国内の新車市場では、コンパクトカーが一定の人気を誇っています。そのなかで、ホンダ「フィット」とトヨタ「ヤリス(旧ヴィッツ)」は、市場をけん引してきた存在です。その2台の新車モデルが同時期にフルモデルチェンジして発売されましたが、その結果はどうなったのでしょうか。

フィットとヤリス 新型で明暗

 コンパクトカー市場をけん引するホンダ「フィット」とトヨタ「ヤリス」。ともに、2020年2月に新型モデルが発売されましたが、両車の販売動向に変化が見られているようです。

 奇しくも新型フィットと新型ヤリスの販売時期は、2020年2月と重なりましたが、新型フィットは歴代モデルから継承される広い室内空間を特徴とし、ファミリーユース重視です。

 一方の新型ヤリスは、パーソナルユースに主軸を置き、前席のユーザーが感じる走行感覚や乗り心地などに力を入れています。

 また、新型ヤリスをベースとした「GRヤリス」というモータースポーツ向けの本格モデルが設定されるなど、「走り」のイメージが強い車種に仕上がっているのです。

 そんななか、2020年2月の登録車販売台数が公表されました。2台の発売日はフィットが2月14日、ヤリスが2月10日とほかの登録車と比べると期間が狭まりますが、先行受注分を2月に登録していればその分台数が多くなります。

 実際の登録車販売台数ランキングでは、1位から順にトヨタ「ライズ」、日産「ノート」、トヨタ「カローラ」と続き、2台のうち先にランクインしたのは7位のフィット(8221台)です。

 ホンダは、2月24日時点での受注台数が約2万3000台に達したことを明らかにしており、月販目標の1万台に対して約2.3倍の受注で好調な立ち上がりとなっています。

 そのため、2月に登録できた8221台以外は3月や4月にずれ込んで登録されることになるのです。この販売台数には、新型フィットが発売される前に、ディーラーなどで在庫販売されていた先代フィットもカウントされていると予想されますが、新型フィットとしては上々な販売台数です。

 対して、新型ヤリスは3491台で22位となりました。新型フィットと同様に新型ヤリスでは2019年12月6日から先代受注をおこなっていました。

 12月末時点の販売店スタッフは、次のように話していました。

「(12月末時点で)すでに10台近い受注を頂いております。また、近隣店舗でも5台から15台ほどは受注しており、非常に好調ではないかと思います。

 しかし、これは、お客さまにクルマを説明するための販売マニュアルなど販売の体制が整っていたうえでの台数です。そのため、販売体制が整っていない新型ヤリスで、同じほどの台数を受注できていることに驚きました」

 その後、2台が発売されたのちに再度、同店舗スタッフに話を聞くと次のような回答でした。

「先行受注当初は、まだライバル視されていたフィットの情報があまり出ていなかったこともあり、概ね好調でした。また、フィットが正式に発売されてからもお客さまが気にされる燃費ではヤリスが上回っていたので、その点はアピールできました。

 ただし、コンパクトカーは使い勝手の良さが一番のアドバンテージになります。その点、フィットは従来どおりの居住空間を保ちつつ、異なるスタイルを展開しています。もちろんヤリスは、これまでのコンパクトカーの概念を打ち破るほどの性能や機能が搭載され、トヨタ初の機能も多いです。

 しかし、お客さまにそのあたりが上手く伝わらないこともあるほか、値引きの影響もあって先代モデルとなる『ヴィッツ』や『アクア』を選ばれる人も多いです」

新型フィットのライバルはまさかの…

 前出の販売台数ランキングでは、28位に新型ヤリスの先代モデルとなるヴィッツが2876台を記録してランクインしています。

 また、ホンダとトヨタのモデルラインナップも2台の販売台数に影響しているといえます。ホンダの販売店スタッフは、次のように話します。

「現在、新型フィットのライバルは同じホンダの軽自動車『N-BOX』という見方も出来ます。

 ひと昔前の軽自動車は、あくまでも買い物や近所の移動といったイメージが強かったほか、安全性や快適性においてもずば抜けて良いという印象を持たれているお客さまは少なかったように感じます。

 しかし、近年の軽自動車は普通車並の安全・快適装備を備えているうえ、走行性能も格段に向上しました。その結果、普通車から軽自動車に乗り換えるお客さまが増えております。

 N-BOXでも、同じホンダ車や他社の普通車から乗り換えされるお客さまも多くおり、なかには『昔に比べて、軽自動車の性能が良くなったから、軽自動車で良い』という人もいるほどです。

 また、同時期に登場したトヨタのヤリスは、サイズ感や価格帯はフィットの競合になり、歴代モデルでも競い合っている面はありました。

 しかし、新型ではクルマとしてのコンセプトが大きくことなっていることもあり、実際に検討されるお客さまでは、日常の買い物や近場での利用を目的としていることもあり、N-BOXと比較されることが多いです」

※ ※ ※

 新型フィットと新型ヤリスにとって、2月の登録車販売台数では、実際の影響が分かりづらい部分が多いのは事実ですが、先行受注という同様の販売手法を使って、大きな差が出ているため、3月以降の結果で2台の人気度合いが分かるかもしれません。