「水島のコンビナートを彷彿とさせるカフェ」

そんな非日常を味わえる場所が倉敷にありました。

2021年にJR倉敷駅の南にできたNEWスポット「あちてらす倉敷」にあるカフェの名前は、「.KOMBINAT(ドット コンビナート)」。

日本固有の「わびさび」と、工業的な無骨さの「インダストリアル」が調和・融合したまったく新しい空間でした。

「.KOMBINAT」の魅力を紹介していきます。

.KOMBINATとは?

店内

「.KOMBINAT」は、JR山陽本線 倉敷駅から徒歩約5分の複合施設「あちてらす倉敷」の中にあります。

「72cafe(ナツカフェ)」を運営する意匠堂がプロデュースしたお店です。

特徴はなんといってもデザインで、外観や内装が水島のコンビナートをイメージしています。

立体的な空間になっており、お洒落な店内。

また、入店から退店までのほとんどがセルフサービスとなっている珍しいお店です。

店内に流れる滝

滝

店内にはなんと滝が流れていました。

静かな水の音により、忙しい日々を忘れてゆったりとした時間を過ごせます。

天井にも配管が

天井

天井にはいくつもの配管が通っています。

これらの配管を見るとまるでSFの世界に迷い込んだような感覚に陥ります。

入り口でランタンを受け取って、スマートフォンで注文

ランプ

まず入店し「QRコード付きランタン」を受け取り、机の上にあるフックにかけてQRコードを読み込み、メニューを表示させます。

そして自分の好きな料理やデザート、ドリンクなどを注文。

自分のスマートフォンでメニューを注文するのは、今時なシステムですね。

スマートフォンを使うといってもシンプルな操作なので、慣れれば店員さんに気兼ねせず注文できる分いいかもしれません。

窯で焼き上げられた本格的なピザが楽しめる

料理ができたら、店員さんに番号を呼ばれるので、カウンターに受け取りに行きます。

画像提供:.KOMBINAT
画像提供:.KOMBINAT

筆者はどのメニューにしようか迷った結果、「王道のマルゲリータ」を注文。

しばし待っていたところ、本格的な窯で焼き上げられた出来立てが登場しました。

見るだけで熱々なのがわかり、トマトソースやチーズの食欲をそそる香りがします。

食べてみると、予想通りに美味しいです

ピザ生地は中がもちもちで、端は厚みがありサクサク。

チーズとトマトソース、バジルのバランスがよく、まさにメニュー名のとおり王道のマルゲリータでした。

世界三大珍味のパスタ

至高スパゲッティーニ

続いて注文したのは「至高スパゲッティーニ」。

なんと、このパスタには世界三大珍味の一つである「トリュフ」がトッピングされています。

しかも少量ではなくふんだんに使用されていて、まさしくスペシャリテといって過言ではありません。

至高スパゲッティーニ

実食してみると、口に含んだ瞬間においしさが広がります。

筆者はトリュフを初めて食べましたが、鼻から抜けるトリュフの香りとクリームソースのまろやかさが合わさり旨味があふれていました。

パスタももちもちしており、クリームソースと相性がいいです。

その他のメニュー

画像提供:.KOMBINAT
画像提供:.KOMBINAT

デザートメニューの「庭園ティラミス」は、わびさびの趣を表現した濃厚クリームティラミスです。

和を感じることが出来て、写真映えするメニューですね。

画像提供:.KOMBINAT
画像提供:.KOMBINAT

他にも濃厚な抹茶クリームにクランブルクッキー、ほうじ茶アイスを使用した「.和parfait」などもありました。

次に訪れたときは、他のメニューも注文してみようと思います。

倉敷の伝統産業である「い草」と水島の工業地帯「コンビナート」をデザインに落とし込まれた店内は、倉敷の魅力を存分に感じることができます。

店内外から料理にいたるまでこだわりを感じる「.KOMBINAT」。

総支配人の藤原真也(ふじわら しんや)さんにお店についてお聞きしました。