2020年内に新型モデルが登場予定のスバル「レヴォーグ」。熟成が進んだ現行モデルの最終型の実燃費はどれくらいなのでしょうか。高速道路やワインディング、一般道を実際に走って、燃費を測定してみました。

新型レヴォーグが登場する前に現行モデルの燃費をチェック

 いまや希少な、というより唯一無二の存在となった国産のハイパワースポーツワゴンとして人気を博してきたスバル「レヴォーグ」。

 2020年内に次期型が発売されることにともない、現行型は5月25日をもって受注の受付が終了します。

 しかし、それ以降になってもメーカー在庫やディーラーが先行発注した在庫などは、まだ購入は可能なようです(好みのグレードやボディカラー、仕様などは5月25日までの受注でないと確実ではありませんが)。

 新型は気になるものの、クルマとしての熟成が進んだ最終モデルを選びたいと考える人は少なくありませんし、現行型のデザインのほうが好きだという人も居るでしょう。

 そこで今回は、実際の燃費を中心に最終型の印象をレポートします。

 現行型レヴォーグは、2014年6月に発売が開始されました。「革新スポーツツアラー」をコンセプトとし、かつての「レガシィツーリングワゴン」のトップスポーツグレード「GT」シリーズの精神的な後継モデルとして誕生しました。

 エンジンは300馬力のハイパワーを発揮する2リッターと、レギュラーガソリン対応でパワーと燃費のバランスがとれた1.6リッターの2種類の水平対向直噴ターボエンジンを設定。発売初年度は年間4万台以上を記録するヒット作となります。

 2016年にはトップスポーツグレードとして「STIスポーツ」を追加し、これがさらに人気を博して売れ筋グレードとなりました。

 レヴォーグがデビューした当初は、乗り心地が硬い、リアのダンピングが足りないなど、サスペンションのセッティングに一部のユーザーから不満の声が挙がりましたが、年々改良が進み、最終型では誰が乗ってもほぼ不満の出ない乗り味に仕上がりました。

 今回、燃費テストに起用したモデルは、2019年に発売された特別仕様車「レヴォーグ1.6 GT-S EyeSight アドバンテージライン」で、ハイビームアシストの作動速度を40km/hから30km/hに下げるなどした最新型の運転支援システム「アイサイトセイフティプラス」を搭載。

 後側方警戒支援システムやフロント&サイドビューモニター/スマートリヤビューミラーも装備されます。

 外装では、225/45R18アルミにブラック塗装が施され、フットランプ付きのブラックカラードドアミラー、ブラックカラードドアハンドルなどで加飾されます。

 SUVの「XV」で人気を博した「クールグレーカーキ」が、専用色としてレヴォーグで選べるようになったのもポイントです。

 内装では、ブルードレープ調&クロームメッキのインパネ加飾パネルや、ウルトラスエードをおごった本革シート(ブルーアクセント、ブルーステッチ付き)が特別装備となります。

 ちなみに、レヴォーグの1.6リッターエンジン(FB16DITターボ)は、2017年8月から発売された後期型(アプライドD型)から制御を最適化し、前期型よりも実用燃費が向上しました。

 走行ルートは、西東京エリアの一般道から圏央道/小田原厚木道路の高速道路を巡航。箱根/芦ノ湖エリアのワインディング路を経て、帰路は東名高速/圏央道から西東京エリアの一般道に戻るというルートです。

 合計で約230km走行した結果、燃費計に表示されたトータルの平均燃費は13.4km/Lでした。

 同グレードのJC08モード燃費は16.0km/Lですが、AWDターボのスポーツワゴンらしい気持ち良いドライブを楽しんだとはいえ、1.6リッターのダウンサイジング系エンジンとしては正直寂しい数字です。

 走り方としては、燃費重視のエコ走行から、周囲の流れに合わせた標準的なペースでの巡航、ワインディング路では燃費を一切気にせずスポーティに走らせるなど、さまざまな状況をトライしました。

 ドライブモードは基本的に「I(インテリジェントモード)」を選択。山道と高速道路の一部で「S(スポーツモード)」を選択しました。

 タイヤは、ブリジストンのスタッドレスタイヤ ブリザックVRX2を装着していたので、100%ノーマルとはいえない仕様でのテストになりましたが、筆者(マリオ高野)が過去におこなったテストにおいて、ブリザックVRX2は純正タイヤ(ダンロップ スポーツマックス)とほとんど変わらない燃費が記録されることを確認しています。

●高速道路(往路)
走行距離:64.4km
実燃費:19.0km/L

 往路の圏央道ではエコ運転を意識して、運転支援システム「アイサイトver.3」の全車速追従機能付クルーズコントロールを上限80km/hにセットしてドライブ。

 テスト当日の交通量はやや多めでしたが、走行車線は60km/hから70km/h程度のゆっくりとしたペースで流れたこともあり、燃費計の数値は常に低燃費をマークしました。

 圏央道に乗って23km走った時点で、19km/L台をギリギリキープします。車重1560kgのAWD車として考えると、決して悪い数字ではありません。

 スタッドレスタイヤの影響が微妙に出ている可能性もありますが、60km/hから70km/h程度のペースだと、いまどきのクルマの多くはスタッドレスタイヤを履いていても20km/L台を超える傾向にあり、1.6リッター車としてはもう少し伸びてほしいところでした。

