高速道路を運営・管理するNEXCO東日本には、高速道路での渋滞に関するスペシャリスト「渋滞予報士」がいます。渋滞予報士に、渋滞の発生のメカニズムや対策について聞いてみました。

なぜ渋滞は発生する? 渋滞のメカニズムについて聞いてみた

 高速道路の渋滞は、大型連休や通常時の週末だけでなく、平日でも朝・夕の通勤ラッシュ時にも発生します。

 渋滞はどのようなことが原因となり、発生するのでしょうか。NEXCO東日本・関東支社の渋滞予報士である小宮奈保子氏に、渋滞が発生するメカニズムについて聞いてみました。

「交通渋滞の要因は、交通事故や工事などもありますが、約8割は交通が集中することによる、いわゆる自然渋滞なのです。さらにこの自然渋滞の70%程度は、上り坂や『サグ』と呼ばれるポイントで発生しています」

 サグとは、英語で「たるみ」や「たわみ」という意味で、下り坂から上り坂に差しかかる場所のことを差します。

「渋滞の先頭となりやすいサグでは、下り坂から上り坂に切り替わったことに気づきにくく、無意識のうちに速度が低下してしまう傾向があります。

速度が低下するので後続車は車間距離を保つためにブレーキを踏んでしまうのです。これが続々と後続車へ連鎖していくことで、渋滞が発生すると考えられています」(小宮氏)

 ほかにもインターチェンジ(IC)やジャンクション(JCT)の分合流部やトンネルなどでも渋滞が発生しやすく、こちらも同様に先頭車両の速度低下による後続車のブレーキの連鎖が原因といわれています。

 とくに高速道路では、周囲の変化に気づかずにスピードが落ちてしまうことがあり、安全運転のつもりが逆に渋滞の原因になっているのです。

 自然渋滞のメカニズムは、些細な速度低下が積み重なって起こるものということですが、渋滞を上手に回避する方法はあるのでしょうか。

「出かける前に渋滞予測をチェックして欲しいです。NEXCO東日本では、ウェブサイト『ドラぷら』やスマホ用アプリ『ドラぷらアプリ』で、毎日渋滞予測を公開しています。

渋滞予測の出ている日程をずらせないとしても、ピークとなる時間帯を避けるだけでも、渋滞緩和や回避に十分効果があると思います」(小宮氏)

 NEXCO東日本が提唱する渋滞を予防する運転として、下記のようなポイントがあります。

●無意識な速度低下に注意すること

 わずかな速度低下でも、渋滞の原因になります。

●安全な車間距離を保つこと

 車間距離がクッションの役割を果たし、後続車へブレーキが伝わるのを防ぐことができます。

●むやみな車線変更を控える

 むやみな車線変更は後続車にブレーキを踏ませる要因となり、渋滞の発生や悪化につながることがあります。

●キープレフト

 渋滞の多くは、追い越し車線から発生するといわれています。無理な追い越しをせずに、走行車線をスムーズに走るほうが渋滞なりにくいようです。

●すみやかな速度回復を心がける

 渋滞の終わりが近づいてきたら、速度を回復させる準備をすることが大切です。渋滞を長引かせないために、ドライバーひとりひとりの意識が大切です。

「渋滞予報士」とはどんな人? どうやったらなれる?

 渋滞について解説してくれた小宮さんは、NEXCO東日本の関東支社に勤務する『渋滞予報士』です。

 渋滞予報士は、高速道路の整備効果や、ネットワークの整備なども含めた複合的な視点から、「いつ・どこで・どのくらい」の渋滞が発生するかを予測しています。

 また、混雑する日にちや時間、ルートを避けた分散利用を呼びかける広報的な役割も果たします。

 渋滞予報士は、「気象予報士」のような公的な資格が必要ではありませんが、各支社に1名しかいないという狭き門で、単なる広告塔ではなく、渋滞の予測がしっかりできるスキルや対策を立案できる企画力なども必要です。

 なお、NEXCO中日本では『高速道路ドライブアドバイザー』、NEXCO西日本では『渋滞予測士』と呼ばれています。

「渋滞予報士という名称は、2007年に渋滞予測や渋滞対策の広告塔として、関東支社に誕生しました。現在ではNEXCO東日本の各支社(北海道・東北・関東・新潟)で1名ずつ活動しています。

 私の場合は、前の部署で高速道路の整備効果に関連する業務に携わっていた関係もあり、ネットワークの整備によって交通にどのような影響があるのか興味を持っていたのです。

 その後、希望して交通技術課に配属され、渋滞予報士になりました。ほかの社員と同じく、人事異動で配属されたNEXCO東日本の社員です」(小宮氏)

 渋滞予測も、過去3年間の実際の渋滞データを曜日配列や道路状況、料金体系、周辺イベントの有無などを加味して分析し予測し、迂回路なども提案しているそうです。

「都心部でいえば、圏央道などの高速道路ネットワークの整備に伴って、複数のルートを選択できるようになりました。

 多少遠回りでも渋滞を回避したルートのほうが目的地まで早く到着できることもありますので、交通状況に応じて高速道路も“乗り換え”するという、新しい利用方法をご検討いただければと思います」

※ ※ ※

 渋滞は、事故や工事よりも圧倒的に自然渋滞が原因となることが多いですが、ドライバーが少し注意をすることで渋滞の緩和につながります。

 また、高速道路のネットワークが整備されることで、渋滞が回避できるルートも構築されつつあります。

 出かける前に渋滞予測を確認し、出発時間やルートの計画を立ててから高速道路を利用するのが良さそうです。