倉敷で本格的な台灣の味を楽しめるお店があります。

台灣飯(たいわんめし)は、岡山県内で開催されるマルシェイベントを中心に、台湾料理をキッチンカーで提供している移動販売店です。

台灣飯の店主 山内裕二(やまうち ゆうじ)さんは、倉敷美観地区にあるゲストハウス ゆうじいんのオーナー。

ゆうじいんに滞在していた台湾人スタッフたちに台湾料理のレシピを教えてもらいながら、現地の味を再現した台湾料理を提供しています。

山内さんは、なぜ台湾料理のキッチンカーを始めたのでしょうか

本格的な台湾料理を楽しめるキッチンカーが誕生するまでの背景を紹介します!

台灣飯の紹介

江戸時代の町並みが残る、倉敷美観地区の裏路地にあるゲストハウス ゆうじいん。

ゆうじいんのオーナーが手掛ける台湾料理では、どんな料理が楽しめるのでしょうか?

台灣飯の魅力を紹介していきます!

台湾飯の看板

台灣飯とは?

台灣飯は、岡山市と倉敷市で開催されるマルシェイベントなどで台湾料理を提供する移動販売店です。

倉敷市では、主に水島で開かれているナイトマルシェ臨鉄ガーデンや、王子が岳のふもとの瀬戸内海の景色が楽しめるKARAKOTO Skecth Marchéに出廷しています。

台灣飯の看板商品は、滷肉飯(ルーローハン)。

煮込んだ豚肉をご飯に載せた台湾の定番料理です。

他にも、豚肉と株式会社アーチファームのパクチーをもっちりとしたパンではさんだ台湾バーガーや、台湾ではお馴染みのインスタントラーメンを使った牛肉麺(ニューローメン)などもあります。

出店するマルシェイベントによってメニューが変化するのは、台灣飯の特徴。

訪れるたびに、さまざまな台湾料理が楽しめます。

台灣飯の魅力

魯肉飯2

台灣飯で提供する料理は、ゆうじいんに滞在していた台湾人スタッフに、店主の山内さんがレシピを聞きながら作っています。

そのため、台湾の味が忠実に再現された料理になっているのです。

マルシェイベント主催者の要望に合う商品がなければ、台湾人スタッフに連絡を取り、新たなレシピを開発しています。

本場の味を再現した台湾料理を楽しめること、そして新たな商品が生まれ続けることが台灣飯の魅力です。

台灣飯で食べてみました!

魯肉飯のパッケージ

営業中の台灣飯を訪れて、実際に台湾の味を楽しんできました。

倉敷で楽しむ本場の台湾の味を紹介します。

本日のメニュー

メニュー1

繰り返しになりますが、台灣飯の面白いところは日によってメニューが変わることです。

筆者が訪ねたときは、以下のメニューが用意されていました。

メニュー価格(税込)
滷肉飯(ルーローハン)750円
鶏肉飯(チーローハン)650円
牛肉麺(ニューローメン)600円
クラフトコーラ500円
レモンスカッシュ500円

どれも気になりますが、すべてはお腹に収まりきりません。

筆者が気になったメニューを3つ選んで食べてきました!

滷肉飯(ルーローハン)

魯肉飯1

滷肉飯は、醤油やお酒とともに煮込んだ豚肉をご飯にかけた台湾の定番料理。

山内さんが、ゲストハウスで台湾人スタッフから最初に教えてもらった料理です。

甘く煮込んだ豚肉は柔らかく、ごはんと同時に口に入れるのが1番の美味しい食べ方。

日本人の口にも合うと思われる料理です!

お弁当入れ2

ちなみに、台灣飯で商品を購入すると、切れ目のあるシートに商品を入れてくれます。

台湾のコンビニで弁当を買うときについてくるシートだそうです。

台湾の日常生活で使われる備品を取り入れているのも、台灣飯の見どころです。

牛肉麺(ニューローメン)

牛肉麺

台灣飯が提供している牛肉麺には、台湾で販売されているインスタントラーメンが使われています。

おそらく香辛料の違いだと思いますが、香りは明らかに日本のインスタントラーメンとは違いました。

もちろん、台湾をほうふつとさせるスパイシーな味もしっかりと感じられます。

台湾に住む人たちが日常的に食べているものを、倉敷で楽しめるのは不思議な感覚です。

クラフトコーラ

クラフトコーラ

台灣飯で提供しているクラフトコーラには、倉敷ひらまつ農園で栽培されたレモンと倉敷鉱泉で製造しているコーラの原液が使われています。

実は、倉敷鉱泉の社長は山内さんの小学校の同級生

倉敷ひらまつ農園とつながりのあった倉敷鉱泉の社長が、レモンを使った商品としてクラフトコーラを提案しました。

その後、台灣飯を通じて多くの人に届けられないかと、山内さんは相談されたそうです。

目が覚めるようなレモンの酸味があり、またシナモンの香りと味がしっかりと感じられました。

クラフトコーラならではの個性的な味が楽しめます。

さまざまな台湾料理を提供する台灣飯がどのように誕生したのかを、店主の山内裕二さんに聞いてきました。