雪がほとんど降らない地域のユーザーの多くは、一年を通してサマータイヤで過ごすことが多いでしょうが、実際にノーマルタイヤで雪道や凍結路を走行した場合、どのような弊害があるのでしょうか。

3種類のタイヤとチェーンを装着したノーマルタイヤ、それぞれの実力とは?

 近年では記録的な大雪の影響による立ち往生や、それに伴う事故などの報告が数多く報告されていますが、実際にノーマルタイヤで急な大雪や凍結路などのシチュエーションに遭遇してしまった場合、どれほどの危険が潜んでいるのでしょうか。


勾配のある雪道や凍結路でのノーマルタイヤの危険性とは?

 全国でロードサービスを展開するJAFでは、ノーマル/スタッドレス/オールシーズンの3種類のタイヤと、ノーマルタイヤに非金属/繊維製(オートソックス)/スプレー式を組み合わせた計6パターンで雪が踏み固められた圧雪路の坂道(勾配約6度と11度)を上れるか検証が行われました。(テスト車両は前輪駆動のコンパクトカー)

 勾配約6度の場合、平坦路からの発進では、ノーマルタイヤだけがスリップして坂道を上れず、坂道の途中から発進するテストでは、ノーマルタイヤとオールシーズン、スプレーチェーンの3種が登坂不可という結果になっています。


6種類のパターンでテストを慣行

 さらに条件の厳しい傾斜約11度では、平坦路からの発進ではスタッドレスのみがクリア、坂道の途中からの発進ではすべてのパターンが上りきることが出来ませんでした。

 また、スタッドレスを履いた車両で平坦路から発進し、凍結した傾斜約5度の坂道を上りきれるかもテストされましたが、結果としてはチェーンを装着しなければクリアすることは不可能でした。

※ ※ ※

 JAFが行なったテストからもわかるように、雪道や凍結路をノーマルタイヤで走る行為は他車にとっても大きな迷惑となることがあります。また、スタッドレスを履いているからといっても油断できないことがわかるため、大雪や凍結が予想される場所へ移動する際はタイヤチェーンを準備するほうがいいでしょう。