寒い季節に子どもをチャイルドシートへ乗せるとき、分厚い防寒着を脱がせないでチャイルドシートのベルト(ハーネス)を固定する人を見かけます。しかし、この行為は子供の命が守られない、危険な状態だといいます。どのような点が危険なのでしょうか。

防寒具を着たままのチャイルドシートの使用、じつは危険!?

 寒い時期、乳幼児をチャイルドシートに乗せる際、ダウンジャケットや分厚いコート、おくるみ(ベビー服)などを着せたまま、座らせていませんか。じつはこの状態、衝突事故などの際、子どもの命に危険が及ぶ、とても恐ろしい行為なのです。なぜ危険だといえるのでしょうか。

 分厚い防寒着を着せたままチャイルドシートに乗せて、その上からハーネス(チャイルドシート本体についている、子どもの体を固定するためのベルト)を締めた場合、見た目はしっかり締まっているように見えます。

 しかし、実際はハーネスと子どもの体の間に分厚い防寒着があることによって、子どもの体を守るハーネスの拘束力が100%ではない状態になっているのです。

 防寒着に子どもの体を守る力はありませんから、結局、ハーネスが締まっていないユルユルの状態で乗せているのと同じこと。

 この状態で強い衝撃を受けると、ハーネスで拘束されていない子どもの体は2本の肩ハーネスの間から飛び出し、最悪の場合、窓ガラスを突き破って車外に放りだされてしまうのです。

 チャイルドシートは座席にしっかり残っているのに、赤ちゃんだけが車外に放り出されて重傷を負ったり亡くなったりする、悲惨な状況となる危険性も十分にあるということを知っておきましょう。

 警察や業界団体のサポートを受けて、チャイルドシートの正しい使い方や安全なチャイルドシートについての情報を発信する英国のNPO団体「GOOD EGG SAFETY」も、「厚着のまま子どもをチャイルドシートに乗せないで!」と警告しています。

 同団体では、分厚いコートの上からハーネスを締めた状態が、実際はどんなことになっているのかを解説する動画を作成して、危険性を紹介しています。

 動画では、ふわふわの中綿コートを着た子どもが登場し、着せたままチャイルドシートのハーネスを締めます。

 その後、一度子どもをチャイルドシートから降ろして、コートを脱いでハーネスの締め具合が同じ状態のチャイルドシートに再度乗せました。すると、ハーネスはユルユルな状態で、手でハーネスを引っ張ってみるとたくさんのすき間があることがわかります。

 この状態で強い衝撃を受けると、子どもの体はハーネスの間から飛び出して、床に転げ落ちたり、車外に放出されたりして亡くなる危険も十分にあります。

 筆者(加藤久美子)は、一般財団法人 日本交通安全教育普及協会認定のチャイルドシート指導員の資格を持っていますが、指導員の研修では、「子どもの体とハーネスの間に指2本が入るくらいのキツさで締めてください」と教えられました。

 これより緩いと、事故ではなく急ブレーキの衝撃でも、子どもの体がハーネスの間から飛び出してしまう危険があるのです。

未だに発生しているチャイルドシートの危険な使用方法とは?

 10年ほど前まで、チャイルドシートの固定は車両のシートベルトでおこなうのが主流でした。

 取り付けたことがある人ならお分かりだと思いますが、がっちりと取り付けるにはチャイルドシートの上に大人が乗って体重をかけながらシートベルトを締めあげるなど、力もコツも必要でした。

 その後、2010年頃から日本でもISO FIX(アイソフィックス)固定のチャイルドシートが販売されるようになり、近年は2万円以下で買えるリーズナブルな製品も出るなど、以前に比べてISO FIXチャイルドシートの購入のハードルはぐっと下がっています。

 クルマ側のISO FIXへの対応も進み、2008年から2009年以降に販売された新車からISO FIXの金具が標準装備されはじめ、道路運送車両法により2012年7月以降は全車に装備が義務付けられました(2人乗りスポーツカーなど一部を除く)。

 計算上は、現在日本で保有されている車両の7割前後にISO FIX金具が装備されています。

 ISO FIXチャイルドシートの普及によって、チャイルドシートがクルマのシートにしっかりと固定される率は各段に高くなりましたが、今度は「子どもの座らせ方(ハーネスの使い方)」に大きな問題が出てくるようになりました。

 JAFと警察庁が毎年おこなっている、「チャイルドシート全国使用状況調査」でも明らかな結果が出ています。

 2019年8月に公表された最新データによると、6歳未満のチャイルドシート使用率が、調査開始以来初めて7割を超えましたが、その一方で乳児・幼児における着座状況は6割から7割前後に誤りがあることがわかりました。

 なかにはチャイルドシートを固定せず、座席の上にただ置いているだけというケースもあったそうです。

 着座時のミスユースのほとんどを占めるのがハーネスの使い方です。ハーネスの高さが合っていなかったり、締め付けが緩かったりすると、子どもの安全が確保できません。

 そして、コートやジャケット、おくるみなどを着せたままでチャイルドシートに乗せてハーネスを締めることは、ハーネスのミスユースと同じことです。

 事故の衝撃から子どもを守るためには、上着を脱がせてできるだけ薄着で、「車の座席」「チャイルドシート」「子どもの体」この3つができるだけ密着した状態で乗せることが安全です。

 暖房の効いた車内でも、もし子どもが寒いと感じるなら、その上に毛布やひざ掛けなどを掛けてチャイルドシートを使いましょう。