ドライブスルーは、クルマに乗ったまま商品が買えるので便利です。飲み物や食べ物のテイクアウトができるドライブスルーが定番ですが、現在ではさまざまな商品やサービスが購入できるように進化しています。

100年近い歴史を誇るドライブスルー

 クルマに乗ったまま商品が購入できると人気のドライブスルー。とくにファーストフードなどが有名ですが、このドライブスルーがどんどん進化しています。最近のドライブスルー事情は、どのようになっているのでしょうか。

 ドライブスルーは、もともとは海外のクルマ社会が発達したエリアが発祥といわれており、アメリカでは1930年にはすでにドライブスルーで販売がおこなわれていたそうです。

 日本では、1965年に東京都中央区に「山本海苔店」が、クルマに乗ったまま海苔が買えるドライブスルーを導入したのが国内初とされています。

 さらに、1976年に新潟県長岡市のイタリアン系ファーストフード「フレンド喜多町店」で、1977年には東京都杉並区の「マクドナルド環八高井戸店」などが発祥のお店として認知されています(諸説あるようです)。

 ちなみに、ファーストフード業界の巨人であるマクドナルドでは、全国で約1300店舗(全国の店舗の1/3)にドライブスルーを導入し、ドライブスルーでの売り上げが全体の約50%を占めているそうです。

 そんななか、ファーストフードだけではなく、異業種でもドライブスルーを導入するケースが増えているといいます。

 なかには「え? これもドライブスルーで買えるの?」と思うような商品もあります。今回は、一風変わったドライブスルーを紹介します。

●メガネ

 高品質なのにリーズナブルなプライスで人気のアイウェアブランド「JINS」が手がけるのが、「JINSパワーモール前橋みなみ店」(群馬県前橋市)です。メガネをドライブスルーで購入できるのは、ここが世界初です。

 利用方法は、クルマで来店し、メニューから好みのメガネを選択、車内で試着してお会計という流れになっています。

 基本的に度が入っていない商品はすぐに受け取り可能で、度付きメガネの場合は度数がわかるものか、手持ちのメガネを渡してレンズをオーダーし、出来上がり後に再度来店すれば受け取り可能です。

 メニューは、レギュラーメニューで42パターン(形や色が異なるフレーム)+オススメメニュー10パターンの計52パターンから選択できます。

 実際にドライブスルーJINSを利用した人は、次のようにコメントしています。

「ブルーライトカットのメガネが壊れたので新たに購入しに行ったのですが、欲しいものが決まっていたので、すごく便利でした」

 群馬県前橋市に「ドライブスルーJINS」がある理由は、その土地柄ゆえだといいます。群馬県は「自動車保有台数」「自家用車数」「運転免許保有率」が日本一を記録し、クルマ社会が確立されているため、ドライブスルーに適したエリアなのです。

宝くじやクリーニングもドライブスルーの時代

●宝くじ

 年末になると、つい期待してしまうのが年末ジャンボ宝くじ。1等なら憧れのスーパーカーだって一括購入できると思うと、つい夢を見たくなってしまいます。

 そんな宝くじをドライブスルー方式で買える店舗は、滋賀県栗東市にある「ドリームボックス大宝店」です。名前からして、すでに「大きな宝」が入った、なんとも運気の良さそうな宝くじ売り場です。

 この宝くじのドライブスルーは、年末などは渋滞が発生するほどの人気だといいます。実際にロトくじで大口当せんがいくつも出ているようです。

 また、店舗から徒歩15分程度のところに、宝くじファンの間では有名な「大宝神社」があり、ドリームボックス大宝店は神社の絵馬(500円)も販売しています。多くの人が宝くじと絵馬を一緒に購入し、大宝神社に当せん祈願に行くといいます。

●クリーニング

 天気が悪くてたまってしまった洗濯物や、衣替えした衣服をクリーニングに出すとき、クルマでクリーニング店に持ち込む人も多いでしょう。

 1996年にオープン以来、根強い人気を誇っているのがドライブスルー型クリーニング店の「ホワイトステーション元町店」(神奈川県横浜市)です。

 当時注目されていたロードサイド型の複合店舗(異業種を組み合わせたお店)として、ガソリンスタンドとのコラボレーションで誕生したという経緯があります。

 利用方法は、クルマで店舗のレーンに進入し、受付で衣類を預けてクリーニングを依頼するだけです。後日、クリーニング済みの衣類を伝票と交換できます。

 ドライブスルー専用レーンは屋根付きなので、降りずに済むだけでなく、雨に濡れることもなく、店員さんがクルマのそばまで来てくれる親切対応も評判です。

 重たくて大きなカーテンやカーペットなどもクルマで持ち込めるので、ドライブスルーの人気が高いのでしょう。

 実際に利用しているのは近隣の常連の方が多く、観光地にもなっている元町では駐車場不足のため、路上駐車する必要がないドライブスルーが支持されているといいます。

※ ※ ※

 ドライブスルーは日本で独自の進化を続けており、銀行のATMやチケット販売などはもちろん、葬儀の焼香などもドライブスルーでできる時代になりました。

 どんなドライブスルーがあるかを探しに、出かけてみるのもおもしろいかもしれません。