2020年に入って初めての新車販売台数統計が出ました。軽自動車と普通車で性格が異なる結果となっており、なかでも普通車においては波乱の幕開けとなっています。消費増税前後では、国内の新車市場にどのような変化があったのでしょうか。

堅調な消費増税前でも、増税後は暗雲が立ち込める?

 昨今は、「若者のクルマ離れ」といわれて久しいですが、実際の国内新車市場はどのような状況なのでしょうか。

 内閣府が発表した、2019年第3四半期(10月から12月期)の国内総生産(GDP)は、10月からの消費増税などによって、大幅なマイナス成長となりました。

 政府は、「万全の増税対策を講じた」と説明してますが、駆け込み需要などの反動減を防げなかったわけです。影響は徐々に薄れつつも、増税後の日本経済の足取りは力強さを欠いています。

 同時期、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の販売台数データによると、2019年10月の普通車(登録車)販売は前年比72.5%、11月が85.5%、12月は90.5%であり、同じく軽自動車も、79.6%、94.4%、85.6%とマイナスで推移しました。

 そして、2020年1月では、登録車販売台数は前年実績を大きく下回る19万2821台で、前年比88.5%。メーカー別でも前年実績をクリアしたのは、久々に登録車の新車「ロッキー」効果が大きかったダイハツの5137台(前年比116.3%)と「インプレッサ」が好調なスバルの8456台(157.1%)です。
 
 3月期決算予想で高収益を発表したトヨタでも1月の販売台数実績が9万3518台(96.3%)で、この1月から3月期については不透明感を表明しています。

 軽自動車市場でも落ち込みは激しく、1月は10万8373台(前年比86.9%)。前年実績を超えたのは日産とスバルで、皮肉にもOEM車を販売する2社という結果でした。

 一方で、消費増税前の2019年度4月から9月上半期の新車販売をみると、4月から9月の登録車販売台数は142万612台で、前年同期比97.4%。同時期の軽乗用車販売は74万4188台で同105.6%でした。登録車と軽自動車を合算するならば、販売台数は前年実績を超えていたのです。

 消費増税前の2019年4月から9月年度上半期の車名別累計販売をベスト20の人気車種を見ても、増税前の駆け込み需要を含め、新車販売の堅調ぶりが分かります。

 ベスト20で、前年比マイナスだったのは5車種で、トヨタ「アクア」や日産「ノート」などの登場から年数が経っているモデルだけでした。それでも前年同期比で9割程度を維持していました。

2020年1月では、登録車と軽自動車に明暗が…

 そこで、自販連と全軽自協が発表した2020年1月の新車販売を総合すると、各社のモデル名別販売台数には、2019年までと何かが変わり始めていると思える変化があります。

 軽自動車は、消費増税後であっても、安定した販売台数を記録しています。しかし、登録車ではトヨタ「ライズ」や「カローラ」などの新型モデル以外の登録車は散々な状況にあるようです。

 販売台数トップは相変わらずホンダ「N-BOX」ですが、ホンダの販売店は、この軽自動車1台に頼っている構図から脱却できません。同年2月14日に発売した新型「フィット」で、いかに変わるか注視したいところです。

 登録車でトップに躍り出たのは、登場すぐにヒットしたライズでした。兄弟車のロッキーの3153台を合わせると1万3373台です。

 トヨタの強力な販売網を利して売れたライズが売れた理由として、軽自動車に満足できない消費者が、5ナンバーで全長4m未満の扱いやすいクルマを欲していたと考えられます。

 加えて、彼らは長距離ドライブはそれほど多くなく、高価なシステムを積むハイブリッド車(HV)を必要としないユーザーだったということです。

 ライズについて、トヨタの販売店スタッフは以下のように話します。

「認知度は、そこまで高くないように感じます。それでいてここまで売れていますから、まだまだ販売は期待できるでしょう。

 また、新型『ヤリス』の販売も順調です。近年の売れ筋だったプリウス・アクア・シエンタという3トップは、カローラ・ライズ・ヤリスに変わっていくのではないでしょうか」

※ ※ ※

 以上の結果を受けてトヨタは満を持して発売した新型ヤリスに大きな期待を寄せています。

 一方、日産の販売支えてきた3本柱のうちの2台、「ノート」と「セレナ」が失速気味です。完全に販売店は販売の糧を失いつつあります。

 唯一の売れ筋、軽自動車の「デイズ」を売っても利益はノートの半分以下でしかありません。そのなかで、日産は2020年に新車攻勢を掛けます。

 現段階では、同年2月6日に三菱が発表した新型「eKスペース/ekクロススペース」の日産版となる新型スーパーハイトワゴンの登場が控えているほか、コンパクトSUVの新型「キックス」、東京モーターショー2019でお披露目した電気SUV「アリア」、そして大注目の新e-POWERを搭載する新型「ノート」が出てくると予想されます。

 2020年1月から3月期の見通しも新型ヤリスや新型フィットに期待が寄せられていますが、新型コロナウイルスの影響が日本の自動車業界を直撃するのは必至で、日本経済をけん引してきた自動車業界も「危険水域」に入りつつあるといえるでしょう。