最近、よくCMなどで先進的な予防安全装備が装着された新型車をよく耳にします。しかし、各メーカーは「先進安全技術」のことを独自の呼び方で紹介しているので「どれがどれだかよくわからない」となることも少なくありません。先進安全装備の名称が異なる理由や、それぞれの特徴とはどんなものなのでしょうか。

国産メーカーの先進安全技術は世界でもトップクラス

 最近登場する新型車は、多くのモデルが先進的な予防安全装備の装着(先進安全自動車・ASV)をCMなどで謳い、先進的な安全性能をアピールしています。しかし、メーカーごとに予防安全装備の名称が異なることから、それぞれの違いがわからないという人も少なくありません。

 なぜ、メーカーごとに予防安全装備の名称は異なるのでしょうか。また、それぞれの違いとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

 予防安全装備の内容は、メーカーごとに異なることはもちろんですが、システム名称もそれぞれバラバラです。

 名称が異なる理由について国産自動車メーカーの広報に聞くと、次のように話します。

「名称がバラバラな理由には、商標登録上の問題も多くあります。また、法整備されたタイミングや各社の機能内容に起因するものもある状況です。ユーザーからすれば名称ぐらいは統一してほしいと思いますが、現時点ではなかなか難しい問題でもあります」

※ ※ ※

 予防安全装備のなかでも代表的な装備として衝突被害軽減ブレーキ(通称:自動ブレーキ)がありますが、これの普及が大きく進んだのがスバルの「Eyesight(アイサイト)」の影響だといわれています。

 2010年5月に「レガシィ」から搭載が始まった「EyeSight ver.2」は、ステレオ(2基)カメラを用いるシステムを採用したうえで、約10万円という優れたコストパフォーマンスを実現。

 スバルによる積極的な広告宣伝も相まって、衝突被害軽減ブレーキの認知度が上がりました。

 現在の最新版は、「Eyesight Touring Assist(アイサイトツーリングアシスト)」という名称です。

 衝突被害軽減ブレーキ機能はもちろん、高速道路などでは渋滞して停車しているとき(時速0km)から高速走行(時速120km程度)の幅広い速度域で、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作をアシストします。

 また、高速道路でアクセル・ブレーキ・ハンドルの運転操作支援をおこなう機能としては、日産の「ProPILOT(プロパイロット)」や三菱の「MI-PILOT(マイパイロット)」が挙げられます。

※ ※ ※

 2020年2月現在、国産メーカーがラインナップする予防安全装備の名称は、以下のとおりです。

●トヨタ:Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)

●ホンダ:Honda SENSING(ホンダセンシング)

●日産:インテリジェント エマージェンシーブレーキ

※衝突被害軽減ブレーキ機能の名称

●マツダ:i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)

●三菱:e-Assist(イーアシスト)

※MI-PILOT以外の予防安全機能の総称を指す名称

●スズキ:Safety Support(セーフティサポート)

●ダイハツ:SMART ASSIST(スマートアシスト)

スタートから約30年! 「ASV推進計画」とは

 前述のとおり、各社で名称が異なる予防安全装備ですが、この考え方の大元となるものは国土交通省が提唱した前述の「先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle・ASV)」です。

 ASVとは、交通事故の削減を目的とした先進安全技術を搭載したクルマのことで、1991年度から約30年にわたり展開されているプロジェクト「ASV推進計画」として、国土交通省が主体となって各メーカーに提唱しています。

 基本方針は「ドライバー支援の原則(ドライバーを支援する技術であって、主体はドライバーである)」「ドライバー受容性の確保(ドライバーが安心して使える技術)」「社会受容性の確保(社会から正しく理解され受け入れられること)」の3つです。

 ASVの技術には次のようなものがあります。前述した各メーカーの予防安全装備も、これらの装備を中心に組み合わせたもののセットとして呼ばれていることが多いです。

・衝突被害軽減ブレーキ(クルマが障害物を感知し衝突に備えるブレーキ)

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進を抑制する機能も含む)

・車線逸脱警報装置(道路の車線を検知し、はみ出しそうになると警告音で知らせる機能)

・レーンキープアシスト(走行車線の中央付近を走行し続けるよう操舵をアシストする機能)

・後退時の後方視界情報装置(バックカメラで後方の視認性を確保)

・後側方接近車両注意喚起装置(斜め後方からくるクルマを検知し、知らせる機能)

 これらの機能のなかで「衝突被害軽減ブレーキ」と「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」などを搭載したクルマに政府は「サポカー/サポカーS」という愛称を付け、官民連携で普及を図っています。