焼肉は好きですか?

焼肉チェーンじゃ物足りない!
他では食べられない、美味い焼肉が食べたい!

愛道園(あいどうえん)」は、そんな「焼肉好き」に一度は足を運んでほしいお店です。

倉敷駅前にある創業60年以上の老舗焼肉店で、地域に長年親しまれている人気店。
2017年には、店舗をリニューアルして生まれ変わりました。

愛道園は老舗でありながら、定番メニューだけでなく、オリジナルの新しい焼肉の食べ方を提案しています。

たとえば、以下。

  • 他では見たことがない!ネギ塩タンの最終形「愛道園 オリジナル ネギ塩タン
  • ササミとは思えないジューシーさを味わえる「愛道園 オリジナル ササミロール
  • 焼肉なのにすき焼きの味!?「外モモ肉の焼スキ

記事中でも紹介していますので、ぜひチェックしてください。

新たな試みを続ける老舗の焼肉店・愛道園のこだわりや歴史も紹介します。

愛道園とは?倉敷駅前で昭和30年に創業した老舗の焼肉店

愛道園外観

愛道園があるのは、倉敷駅のすぐ南側。
商店街の「倉敷センター街(ビオスくらしき)」のすぐそばです。

愛道園は、1955年(昭和30年)に開店した老舗の焼肉店
60年以上、長く地域に親しまれてきた店で、親・子・孫で通うお客さんもいるほどです。

長らく昔ながらの雰囲気の「昭和の焼肉店」でしたが、2017年にリニューアルを実施。

▼店内は、肉バルをイメージするおしゃれなお店に生まれ変わりました。

愛道園店内

そのため愛道園には、若い女性グループから会社帰りのサラリーマン、家族連れ、昔からの常連さんまで、幅広いお客さんが訪れています。

▼お店には、愛道園オリジナルステッカーも置いてあります。

愛道園 マーク

愛道園への来店記念に、持って帰ってみてはいかがでしょうか。

愛道園のおすすめは鳥取のブランド牛「万葉牛」

愛道園のおすすめブランド牛・万葉牛

愛道園が提供する肉は「万葉牛(まんようぎゅう)」というブランド牛がメイン。

万葉牛は、鳥取県のブランド牛です。
愛道園は万葉牛生産者・谷口拓也(たにぐち たくや)さんの肉を扱っています。

谷口さんの万葉牛は、愛道園の代表・金光 真吾(かねみつ しんご)さんが惚れ込んだ肉です。

2022年(令和4年)現在、岡山県内では万葉牛をあつかう店は「愛道園」をふくめて3店しかありません。

▼愛道園は、万葉牛の認定店で、全国15店めです。

愛道園のおすすめブランド牛・万葉牛の認定15号店の盾

愛道園では、万葉牛を中心にしつつ、山形鹿児島など、各地の良質な肉も仕入れています。

愛道園のおすすめメニュー・人気メニュー

愛道園のおすすめメニュー

愛道園のおすすめのメニューやお客さんに人気のメニューを、スタッフのみなさまに紹介してもらいました。

「愛道園 オリジナルネギ塩タン」はネギ塩タンの新しい食べ方を楽しめる

愛道園のオリジナルネギ塩タン

ネギ塩タンは、焼肉の定番のひとつ。
私も大好きです。

しかし、愛道園ではオリジナルの食べ方をします。
これがおもしろいんです。

ふつう、ネギ塩タンはタンの上にネギが載っています。

▼しかし、愛道園ではネギが別の器に盛られているのです。

愛道園のオリジナルネギ塩タンのネギ

しかも、ネギが大きい。

▼タンは大きく、おいしそうです。

愛道園のオリジナルネギ塩タンのタン
愛道園のオリジナルネギ塩タンのネギを温める

まるでアヒージョのような感じで、やがてネギがグツグツとしてきます。

愛道園のオリジナルネギ塩タンのタンを焼く

▼いい感じに焼けてきました。

愛道園のオリジナルネギ塩タンのタンを焼く
愛道園のオリジナルネギ塩タンのタンとネギをいっしょに食べる

これは、実に新しい感覚です。
確かに、この食べ方だとネギの風味とタンの味をどちらも楽しめます。

「極上厚切りザブトン」は万葉牛の肩ロースを堪能できる

愛道園の極上厚切りサブトン

▼細長い直方体の形がインパクトあります。

愛道園の極上厚切りサブトン

きれいな赤と白の模様が芸術品のよう。

なお、ザブトンには、細かく切れ目が入って分かれていました。

愛道園の極上厚切りサブトンを焼くところ
愛道園の極上厚切りサブトンを焼くところ

ザブトンを食べると、万葉牛の上質な肉のうまみと甘みが口の中に広がっていきます。
まるでとろけるような味わいでした。

愛道園の極上厚切りサブトンのピーマン

食べてみると、ピーマンとは思えない、やさしい甘味におどろきです。

「愛道園 オリジナル ササミロール」は焼き方がおもしろく、味はジューシー

愛道園のオリジナルササミロール

▼ササミロールも見た目のインパクトが抜群。

愛道園のオリジナルササミロール

まさに芸術作品。
レストラン出身の金光さんらしいメニューではないでしょうか。

▼巻物状に巻かれた肉が、月見団子のように積まれています。

愛道園のオリジナルササミロール

▼飾り付けも見事で、食べるのがもったいなく思えてきました。

愛道園のオリジナルササミロール
愛道園のオリジナルササミロールを焼くところ
焼き方もおもしろいのが、ササミロールのポイント
愛道園のオリジナルササミロールを焼くところ
片面が焼けたら、逆さにして、上下の面を焼きます
愛道園のオリジナルササミロールを焼くところ
愛道園のオリジナルササミロールを焼くところ
愛道園のオリジナルササミロールを焼くところ

