トヨタは2020年5月24日にテレビゲームを用いたバーチャルレース「e-ニュルブルクリンクレース」を同社の公式YouTubeチャンネルでライブ配信しました。レースにはプロのレーシングドライバーのほか、トヨタの豊田章男社長も参戦。大いに盛り上がりました。しかし、なぜ自動車メーカーの公式YouTubeチャンネルで、テレビゲーム上でおこなうレースの中継がおこなわれたのでしょうか。

トヨタが生配信した「e-ニュルブルクリンクレース」 豪華ドライバー陣が多数参戦!

 トヨタは、2020年5月24日に「e-ニュルブルクリンクレース」をトヨタガズーレーシング(以下、TGR)公式YouTubeチェンネルでライブ配信しました。

 けっこう面白かった。そう思った、レース関係者、自動車業界関係者、そしてユーザーが多かったと思います。

 しかし、なぜ自動車メーカーの公式YouTubeチャンネルで、テレビゲーム上でおこなうレースのインターネット中継がおこなわれたのでしょうか。

 今回の企画の背景として、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年5月23日から24日に開催予定だった第48回ニュルブルクリンク24時間レースが9月に延期されたことがあります。

 トヨタはニュルブルクリンク24時間レースに、マシン制作とメカニック・エンジニアなど社員が参加するかたちで2007年から13年連続で参戦して来ました。しかし、「(社会情勢によって)マシン(レクサスLC)の開発が間に合わない」(脇阪寿一氏)として、2020年の参戦を断念しました。

 そうしたなか、モータースポーツファンへのサービスとしてオンラインレースが企画されたのです。

 使用したのは、トヨタが4月17日に開設した、プレイステーション4用ドライビングシミュレーターゲーム「グランツーリスモSPORT」を使った「eモータースポーツスタジオ・サポ―テッドバイTGR」です。

 参加者は、TGRから石浦宏明選手、佐々木雅弘選手、大嶋和也選手、蒲生尚弥選手。スバルSTIから井口卓人選手、山内英輝選手。レーシングプロジェクトバンドウから吉本大樹選手、そしてKONDOレーシングから松田次生選手と高星明誠選手が参加。マシンは、トヨタ「GRスープラ」、日産「GT-R」、そしてスバル「WRX」です。

 解説は、TGRの脇阪寿一氏、STIの松田晃司氏、レーシングプロジェクトバンドウの坂東正敬氏、さらにゲストにSTI総監督の辰己英治氏という、ニュルブルクリンクを知り尽くしたメンバーが揃いました。

 冒頭、参加者へのインタビューなどを通じて、ニュルブルクリンク24時間レースへの思いが語られました。

 そのなかで、STIの辰己総監督から「(社会情勢を考慮し)スポンサーなど関係者と協議し、もう少し待ってから判断しようかという状況です」と、2020年の参戦に関する本音が漏れました。

 サプライズとして、TGR脇阪氏のスマホにモリゾウ選手(豊田章男トヨタ社長)から電話があり、その後に電話をつないだKONDOレーシングの近藤真彦監督とモリゾウ選手とのあいだで、参戦時の現地での裏話が披露されるひと幕もありました。

特別ルールが設けられたレースは白熱した展開に

 今回のレースは、さすがに24時間ではなく、1時間のスプリントレースという設定。ドライバー交換はなく、4チーム9人のドライバーが同時に走行しました。

 各人のプレイステーションへの慣れの差を考慮し、スリップストリームとブーストがもっとも効くセッティングとしています。

 また、特別ルールとして2周から3周に1度、ピットインが義務付けられ、その際に3年間のドイツ在住経験がある坂東氏からさまざまな質問が出され、ドライバーはそれに答えなければなりません。

 こうした設定を聞くと、「余興っぽくなるのでは?」と、レース前に少し不安になりました。ところがレースは、耐久レースである通常のニュルブルクリンク24時間レースでは想定できないような、大バトルの連続。

 ドライバーたちも「ニュル(ニュルブルクリンク24時間レース)では(耐久性を重んじるため)マシンのポテンシャル100%で走行することがないので、これまでにない体験だ」とか「まるで本番レースのように汗をかく」との感想が出るほど、真剣にゲームに取組みました。

 結果、皆がニュルブルクリンクをよく知っているので、タイム差が少なくバトルが激しくなったのです。

 また、ニュルブルクリンクという過酷なコース設定のなか、マシンの挙動が綺麗に再現されており、なおかつ走行中のカメラアングルが素晴らしい。

 筆者(桃田健史)は、ニュルブルクリンク24時間レースの現地取材、そしてさまざまな量産車でニュルブルクリンク北コースを走行した経験がありますが、今回のオンラインレースに、まるで本物のレースを見ているような雰囲気を感じました。

 ニュルブルクリンクは1周約5kmのグランプリコースのほか、1周約25kmで高低差が約300mに及ぶノルトシュライフェ(北コース)が世界でもっとも過酷なサーキットとして知られています。

 1980年代からは日本のタイヤメーカー、1990年代からはトヨタやスバルなど日本の自動車メーカー各社が、北コースでの量産開発をおこなうようになりました。

 ニュルブルクリンク24時間レースは、レギュレーションが量産車に近いため、欧州メーカーはもとより、2000年代以降は日本からのメーカーとプライベートチームの参戦が増えていきました。

 レース終盤、ニュル参戦経験があるモリゾウ選手がGRスープラで飛び入り参加。「まるでニュルを実際に走っている感じで、必死で走った」と、レーシングドライバーたちに交じってバトルをさらに盛り上げました。

 eモータースポーツでは、ゲームのプロがおこなう質が高いレースがある一方、プロレーサーによるレースは余興っぽさが優先する傾向があると思っていました。

 今回のeニュルブルクリンクレース、そうした概念が変わるような良い企画だったのではないでしょうか。