トムスが手掛けたトヨタ「センチュリー」の特別モデルが登場しました。価格は約3000万円で36台限定の特別モデルは、自ら運転を楽しむドライバーズカーとして誕生したといいますが、どのようなモデルなのでしょうか。

パフォーマンスが向上したトムス センチュリー誕生

 国内最高峰を誇るトヨタ「センチュリー」をトムスがカスタムした「トムス センチュリー」が東京オートサロン2020で発表されました。

 トムス センチュリーは、高性能で高品質なセンチュリーのパフォーマンスを確保しつつ、走行性能を高めて自ら運転を楽しむ「ドライバーズカー」として誕生しました。

 ベース車と同様に、5リッターV型8気筒エンジン(最高出力:381馬力/最大トルク:52.0kgfm)とモーター(最高出力:224馬力/最大トルク:30.6kgfm)を組み合わせたハイブリッド仕様としながら、エキゾーストは「トムス・バレル」を装着。スロットルレスポンスの向上で、走行性能がアップし、上質で重厚なサウンドが楽しめるといいます。

 外装はパーツ類を変更し、ベース車の気品あるデザインから、エレガントでアクティブなスタイルに一新。エアロパーツの効果で、走行安定性も向上しています。

 フロントバンパーにデイタイムランプを組み込むことで存在感をアピールするとともに、リアは4本出しのオーバルテールエキゾーストを装着することで、走りを予感させるデザインとしました。

 室内空間にもこだわり、スポーティにもエグゼクティブにも変更することが可能なフルオーダーメイドシートを用意。

 職人が手掛けるシートは、高級ナッパレザーをはじめとする素材と無数のカラー、ステッチの組み合わせが可能で、自分好みのカスタマイズが楽しめます。

 トムス センチュリーは36台限定で、価格(予価・消費税込)は3097万6000円です。2020年1月10日より注文受付を開始し、2020年夏頃からのデリバリーを予定しています。