ササミロールを食べると、香ばしさが口内に拡散。
そして、とろけるようなジューシーさです。

「こんなおいしいお肉の食べ方があったのか!」と驚きました。

ササミロールは、見た目も味も美しいと思いました。
そして、この焼き方を提唱する愛道園のアイディアもすばらしいです。

「外モモ肉の焼スキ」は万葉牛のモモ肉をまろやかな卵とともに食べる

愛道園の外モモ肉の焼スキ

なお、黒板メニューは仕入状況で変わりますので、食べられない日もあります。

外モモ肉は、重箱に入っていて高級感があります。

愛道園の外モモ肉の焼スキの外モモ肉
まさに「霜降り」という表現がピッタリの美しい肉
愛道園の外モモ肉の焼スキの生玉子
すき焼きのように、生卵も付いています

▼外モモ肉の上には、すき焼き風のタレをかけてもらえます。

愛道園の外モモ肉の焼スキにタレをかけたところ
愛道園の外モモ肉の焼スキの外モモ肉を焼くところ
愛道園の外モモ肉の焼スキの外モモ肉を焼くところ
愛道園の外モモ肉の焼スキの外モモ肉を生玉子につけて食べる

万葉牛のモモ肉の甘み・うまみとタレの甘み、生卵のまろやかさが絡み合って、舌が溶けそうなほどの幸福感です!

▼なお、生卵が入っている器は備前焼

愛道園の外モモ肉の焼スキの外モモ肉を生玉子に使われている備前焼の器

「外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダ」は店で手間暇かけてつくった生ハムの深い味わいが魅力

愛道園の外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダ
愛道園の外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダ

▼上に散りばめられた花びらはマリーゴールドで、食べられます。

愛道園の外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダ
愛道園の外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダの生ハムをつくっているところ

▼生ハムを食べると、ほんのりとフェンネルのよい香りがします。

愛道園の外モモの自家製牛肉の生ハムシーザーサラダの生ハム

ほどよい塩味とともに、噛みしめると肉のうまみが染み出てきました。

愛道園のメニュー

愛道園のメニューは、焼肉の定番メニューから、愛道園オリジナルの焼肉メニューまでバラエティーに富んだ品揃え。

牛タンメニュー
牛タンメニュー
写真提供:愛道園
ロース・モモ
ロース・モモメニュー
写真提供:愛道園
カルビメニュー
カルビメニュー
写真提供:愛道園
ハラミ・ホホ・オリジナルメニュー
ハラミ・ホホ・オリジナルメニュー
写真提供:愛道園
ホルモン(臓物)、豚・鶏・魚介
ホルモン(臓物)、豚・鶏・魚介メニュー
写真提供:愛道園

通好みの希少部位「よめなかせ」があることにも注目です

▼愛道園では、野菜メニューにも力を入れています。

野菜メニュー
野菜メニュー
写真提供:愛道園

肉だけでなく、こだわりの新鮮な野菜を使った料理も食べてみてください。

また「黒板メニュー」にも注目です。

黒板メニュー

黒板メニューは、入荷しだいで日々内容が変わります。

もしかしたら、次に来たときには食べられないメニューもあるかもしれないので、必ずチェックしましょう。

黒板メニューは要チェック

愛道園は、ドリンク類も豊富です。
ビールやハイボールはもちろん、焼酎や地酒も取りそろえています。

日本酒メニュー
日本酒メニュー
写真提供:愛道園

▼愛道園オリジナルラベルのワインにも注目。

愛道園のメニュー(オリジナルラベルのワイン)

オリジナルラベルのワインは、月替わりで一種類ずつ登場します。

テイクアウトにも対応

愛道園テイクアウトメニュー
テイクアウトメニュー
写真提供:愛道園

愛道園では、お弁当とお肉のテイクアウトに対応しています。

メニューは以下のとおり。お肉は単品での注文も可能です。

メニュー名価格(税込)
万葉牛そぼろと和牛ハラミ重2,500円
和牛カルビ弁当1,500円
ハラミ弁当1,200円
【お肉】カップルセット/1〜2人前4,500円
【お肉】ファミリーセット/3〜4人前9,000円
【お肉】特選セット/1〜2人前10,000円
テイクアウトメニュー表
万葉牛そぼろと和牛ハラミ重
万葉牛そぼろと和牛ハラミ重
写真提供:愛道園

注文は店内でも可能ですが、指定した時間での受け取りを希望する場合、電話で事前注文することをおすすめします。

愛道園の店内のようす

愛道園の店内

愛道園の店内は、おしゃれな雰囲気で、肉バルをイメージしています。

▼壁には40代には懐かしい、ブームにもなった人気漫画のキャラクターを模した黒板も。

40代なら分かる某キャラクター

愛道園は、全部で90席あります。

1階には厨房とカウンター席
1階には厨房とカウンター席
そして、テーブル席がならんでいます
そして、テーブル席がならんでいます
愛道園店内
2階はテーブル席のみ
2階は間仕切りを変更でき、用途や人数に応じてカスタマイズされます
2階は間仕切りを変更でき、用途や人数に応じてカスタマイズされます

また、予備のイスが4脚用意できるとのこと。

老舗でありながら、新しい食べ方も積極的に提案している愛道園。
そんな愛道園の代表・金光 真吾さんにお話を聞いてみました。