倉敷美観地区から徒歩5分程の住宅街に、1926年(大正15年)に設立された日本初の民間の天文台である「倉敷天文台」があります。

その天文台の敷地内に、2022年4月にブックカフェ「星の光の澄みわたり」がオープンしました。

”天文台にブックカフェ”と聞いてもイメージがわきにくいかもしれません。

日本でも珍しい天文台カフェをじっくり紹介します。

天文台とブックカフェ。そのつながりは?

このカフェの建物は、長年にわたり倉敷天文台を守ってきた、世界的アマチュア天文家である本田實(ほんだ みのる)氏の住まいでした。

なお本田氏は、倉敷を拠点に彗星や新星を次々と発見した人です。

本田氏と奥様が亡くなられたあと、しばらく空き家になっていた建物を一部改装しカフェをオープン。

おしゃれなシャンデリアとレトロな家具、そしてたくさんの本に囲まれて雰囲気のある店内です。

家具も当時のものをそのまま使っています。

▼奥の席は大きな窓があり、太陽光が差し込み明るく気持ち良い。

店内

▼窓際の席は1人でも利用しやすそうでした。

窓際の席

▼星や月、天文学の本がたくさん並んでいます。

本棚

▼本田實氏の実際に使用していた道具や家具。当時の雰囲気が感じられます。

本田氏の道具や課題

▼店内では雑貨も販売されています

店内では雑貨も販売されています

地元の食材いっぱいの手作りメニュー

カフェのメニューはすべて、お菓子作りが得意なオーナーの奥様の手作りです。

高校生の頃からお菓子作りを始め、有名な先生の教室に通われた経験もあります。

ケーキ

定番メニューは、ガトーショコラとニューヨークチーズケーキです。

その他、岡山の旬の食材を使ったケーキやタルトがあります。

また飲み物にもこだわりがあり、ティーメニューは紅茶好きの奥様おすすめの茶葉を使ったメニューです。

イギリスのリントンズの茶葉を使ったミルクティーと、シンガポールのTWG Teaのブラックティーがあります。

2022年(令和4年)9月現在の情報。 価格は消費税込

こだわりのアロマコーヒー

アロマコーヒー

ホットコーヒー(500円)は、岡山市北区下中野の「Aroma Coffee Roastery」から仕入れた、風味豊かなスペシャルティーコーヒーの豆を注文してから、挽きたてで提供されています。

コーヒーの香りにホッと気持ちが落ち着きました。

旬の食材をふんだんに、岡山白桃のタルト

白桃タルト

季節のタルト・ケーキもあります。取材時は「岡山白桃のタルト(600円)」をいただきました。

甘すぎない贅沢(ぜいたく)な味です。コーヒーとの相性抜群でした。

定番のニューヨークチーズケーキ

ニューヨークチーズケーキ

人気のニューヨークチーズケーキ(600円)です。

「グラナパダーノ」というイタリアでは「パルミジャーノ・レッジャーノ」と同じくらい日常使いされるというハードチーズが、生クリームの上にたっぷり削られています。

甘みとほんのり塩味がチーズ好きにはクセになります。

食べている途中で はちみつをかけると味変になり2度美味しいです。

おすすめのジンジャーミルク

ジンジャーミルク

ジンジャーミルク(600円)は他の店にはない珍しいメニュー。

福山市本庄町中にある生姜専門店「ジンジャーダイヤモンド」の「ジンジャーシロップ琥珀(こはく)」とミルクの意外な組み合わせですが、飲みやすい味です。

途中で追いジンジャーをすると味が深まり、シロップを入れる瞬間は映えの写真が撮れるそう。

焼き菓子はテイクアウトも可能

焼き菓子

また、店内での飲食だけでなく、焼き菓子についてはテイクアウトもできます。

フロランタン、ブールドネージュ、マドレーヌ、サブレなど種類はさまざま(各200円)。カフェですが店内で飲食をしなくても、焼き菓子のみの購入もOKとのことです。

取材時も焼き菓子を買いに来るお客さんがいましたよ。

続いて、お店を運営する原浩之(はら ひろゆき)さん、直子(なおこ)さん夫妻にお話しを聞きました。