1990年代初頭にはじまった「RVブーム」のころは、各メーカーともクロスカントリー4WD車を販売していました。そこで、いまではほとんど見られなくなった、懐かしのクロスカントリー4WD車を3車種ピックアップして紹介します。

RVブームのころに輝いていた往年のクロスカントリー4WD車たち

 現在、世界的にSUVの人気が高まっていますが、日本では1990年代の初頭から「RVブーム」が起こり、とくに売れていたのがクロスカントリー4WD車です。

 RVとはRecreational Vehicle(レクレーショナル・ビークル)の略で、クロスカントリー4WD車だけでなく、ミニバンやステーションワゴンなど、主にレジャー用途に向いたクルマが該当します。

 1990年代にはブームに乗っかるように、各メーカーからクロスカントリー4WD車が販売されていましたが、ブームの終焉とともにいつのまにかラインナップから姿を消しています。

 そこで、いまではほとんど見られなくなった、懐かしのクロスカントリー4WD車を3車種ピックアップして紹介します。

●三菱「チャレンジャー」

 RVブームをけん引したのは三菱「パジェロ」で、パジェロが大ヒットしたことで、三菱は次の一手として、1996年に2代目パジェロのコンポーネントを流用した新型SUV「チャレンジャー」を発売します。

 外観は都会的な印象のステーションワゴンとし、ワイルドさを前面に出したパジェロとの差別化を図っていました。

 搭載されたエンジンは3リッターV型6気筒ガソリンに加え、2.8リッターと2.5リッターの直列4気筒ディーゼルターボの3種類が設定され、駆動方式は全グレードとも4WDです。

 なお、上位グレードは4種類の走行モードを状況に応じて使い分けられる三菱独自のスーパーセレクト4WDを採用。下位グレードは、パートタイム4WDとなっています。

 さらにチャレンジャーは比較的安価な価格設定となっており、装備が充実した最量販グレード「X」が284万8000円(消費税含まず、以下同様)、廉価グレードの「S」が231万8000円でした。

 その後、マイナーチェンジでガソリン直噴エンジン「GDI」が搭載され、フロントフェイスのデザインの刷新などがおこなわれましたが、パジェロほどのヒットとはならず、2001年に販売を終了。

 しかし、海外では継続して販売され、現在も「パジェロスポーツ」の名で高い人気を誇っています。

●日産「ミストラル」

 かつて日産が販売していたクロスカントリー4WD車というと、フラッグシップの「サファリ」、ミドルクラスの「テラノ」、そして、ピックアップトラックの「ダットサントラック」がありました。

 このラインナップに加え、1994年に日産はスペイン工場で生産する「ミストラル」を輸入し、販売を開始します。

 シャシはテラノのものが流用され、当初はロングボディ3列シートの5ドアのみの設定で、後に3ドアのショートボディを追加。外観は無骨な印象のテラノに比べ、スタイリッシュに仕立てられていました。

 エンジンは2.7リッター直列4気筒OHVディーゼルターボと4速ATが組み合わされ、駆動方式も全車パートタイム4WDです。

 また、北米をターゲットとしていたテラノに対し、ミストラルは欧州が主なマーケットだったため直進安定性が高く、オンロードでの性能を重視した足まわりのセッティングという特徴があります。

 1997年のマイナーチェンジでフロントフェイスが一新されるなどテコ入れされましたが、テラノほどの人気を獲得できず、1999年には販売を終了。いまでは現存数も少なく、中古車市場でも滅多にお目にかかれません。

マツダもクロスカントリー4WD車を販売していた!?

●マツダ「プロシードマービー」

 現在、マツダのSUVラインナップはクロスオーバータイプの「CX」シリーズが展開されていますが、かつてはクロスカントリー4WD車を販売していたことがあり、それが1991年に発売された「プロシードマービー」です。

 プロシードマービーはピックアップトラックの「プロシード」のシャシに、ステーションワゴンタイプのボディを載せるという、クロスカントリー4WD車ではよく用いられる手法で生産されました。

 搭載されたエンジンは2.6リッター直列4気筒ガソリンと2.5リッター直列4気筒ディーゼルの2種類で、トランスミッションは4速ATと5速MTを設定。、駆動方式は、パートタイム4WDです。

 また、サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがリジッドアクスルと、ピックアップトラックでは一般的な形式で、耐久性や強度が高く、クロスカントリー4WD車に最適な形式となっています。

 プロシードマービーは3000mmというロングホイールベースによる広い室内と、価格が220万円台からと比較的安価に設定されていたことで、一定の需要がありました。

 しかし、大ヒットとはならずRVブームの終焉とともに販売は低迷。1999年に販売は終了となり、後継車はありませんでした。

※ ※ ※

 クロスカントリー4WD車は悪路走破性能の高さが最大の魅力ですが、日本の道路では、その性能を活かせる場所はほとんどありません。

 日本ではオーバースペックなクロスカントリー4WD車ですが、一方で本物のアウトドアギアが持つ機能美を好む層も一定数存在するため、ラインナップは少ないながら、いまでもニーズはあります。

 2018年に発売された新型スズキ「ジムニー」がヒットしたことから、今後、クロスカントリー4WD車が再評価されるかもしれません。