2020年5月にオープンした、一棟貸しの素泊まり旅館「くらしきカワセミ亭」。

倉敷美観地区のすぐそばで、リーズナブルに、古民家を改装した2階建ての家をまるごと貸切滞在できます。

「リノベーションが好きなんです」と朗らかに語るオーナーのこだわりを感じる佇まい。
オーナー夫婦自らが壁に漆喰を塗るなど、過ごしやすい空間を作り上げています。

漆喰の壁のやわらかな質感と木のぬくもりが印象的で、落ち着くなあと感じました。

まるで暮らすように滞在できる、くらしきカワセミ亭の特徴を紹介します。

倉敷美観地区に近い一棟貸の旅館

くらしきカワセミ亭

「くらしきカワセミ亭」は、一棟貸しの素泊まりタイプの旅館です。

古民家をリノベーションし、2020年5月にオープンしました。

場所は倉敷駅から徒歩約15分、倉敷美観地区から徒歩約5分です。

観光に便利な立地なのに、大通りから少し内側に入っているため、比較的静かに過ごせます。

くらしきカワセミ亭 間取図
間取り図(くらしきカワセミ亭提供)

2階建てで、和室2部屋・洋室1部屋・キッチンがあり、広々とした空間を貸し切りで使えるのが魅力。

一棟貸しであることに加え、畳の部屋があるので、子供連れでも過ごしやすいのではないでしょうか。

家の中を紹介 あえて古いものを残した、快適な空間

くらしきカワセミ亭

古民家をリノベーションした、くらしきカワセミ亭。

「古さと新しさのバランスが、過ごしやすく落ち着く家だな」と感じました。

水回りは全部新品にリノベーションしながら、古い柱や木製のドアなど趣のあるパーツは、あえて残しているのです。

幼いころを昭和建築で過ごした筆者は、懐かしい気持ちになりました。

家の中を紹介しましょう。

くらしきカワセミ亭

居間は、床の間や付書院(つけしょいん)のある、無垢の柱が活かされた和室です。

帯を使って手作りした掛け軸や骨董品屋で買った花瓶など、インテリアにも古道具が使われています。

くらしきカワセミ亭 ガラス

今では希少な昭和時代に作られた型板ガラスは、レトロな雰囲気。

くらしきカワセミ亭 キッチン

自由に使えるキッチンは、タイルがおしゃれ。

名古屋モザイク工業株式会社の「コラベル」というタイルで、オーナーのお気に入りだそうです。
どこかレトロで異国情緒も感じられます。

くらしきカワセミ亭 キッチン

IHコンロは2口。

電子レンジ・トースター・湯沸かしケトル・冷蔵庫・フライパン・6名分の食器・食塩やサラダ油なども用意されています。

くらしきカワセミ亭

自炊できる設備が整っているので、長期滞在も可能です。

くらしきカワセミ亭 2階

2階は6帖の和室と5帖の洋室がつながっていて、広く感じました。

写真では和室と洋室のふすまを外して使っていますが、ふすまで仕切れます。

寝具は、ダブルベッド1台と布団4組。

たとえば6名で泊まるときは、1階の居間も使って2人ずつ別の部屋で眠ることも、布団をぎゅっと敷き詰めて6名が2階の空間で眠ることもできるそうです。

くらしきカワセミ亭 バスルーム

バスルーム・洗面台・トイレは新築同様の使い勝手なので、とても快適です。

洗濯機も自由に使えます。

くらしきカワセミ亭 トイレ

トイレにもコラベルタイルが。

くらしきカワセミ亭

現代のテキスタイル作家・松島千紗(まつしま ちさ)さんの作品も飾ってありました。

繁栄を意味する市松模様、幸運を掴むといわれる蜘蛛、夫婦や家族の絆を象徴する双葉をモチーフにした作品は、きっと願いを込めて作られているのでしょう。

くらしきカワセミ亭

随所に和の文化を感じられる家なので、「海外からの観光客にも喜ばれるのではないかな」と思いました。

くらしきカワセミ亭

宿泊案内には、日本語・英語・中国語・韓国語が記載されています。

自然素材へのこだわり

くらしきカワセミ亭 漆喰の壁

くらしきカワセミ亭の建物は、自然素材を多く使っています。

壁の大部分は、漆喰仕上げ

ビニールクロスの壁紙と比べて建築にかかる作業工程が多いのですが、漆喰のあたたかみを感じる質感は、とても魅力的です。

1階天井は、天然の柿渋を塗ったそう。

玄関ホールは本物のオーク材を張っています。

倉敷のものを活用

くらしきカワセミ亭 ぐらすたTOMOのランプシェード

インテリアには、倉敷産のアイテムも取り入れられています。

玄関のランプシェードは「ぐらすたTOMO」の吹きガラス。

倉敷美観地区の柳の緑と川の青を思わせるような、爽やかな色合いがきれいです。
やわらかな陰影が壁に広がっていました。

くらしきカワセミ亭 花ござ

倉敷の花ござはスーツケース置きなどに利用。

くらしきカワセミ亭 TEORIのテーブル

テーブルは真備町にあるTEORI製です。

シンプルで、エコ素材でもある竹の目が美しいと感じました。

次に、くらしきカワセミ亭オーナーの、田上聖乃(たがみ きよの)さんに、お話を聞きました。