平成30年7月豪雨で被災した倉敷市真備町にある、まきび公園内の「たけのこ茶屋」を知っていますか?

地元の特産品や新鮮なお野菜の販売、うどんやそば、アイス、コーヒーなどの軽食や喫茶もできる場所ですが、地元のひとにもあまり知られていなかったそうです。

災害後、以前より多くのお客さんが集まるようになった、休憩所・たけのこ茶屋を紹介します。

まきび公園・たけのこ茶屋とは

たけのこ茶屋


たけのこ茶屋は平成元年(1989年)に着工し、その翌年ごろにオープンしました。

吉備寺

昔は、吉備真備(きびのまきび)を輩出した吉備氏の氏寺である吉備寺や、南に位置する八田神社の周りは田んぼや畑だったそうです。

八田神社

八田神社は、箭田(やた)村がそれより昔に八田村という名前だったことから命名の由来となっています。

その田んぼや畑を整備し、まきび公園とまきび記念館、そしてこのたけのこ茶屋を作りました。

たけのこ茶屋 屋根

中国風庭園のまきび公園にマッチする、屋根の端が反りあがっているのが特徴的な中国風建物という共通のコンセプトで作られています。

たけのこ茶屋では真備町の高齢者の生きがい対策として、地元の高齢者のかたたちが手づくりされた野菜やたけのこなどを販売しています。

そして、食事や喫茶もできる休憩所としてオープンしました。

たけのこ茶屋のメニュー

主なメニュー

おもなメニューは、以下のとおりです。

メニュー金額(税込)
温うどん・ざるうどん550円
温そば・ざるそば550円
ランチセット
※うどん or そば+季節の野菜を使った副菜と玄米ごはん
800円
食事メニュー(午後2時まで)
メニュー金額(税込)
コーヒー(ホット・アイス)400円
紅茶(ホット・アイス)400円
メロンソーダ400円
ぜんざい(もち入り)450円
コーヒーゼリー400円
フロート500〜600円
ソフトクリーム350円
季節限定ミニパフェ400円
喫茶メニュー

ドリンクはテイクアウト可能なので、公園内のベンチに座って飲めますよ。

取材した日は、ランチセット(800円)を注文しました。

ランチセット
ランチセット

地元産のお野菜を使った副菜が魅力的なセットです。

  • うどん または そば
  • 玄米ごはん(取材時は黒米とうるち米のブレンド)
  • 季節の野菜を使った副菜(取材時はアスパラ菜のからしあえ・なます・聖護院かぶの煮物)

彩りも良く、栄養バランスも考えられたメニューとなっています。

ランチセット
彩りも豊か
季節の野菜を使った副菜(日によって内容は変わります)
季節の野菜を使った副菜(日によって内容は変わります)

副菜は日替わりで、取材した日はアスパラ菜のからしあえ・なます・聖護院かぶの煮物でした。

ランチセットはうどん、またはそばと選べるので、おなかが空いているときはセットがおすすめです。

ミニパフェ

また、季節限定ミニパフェ(400円)もいただきました。

取材時は秋限定のマロンパフェで、コーンフレーク・マロンソフト・マロンクリームという内容です。

まきび公園を眺めながら、のんびりスイーツを楽しむのも良いかもしれませんね。

ミニパフェ
まきび公園を眺めながら、ミニパフェをいただく

野菜や真備の特産品も

たけのこ茶屋には真備の特産品も

食事だけでなく、真備の特産品も販売しています。

新鮮野菜
新鮮野菜
真備町の竹を使ったインテリアショップ「テオリ」の竹製品
真備町の竹を使ったインテリアショップ「テオリ」の竹製品

真備町の特産品と食事を提供し、現在は住民が集まる場所となった「たけのこ茶屋」。

記事の後半では、平成30年7月豪雨直後のたけのこ茶屋について紹介します。