トヨタの人気SUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車が追加設定されました。これまでラインナップされていたハイブリッド車やガソリン車とはどこが違うのでしょうか。3つのモデルを比較します。

プラグインハイブリッド搭載の新型RAV4 PHV登場

 トヨタ「RAV4」に、新たにプラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が追加されました。

 これによりRAV4には、ガソリン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドと3つのパワートレインがラインナップされることになります。

 それぞれの特徴とは、どのようなものなのでしょうか。3つのモデルを比較します。

 新型RAV4 PHVは、トヨタのPHVモデルとして「プリウスPHV」に次ぐ第2弾となります。

 プリウスPHVはエコなイメージで、リアに装着される「PHV」のエンブレムは青が用いられていますが、新型RAV4ではロゴを赤とすることでスポーティなイメージを付与。

 新型RAV4 PHVから「プラグインハイブリッドの概念を変える」という想いが込められているといいます。

 RAV4の最上級モデルに位置づけられているPHVには、専用デザインが与えられました。

 外観は、専用メッシュグリルやメッキやピアノブラック加飾が施されるほか、縦型LEDフォグランプが装着されるなど、低重心で踏ん張り感のあるスポーティさを強調しています。

 新意匠の切削光輝19インチアルミホイールは、スポークとサイドのブラック塗装が組み合わせ、洗練されたデザインで足元を引き締めました。

 ボディカラーにおいては、PHV専用の「エモーショナルレッドII」を含む全6色を設定するとともに、「ブラックトーン」として、ボディ下部やルーフ、ドアミラーをブラックでコーディネイトする2トーンカラーもラインナップされています(全5色)。

 内装は、天井やピラーなどをブラックで統一。ドアトリムやシート、ハンドルなど随所にレッドステッチを施してスポーティな装いとしました。

 ハイブリッド車およびガソリン車の外観は、SUVとしてのタフさと都会にも似合う洗練さを併せ持つデザインです。

 さらに、ガソリン車の「アドベンチャー」グレードは、ワイルドさを強調したスタイルで、専用フロントグリルとフロントスキッドプレート、ボディのリフトアップ感を強める専用フロントバンパーとフロントフォグランプベゼルを装備。

 専用デザインの19インチアルミホイールや、大型化したホイールアーチモールによって足回りの力強さを強調するなど、オフロードイメージの強化を図りました。

 また、アドベンチャーのボディカラーは、新規開発した専用色の「アーバンカーキ」を含む全8色を用意。ルーフ用の新規開発色アッシュグレーメタリックを組み合わせたツートーンカラー全4色を選択することができます。

PHVはパワフルでスポーツカー並みの加速力なのにエコ

 パワートレインでは、新型RAV4 PHVに新開発のプラグインハイブリッドシステム「THS II プラグイン」を採用。2.5リッターダイナミックフォースエンジンと組み合わせました。

 フロントモーターとインバーターを高出力化し、大容量で高出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、システム最高出力306馬力、0-100km/h加速は6.0秒と、スポーティで力強い走りが可能となっています。

 EVモードでの走行距離は、クラストップレベルの95kmを達成。ハイブリッド燃費は22.2km/Lで、1300km以上の巡行距離を実現するなど、優れた環境性能も両立しました。

 RAV4 ハイブリッドのパワートレインは、リダクション機構付きの「THS II」と2.5リッターダイナミックフォースエンジンを組み合わせ、システム出力は2WDが218馬力、4WDが222馬力です。

 小型・軽量で高効率のハイブリッドシステムを搭載することで、優れた動力性能と、WLTCモード燃費21.4km/L(2WD)・20.6km/L(4WD)という低燃費を実現しました。

 ガソリン車のパワートレインは、直列4気筒直噴エンジンの2リッターダイナミックフォースエンジン(171馬力)を搭載。ガソリン車においても、高い動力性能と低燃費性能を兼ね備えています。

 PHVは「E-Four(電気式4WDシステム)」のみ、ハイブリッド車は2WDとE-Fourという駆動方式が用意されています。

 E-Fourは、後輪の最大トルクを増加させるとともに、前後輪トルク配分を100:0から最大20:80まで変更可能な新制御を採用。

 コーナリング中の前後輪トルク配分を最適に制御し、操縦安定性を高めたほか、後輪のトルクを上げたことで、降雪時や雨天時における登坂発進時の安心感も向上しました。

 ガソリン車は2WDと4WDがあり、4WDは新開発の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」と「ダイナミックコントロール4WD」の2種類が用意されています。

 世界初搭載となる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」と、4WD走行が不要と判断したときに、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離す「ディスコネクト機構」を採用。高い走破性と操縦安定性に加え、燃費向上を両立しました。

「ダイナミックコントロール4WD」は、前輪駆動状態と4輪駆動状態を自動的に電子制御し、ドライ路面でも滑りやすい路面でも安定した走行を実現しています。

※ ※ ※

 価格(消費税込)は、新型RAV4 PHVが469万円から539万円。ハイブリッド車は326万1500円から388万8500円、ガソリン車は265万6500円から341万円です。

 2019年4月にフルモデルチェンジしたRAV4は、2019年度(2019年4月から2020年3月)に7万1539台を販売し、同期間でのSUVトップの販売実績となり、ヒットモデルに躍り出ました。

 ガソリン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドと3つのパワートレインを用意する国産SUVは、RAV4以外にありません。

 ユーザーのニーズに合わせて多様なモデルを揃えることで、RAV4人気に拍車がかかりそうです。