トヨタが2020年秋に発売予定と発表した新型SUV「ヤリスクロス」。すでに国内SUV市場で人気となっている「RAV4」とはどのような違いがあるのでしょうか。2台を比較してみました。

またSUV登場!? トヨタ新型「ヤリスクロス」はどんなモデル?

 トヨタは2020年4月現在、「RAV4」や「C-HR」などさまざまなSUVをラインナップしていますが、2020年秋には新たなSUVとして「ヤリスクロス」が発売される予定です。

 トヨタのSUVラインナップはより充実することとなりますが、各モデルにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は、新型ヤリスクロスと国内市場で既に人気となっているRAV4を比較していきます。

 新型ヤリスクロスは、2020年2月14日に発売された新型「ヤリス」と同じプラットフォームを採用した新型コンパクトSUVとして、同年4月23日に世界初公開されました。

 一方、RAV4は2019年4月に5代目モデルが日本市場で発売され、またたく間に人気を獲得。同年12月には、その年にもっとも優れたクルマを選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、高い評価を受けています。

 期待のニューモデルである新型ヤリスクロスと既に人気のRAV4をくらべてみます。

 まずボディサイズは、新型ヤリスクロスが全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mm、RAV4が全長4600mm-4610mm×全幅1855mm-1865mm×全高1685mm-1690mmに設定されています。そのため新型ヤリスクロスはコンパクトSUV、RAV4はミドルサイズSUVに分類されるサイズ感です。

 外観の雰囲気はともにゴツさが感じられるSUVらしいデザインとなっています。

 新型ヤリスクロスはシンプルながらも、SUVならではの“ロバスト”(頑強さ)が表現されたデザインで、強調されたフェンダーによって踏ん張り感が演出されています。また、ヤリスと同じく2トーンルーフの仕様が設定されていることも特徴です。

 一方、RAV4は八角形(オクタゴン)ふたつを、90度ずらしてはめ合わせた「クロスオクタゴン」を造形テーマとし、さらに外観の随所に多角形を織り込むことで、タフさと安定感のあるデザインを表現しています。

 内装を見ると、新型ヤリスクロスは曲線が随所に取り入れられたインテリアデザインで、ヤリスと共通する部分が多く見られます。そしてRAV4は内装もカクカクした印象を強く受けるデザインです。

新型「ヤリスクロス」に搭載されるパワートレインは?

 パワートレインを比較すると、新型ヤリスクロスに搭載されるのは1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド車と、1.5リッターエンジンのガソリン車の2種類です。駆動方式はFFと4WDの2種類(ハイブリッドは電気式「e-Four」)が設定されます。

 また、新型ヤリスクロスには、「AWD-i intelligent」を搭載。通常時は前輪で駆動するものの加速時には後輪にトルクを配分し、そして悪路などでは全輪で駆動するなど臨機応変に制御するため、高い走破性を発揮します。

 RAV4のパワートレインも2リッターエンジンのガソリン車と、2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド車の2種類です。それぞれ2WDと4WDが選択可能な点は共通なものの、4WDの駆動方式はRAV4の方がよりバリエーションがあります。

 ハイブリッドモデルがe-Fourを採用する点は変わらないものの、ガソリンモデルの4WDシステムは2種類存在。ダイナミックトルクコントロール4WDに加え、世界初のシステムとなる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が用意されています。

 ダイナミックトルクベクタリングAWDは、走行状況に合わせて、前後トルク配分に加え後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を搭載。高い旋回性能を実現します。

※ ※ ※

 トヨタには、全長4385mmのコンパクトSUVとしてC-HRが存在し、新型ヤリスクロスとRAV4の中間にあたる全長に設定されています。

 しかしSUVでありながらスポーツクーペに似たデザインのC-HRに対し、SUVらしさがより感じられるという点で新型ヤリスクロスとRAV4は近い存在といえます。

 RAV4の弟分にもなり得る新型ヤリスクロス。2020年秋の登場に向け、期待が高まっています。