルうどん1,100円
肉ダブルうどん1,100円
肉&天ぷらうどん
肉&天ぷらうどん

取材時は「肉&天ぷらうどん」を注文しましたが、肉のうまみの出たダシで食べる、うどんと天ぷらがおいしかったです

ボリュームも多く、一杯で満腹になります。

おおにしのメニュー一覧

ほかにも、おおにしにはたくさんのメニューがそろっています。
そこで、メニューの一覧を紹介します。

2022年(令和4年)5月時点の情報。価格は消費税込

ぶっかけうどんメニュー
ぶっかけうどんメニュー
うどんメニュー
うどん、一品メニュー
セットメニュー
セットメニュー

魅力的なうどんがそろっている手打ちうどん おおにし。

そんなおおにしの店主・大西 洋さんへインタビューをしました。