国や地域によって販売されるクルマは異なり、国内メーカーのクルマには海外でしか売っていないモデルが多数存在します。そこで、海外専用モデルのなかから、スポーティなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

日本では売ってない魅力的なハイパフォーマンスモデル

 世界中の自動車メーカーは、自国だけでなくグローバルでクルマを販売していますが、なかには海外専用のモデルを設定しているケースがあります。

 国内メーカーにとっても海外は重要なマーケットなため、国や地域のニーズに合ったクルマを販売しています。

 そこで、海外専用モデルのなかから、とくにスポーティなクルマを5車種ピックアップして紹介します。

●トヨタ「カムリ TRD」

 2017年に登場した10代目「カムリ」は、現在のトヨタブランドにおけるFFセダンの最上級モデルです。

 北米市場においては「RAV4」と並ぶトヨタの看板商品となっており、2019年に発表された「TRD(Toyota Racing Development)」仕様のカムリは、スタイリッシュかつハイパフォーマンスセダンとして、大いに話題になりました。

 外観には高速走行時の安定性を向上させるフロントスプリッター、サイドスカート、リアスポイラー、リアディフューザーが装着され、スポーティに演出。

 各部の補強によってねじれ剛性を高めたシャシとローダウンされたコイルスプリング、大径ディスクブレーキ、TRDの専用19インチホイールなどにより優れたハンドリングを実現しています。

 パワーユニットは国内仕様ではハイブリッドのみですが、北米仕様ではガソリンエンジン車が設定され、カムリTRDには最高出力301馬力を発生する3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載。

 トランスミッションは8速ATを採用し、スポーツドライビングをサポートするパドルシフターが装着されています。

●ホンダ「シビックタイプR スポーツライン」

 日本では2020年夏にマイナーチェンジモデルが発売予定となっている、ホンダのFFスポーツカー「シビックタイプR」ですが、日本仕様と欧州仕様では装備やグレードが異なるようです。

 まず、欧州仕様では車内で聞こえるエンジン音を、走行モードによってオーディオのスピーカーを介して変化させる機能、「ASC(アクティブサウンドコントロール)」が搭載されます。

 また、パフォーマンスモニター、ログモード、オートスコアモードなどの機能を備え、さまざまなパフォーマンスパラメーターを監視・記録できる、シビックタイプR専用のパフォーマンスデータロガー「Honda LogR」を装備。

 さらに、卓越したドライビングダイナミクスを持ちつつ、控えめなスタイリングと洗練された乗り心地を実現したグレードの「シビックタイプR スポーツライン」がラインナップされます。

 シビックタイプR スポーツラインは標準モデルに装着されている大型リアウイングをローデッキリアスポイラーに変更し、スポーティなスタイリングでありながら落ち着いたシルエットを演出。

 タイヤも標準モデルはコンチネンタル「スポーツコンタクト6」が採用されていますが、シビックタイプR スポーツラインには快適性を重視した19インチのミシュラン「パイロットスポーツ4S」が採用されました。

 シビックタイプR スポーツラインはドイツで2020年春から発売され、価格は4万1490ユーロから、日本円で約490万円です。

●スバル「WRX STI」

 スバルの本格派スポーツセダン「WRX STI」は、搭載していた「EJ20型」水平対向エンジンの生産終了に伴い、国内仕様は2019年12月をもって受注を終了しました。

 一方で、北米では販売が継続され、日本仕様とは異なるモデルとして存在。

 搭載されているエンジンは2.5リッター水平対向4気筒ターボで最高出力は310馬力(米国値)を発揮し、トランスミッションは6速MTのみとなっています。

 また、WRX STI専用に、クロスドリルドブレーキローターとフロント6ピストン、リア2ピストンのブレンボ製キャリパー、クイックレシオのステアリング、ドライバー自ら前後の駆動力配分をコントロールできる「DCCD(ドライバー・コントロールド・センターデファレンシャル)」などを装備し、高い走行性能を実現。

 そのWRX STIのキャッチコピーは「An Athlete’s Soul.」(アスリートの魂)と「A Champion’s Heart.」(チャンピオンの心臓)と記されるように、ドライバーの本能を導き出すように仕立てられています。

日本では絶滅危惧種のコンパクトクーペとは!?

●インフィニティ「Q60 RED SPORT 400」

 日産が海外で展開している高級車ブランドのインフィニティにラインナップされている「Q60」は、かつて日本でも販売していた「スカイラインクーペ」の後継車です。

 なかでも、2020年モデルに設定されている「Q60 RED SPORT 400」は、最高出力400馬力(米国値)を発揮する3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルとなっています。

 さらに4WDモデルも設定され、タイヤのスリップを検知すると4輪すべてに必要なパワーを伝達し、グリップを取り戻すと100%のパワーをリアホイールに送ることで、FR車のような素直なステアリング特性と高い運動性能を発揮。

 また、革新的なパフォーマンスと乗り心地の理想的なバランスを実現したサスペンションは、快適さを優先するモードとスポーツドライビングに適したモードを、ドライバーのスイッチ操作で切り替えることが可能です。

 国内のスカイラインと同様に、あらゆる路面で安定したハンドリングを維持する「ダイレクトアダプティブステアリングシステム」も備えています。

 Q60はセダンと共通するイメージのスポーティかつラグジュアリーな内外装に加え、最新の先進技術を搭載した、大人のための贅沢なクーペです。

●ホンダ「シビック Siクーペ」

 1972年にデビューしたホンダ「シビック」は1975年モデルからアメリカにも輸出され、排出ガス浄化技術「CVCC」の採用により燃費の良い低公害車として大ヒットしました。

 そして、2019年に発売された北米仕様の2020年モデルには、日本未導入のスタイリッシュな2ドアクーペの高性能版である「シビック Siクーペ」をラインナップ。

 専用のエアロパーツや特徴的な多角形型のセンターマフラーの採用に、マットブラックの18インチアルミホイールとハイパフォーマンスタイヤなどが装着され、スポーティさを一層際立たせています。

 搭載されるエンジンは、最高出力205馬力(米国値)を誇る1.5リッター直列4気筒ターボで、トランスミッションはショートストロークの6速MTのみという硬派な設定です。

 また、アクティブダンパーを採用したサスペンションにクイックレシオのステアリング、ヘリカルLSDなどを装備することで、運動性能をさらに強化しています。

※ ※ ※

 今回、紹介した5車種はどれも簡単に手に入らないので海外が羨ましくなりますが、逆のパターンもあります。

 たとえば、かつてシビックタイプRは日本専売だったため、アメリカのカーガイからは羨望の的になり、ほかには三菱「ランサーエボリューション」も当初は輸出されていませんでした。

 その最たるモデルが日産「スカイラインGT-R」で、いまではかなりの数の中古車が海を渡っています。

 国は違っても、高性能なモデルに憧れる車好きの気質は変わらないようです。