観光地、倉敷美観地区の東町エリアを知っていますか。

メインエリアから少し離れているので、落ち着いた雰囲気です。

そんな東町に、蔵を改装した喫茶店があります。

地元や観光客から愛される店で、2022年4月にリニューアルオープン。

店名や提供メニューが変わった、「atelier&salon(アトリエ&サロン)はしまや」を取材しました。

リニューアルオープンした はしまや

「atelier&salonはしまや(以下、はしまや)」は「奥クラシキ」にあります。

奥クラシキは、地名では東町を指し、歴史と暮らしが調和するエリアです。

メインエリアから東町へ向かうにつれ、「ローカル感」を感じることでしょう。

東町エリア付近はメインエリアと異なり、住居もあるので、ひとびとの暮らしが垣間見えるからです。

畳、家具、カーペットなど、土産よりむしろ日常生活に必要な商品を扱う店が多いのもこのエリアの特徴かもしれません。

森田畳店

はしまやに向かうとき目印となるのは、明治2年創業の「はしまや呉服店」です。

「呉服はしまや」と書かれた大きな暖簾(のれん)がかけられています。

呉服店
呉服店

呉服店の脇にある細く長い路地。

こちらの道を奥へ進むと、はしまやへ。

路地_はしまや

路地手前と奥の両方に「夢空間はしまや」と書かれた看板があります。

夢空間(サロン)はしまやは、前の店名です。

はしまやは、倉敷市指定重要文化財「楠戸(くすど)家住宅」の蔵を改装した店です。

夢空間はしまやは、楠戸家五代目と娘が営んでいました。

現在は、六代目の妻 楠戸まゆみさんが受け継ぎ、2022年4月に「atelier&salonはしまや」に。

外観は夢空間はしまやの頃から変わりません
外観は夢空間はしまやの頃から変わりません

店名だけでなく、メニューも変わっています。

新はしまやでは、発酵食品を使用したランチやスイーツ、ドリンクを提供。

楠戸まゆみさんは倉敷美観地区内にあるバー「Salon de Ric’s(サロン・ド・リックス)」も営んでいます。

そのため新はしまやでは、オリジナルのノンアルコールのカクテル(モクテル)などを提供。

白麹甘酒のスパイス・サングリアなど、発酵食品を使用したカクテルがあります。

カウンター席はバーさながら
カウンター席はバーさながら

席は、カウンター、長テーブル、2人または4人掛けがあるので、いろいろなシチュエーションで利用できそう。

長テーブル_はしまや

発酵食品入りのメニュー

はしまやのメニューは、大きくランチとスイーツの2つに分けられます。

ランチメニュー料金(税込)
北欧風オープンサンド スモーブロー1,500円
酒粕レーズンバターとバナナのスモーブロー1,500円
和風ハンバーグ1,700円
焦がし味噌の和風スパイスカレー1,700円
ハンバーグカレー2,200円

追加料金を払うとランチセットにすることも。

  • プラス300円:スイーツセット
  • プラス500円:コーヒー付き
  • プラス900円:ミニパフェセット
スイーツメニュー料金(税込)
米粉と豆乳の抹茶のシフォンケーキ700円
スコーン750円
塩麹のバスクチーズケーキ900円
飲む珈琲ゼリー950円
米粉の抹茶シフォンのパフェ1,300円

季節限定のスイーツやドリンクもあります。

筆者が気になった、3つのフードメニューを紹介しましょう。

北欧風オープンサンド スモーブロー

味噌バターと酒粕レーズンバターがじゅわっとパンに染みている一品。

味噌の塩っ気が酒粕レーズンバターの甘さを引き立てています。

スモーブローのスモーはバター、ブロはパンを意味するそうで、デンマークの伝統料理です。

食パンは天然酵母を使用しているそう。

スモーブロー_はしまや

たっぷりの野菜とピクルスが添えられています。

野菜にかかっている白いソースは発酵豆乳マヨネーズ。

マヨネーズよりあっさりとして、フレンチドレッシングに近い味がしました。

にんじんとりんごの甘酒ドレッシングもあり、好みでサラダに付けます。

サラダ_はしまや

もっとも感動したのが卵です。

見た目からはわかりにくいですが、麦塩麹漬けにされています。

塩のシンプルな味とは違い、奥深い旨みがありました。

さらに筆者の大好きな半熟状態。

毎日食べたくなるほど魅了されました。販売してほしいなぁ。

焦がし味噌の和風スパイスカレー

まさかカレーにも発酵食品を?

