首都高速の大黒PAや辰巳PAは週末の夜から翌朝まで閉鎖されることが多くありますが、2020年5月1日から10日までの期間は、辰巳第1・第2、箱崎、芝浦の各PAが終日閉鎖されています。しかし、トイレや自販機の利用は可能ということです。どのように使えばよいのでしょうか。

首都高で「ルーレット族」が問題に? PAを封鎖

 首都高速の休憩施設である大黒PAや辰巳PA(1・2)は週末の夜などにたびたび閉鎖されていますが、2020年5月1日から10日までの期間、首都高速にある4か所のPA(辰巳第1・第2、箱崎、芝浦)は、夜間だけではなくずっと閉鎖されています。理由は「ルーレット族取り締まりのため」ということです。

 しかし閉鎖中のPAであっても、じつはトイレや自販機の使用は可能です。現場ではどのような対応がおこなわれているのでしょうか。

 外出自粛の要請を受け、首都高速をはじめ全国の高速道路では交通量が激減しています。緊急事態宣言が全国に出された4月17日以降、前年同時期の交通量に比べて、7割減、8割減となった路線も少なくありません。

 2020年5月5日の交通量(速報値)は、前年同時期の交通量に比較して、「NEXCO3社+本四」で全車では23%、小型車では19%、大型車では43%と、小型車に限ると8割以上の減少となっています。

 首都高速道路や阪神高速も同様で、同じく5月5日の交通量は首都高で40%、阪神高速で41%と報告されています。

 空いていてとても走りやすくなっている首都高ですが、逆にそれを狙っているといわれているのが。首都高環状線などを暴走する「ルーレット族」と呼ばれるクルマです。

 首都高によると、ルーレット族の暴走をやりにくくするために、その手のクルマが多く集まる辰巳PAや芝浦PAを閉鎖したとのことでした。

※ ※ ※

 前述のPA封鎖について、「首都高ドライバーサイト」でも次のように公表されています。

「5月1日17時から5月10日9時までの間、下記のパーキングエリアを閉鎖いたします。本措置は、ルーレット族による騒音を伴う迷惑行為や悪質な暴走行為に対して、首都高速道路およびパーキングエリアをご利用されるお客さまの安全な交通の確保および沿道にお住いの皆さまへの騒音対策の観点から警視庁高速道路交通警察隊と協力のうえ、ルーレット族対策の一環として実施するものです」

 しかし、このお知らせには以下の一文もあります。

「なお、閉鎖中であっても、トイレとETC利用履歴発行プリンターの利用は可能です。辰巳第1PAと芝浦PAは閉鎖箇所に関係者を配置します。トイレ等をご利用の際は現地に待機する関係者などにお申し出ください。箱崎PAと辰巳第2PAは、駐車スペースを規制機材で閉鎖しておりますが、トイレおよびETC利用履歴発行プリンターはご利用可能です」

 PA閉鎖と書いてあると、なかには入れないと思ってしまいそうですが、実はトイレは使うことができるようです。

PA封鎖でもトイレは利用可能? どのように使うのか

 閉鎖中のいずれのPAでもトイレの使用は可能と記されていますが、実際はどのようにしてトイレを利用すればよいのでしょうか。5月5日の夜、辰巳PA(第1)と箱崎PAでトイレを使ってみました。

 まず、クルマ好きの若者たちが多く集まる辰巳PA(第1)に行ってみました(ちなみに辰巳PAは第1も第2も首都高湾岸線ではなく、9号深川線上に設置されています。直前まで「辰巳PA」の標識がないので注意)。

 訪れてみると、入口から少し入ったところに「PA閉鎖中」のサインが表示された首都高の黄色いトラックが置かれてありました。筆者(加藤久美子)のクルマは首都高トラックの後ろ。道路幅が広くなっているPA進入路にできるだけ右側に寄せて停めました。

 そして徒歩でPA内に。PA内には2台のパトカーと数名の警察官がおり、トイレを使いたいことを伝えてなかに入りました。帰りに自販機で飲み物を買うこともできました。

 次に、箱崎PAに向かいます(箱崎PAは標識も少なく、非常に行きにくい場所にあります)。箱崎PAは辰巳第1と違って駐車場の入り口前まで入ることができました。

「トイレは利用可能」と大きな文字で分かりやすく掲示されており、筆者が停車していた10分間に3台から4台ほどのクルマがトイレ利用のために箱崎PAを訪れていたようです。もちろん、自販機も使えます。トイレの近くには消毒液のボトルも置いてありました。

※ ※ ※

 音響族対策などで週末の夜にたびたび閉鎖される大黒PAは、今回の「ルーレット対策」での閉鎖対象ではありませんが、5日の夜は「不正使用車規制中」との表示がありました。筆者が訪れた時には何の規制もなく普通に入ることができました(数時間後、閉鎖されていました)。

 こちらの大黒PAですが、「首都高お客様センター」で確認したところ、トイレはもちろん、(故障中などでなければ)EV充電器の使用も可能とのことでした。

 EVで走行中、電欠になりそうなときなどは利用が可能です。その際は、トイレを使う場合も含めて、入口付近にいる係員にその旨を伝えてPA内にクルマで進入し、駐車場にクルマを停めればOKです。

※ ※ ※

 5月1日から10日まで閉鎖される4つのPAの利用方法は、「駐車場入り口付近にいる係員に利用方法を確認」というのが芝浦PAと辰巳第1PAで、「係員は不在だがクルマに乗ったままPA入場は可能」というのが箱崎PAと辰巳第2PAとなっています。

 なお、関係者らしき人が不在などで、閉鎖されているPA内に入る方法が分からない場合は、安全な場所にクルマを停めて(本線上には絶対に停めないでください)年中無休24時間、有人で対応する前述の「首都高お客様センター」に電話をして確認することをお勧めします。

 PAの閉鎖状況はもちろん、首都高に関する所要時間、渋滞・混雑状況、入口閉鎖状況、通行料金・各種割引等についての質問に、最新情報で答えてくれます。