 運転支援システム「アイサイトver.3」の全車速追従機能付クルーズコントロールの制御の自然さについては、いまもなお500万円以下で買えるクルマとしては最高レベルにあることを確認しました。

 世界中のクルマの運転支援システムのレベルが底上げされたいまとなっては、アイサイトにひと昔前のような大きなアドバンテージはなくなったと感じることが多くなったものの、オートクルーズの加減速の仕方や、先行車の認識精度の確かさ、そして作動のわかりやすさによる安心感においては、まだアイサイトに一日の長を感じる部分は少なくありません。

 機械ではなく、運転の上手いベテランドライバーがアクセル&ブレーキ操作をしてくれているかのような自然なフィーリングは、レベルが高いと感じました。おかげで東京から箱根方面程度の走行は、あっという間に過ぎ去ったのでありました。

スポーティな走りを楽しむと燃費が悪化する!?

●ワインディング路
走行距離:40km
実燃費:6.3km/L

 小田原厚木道路からターンパイクに接続するポイントで燃費計をリセット。ややキツ目の登り勾配の山道を、ゆっくりしたペースで登る区間の燃費は、6km/L台の前半から7km/L台を記録しました。

 アップダウンやRが大きめのカーブが連続する区間では、SIドライブは「S」モード、ミッションはマニュアルモードを選択し、クルマ好きのドライバーが、十分な安全マージンを確保しながら走りを楽しむ際の運転モードを想定しながら走行しています。

 遠慮なく動力性能を発揮させると、燃費は6km/Lを下回ることもありましたが、最高出力を発生する5000回転前後にタコメーターの針を釘付けにした走りはなかなか痛快です。

 峠道で積極的にパワーを発揮させる走りにトライすると、最高出力170馬力という数値よりもパワフルに感じられました。

 レヴォーグの1.6リッター車の特徴として、常用域でアクセルペダルの反応がやや過敏すぎると評されることがありますが、峠道など動力性能を活発に発揮させたい状況では、その過敏さが良いほうに作用して、パワーフィールにメリハリが得られるのでした。

 シャシのフィーリングには、完熟を極めた最終モデルならではの完成度の高さを感じさせます。

 新世代プラットフォームをベースとした最新モデルと比較すると、ステアリングを切ってから横Gが発生するまでの時間と、その後ロールが深まってからリアタイヤが踏ん張ろうとするまでの時間がわずかに長く感じられるものの、クルマ全体のすべての動きがドライバーの操作にシンクロする感覚は十分得られます。

 トップグレードのSTIスポーツであれば、もうワンランク上のステアリングの切れ味が得られるので、スポーツ性を重視する人はGT-S系よりSTIスポーツがオススメとなります。

 さらに、全グレードとも2リッター車になるとAWDシステムがVTD-AWDとなり、前後の駆動配分がやや後輪寄り(前45:後55)となるため、旋回時のフィーリングはよりシャープなものになります。

 レヴォーグでなるべく高いスポーツ性を味わいたいなら「STIスポーツの2リッター」を選んで間違いないでしょう。

●一般道
走行距離:20km
実燃費:12.9km/L

 東京方面への帰路は、東名高速から圏央道へ向かいました。下り勾配区間で17km/Lから18km/Lを記録するも、平坦路で100km/hを超えると燃費の伸びは鈍ります。

 交通の流れに合わせてやや速めのペースで走る区間が多かったこと、そして峠道で気持ち良く感じたエンジンのフィーリングを高速巡航時にも積極的に味わいたくなったという欲望に負け、エコドライブの意識が薄れたこともあり、帰路の高速区間は16.5km/Lにとどまりました。

 その後高速を降り、西東京エリアの一般道を20kmほど走行した区間では12.9km/Lを記録。比較的道は空いており、交通の流れはスムーズだったことを思うと、もう少し伸びて欲しかったところです。

 また、ストップ&ゴーの頻度が高まる一般道では、常用域でのアクセル反応の過敏さが少し気になりました。

 丁寧なアクセルワークを心がければ問題ないものの、雑なアクセルワークをおこなうと、低速トルクの盛り上がりがやや急激なものに感じられます。

 この点においては、初期型から最終型にいたるまでほとんど変わらなかったので、メリハリの強さを感じさせる特性として意図的に残されたのでしょう。

 多少、好き嫌いが分かれる部分ですが、1.6リッター車を買ったユーザーから不満として指摘されることは少なかった模様です。

※ ※ ※

 現代の基準からすると、レヴォーグ1.6リッター実燃費は優秀とはいい難い結果となりましたが、車重1560kgのAWD車であるということと、峠道で気持ち良さを満喫できたメリハリの効いたパワーフィールの痛快さを思えば、個人的には「許せる」範囲にあるとの見解です。

 国産ステーションワゴンの選択肢が少なくなったいま、レヴォーグには燃費の悪さを補ってあまりある魅力が備わっているといえます。

 燃費の悪さがネックといわれるスバル車も、世代が進むごとに着実に実燃費は良くなってきましたが、この先の燃費規制への対応をどう克服するのかが課題となります。次期レヴォーグでは、燃費性能がどれだけ向上するのか大いに注目です。