そうです、はしまやはカレーにも発酵食品を使用しています。

じっくり煮込まれたルーは、スパイス入りですが、焦がし味噌や麹入りでマイルドな仕上がりに。

お米は酵素玄米です。

酵素玄米とは熟成させた米で、もちもちとした食感、栄養価が高い、消化が良くなるなどの特徴があります。

カレー__はしまや

ランチには本日の塩麹スープ、白麹甘酒、麹を使った野菜の一皿が付いています。

白麹甘酒には必須アミノ酸やビタミン類が豊富で栄養価が高いうえに、身体に吸収されやすいそうです。

ノンアルコールなので、車で来たひとも安心して飲めますよ。

写真手前が塩麹スープ、右上が白麹甘酒、左上が麹を使った野菜の一皿
写真手前が塩麹スープ、右上が白麹甘酒、左上が麹を使った野菜の一皿

塩麹のバスクチーズケーキ

バスクチーズケーキの特徴は、外側が黒く焦げているところです。

一見、失敗したように見えるケーキですが、焦げがあることで深い味わいに。

スペインのバスク地方発祥といわれています。

はしまやのバスクチーズケーキには、塩麹と国産クリームチーズを使用。

バスクチーズケーキ_はしまや

表面が黒いにも関わらず、焦げた味がしないのは不思議です。

しっとりと濃厚な生地でした。

驚いたのは、甘さ控えめの生クリームに山椒(さんしょう)が添えられていること。

え、生クリームと合うの?って思いませんか。

山椒の独特の香りとピリリとする味は、ケーキの味を邪魔せず、むしろいいアクセントに。

山椒_はしまや

店内の販売商品

店では発酵食品を購入できます。

取材した日は、コラボレーションイベントの商品も陳列されていました。

ピクルス

はしまやの自家製ピクルス。

大きくわけて、和風、洋風、フルーツの3種類があります。

和風ピクルスの味付けは羅臼(らうす)昆布や山椒、生姜などの日本のスパイスを使用。

洋風は、カルダモン、タイム、ローリエなどのハーブが用いられています。

ピクルス活用法_はしまや

洗練されたデザインなので、プレゼントすると喜ばれそうじゃないですか?

早速、筆者は県外の知人へのプレゼントに、岡山らしい「桃ピクルス」といろいろな野菜入り「和風ミックス」を買いました。

発酵調味料

味噌などの発酵調味料の販売もあります。

店で使っているものだそうです。

はしまやのメニューに欠かせない白麹も購入できます。

▼上から2段目の「ひしおの糀(はな)」で自家製ひしおが作れます。ひしおは万葉集にも登場する発酵調味料です。

ひしお_はしまや

コラボレーションイベントのグッズ

リニューアルオープン後に、初めて開催したイベントのグッズが売られていました。

倉敷市茶屋町で茶道具を扱う「花結木(はなゆうき)」とのコラボレーションイベントです。

茶道具_はしまや

▼八宝茶箱と名付けられた、どこでも抹茶を楽しめる茶道具セット

八宝茶箱_はしまや

はしまやではイベント期間中、八宝茶箱を用いて、オリジナル抹茶ドリンクを提供します。

イベント期間

2022年7月8月(金)〜9月11日(日)

身体が喜ぶ食事を

発酵食品を使用したランチやスイーツ、ドリンクを提供する はしまや。

おいしく食べて身体のなかから健康になれるのはうれしいですね。

はしまやについて、オーナーの楠戸まゆみ(くすど まゆみ)さんと、店長の山本亜砂美(やまもと あさみ)さんに話を聞きました。