ソフトバンク出身の佐藤国亮氏により、2013年に設立されたスタートアップ企業、ココアモーターズが13インチノートPCサイズの「持ち歩けるクルマ」を発売しました。

ハンズフリー操作で、降りると足元で自動停止

 ソフトバンク出身の佐藤国亮氏が2013年に設立したスタートアップ企業「ココアモーターズ」は2020年6月9日、ノートパソコン感覚で持ち歩けるクルマ「WALKCAR(ウォーカー)」の販売を開始しました。

 ウォーカーは、日本で発明された、持ち歩けるクルマです。

 大きさは215mm×346mm×74mm(縦・横・高さ)の13インチノートPCサイズで、携帯性に加え、安全性にとっても最適な形状となっています。

 地面からわずか74mmの車高と、4輪かつフラットな搭乗面は乗り降りしやすく、とっさの場面でも前後左右に安全に降りることが可能です。

 また、搭乗面は自己修復塗料コーティングされており、傷がつきにくいだけでなくグリップ力を向上させるなど、安定走行を可能としました。

 車体重量は2.9kgで、フレームには超軽量でしなやかな走りを実現するカーボン素材を採用。後輪フレームには、零戦の主翼にも使用された超超ジュラルミン合金が使われています。

 さらに、動力には世界最小インホイールモーターを新開発。

 溶接接合で完全に一体化されたボディは、ねじ類のスペースを削減し、コイルのスペースを極限まで最大化したことで、超小型サイズで自転車並みの時速16km、10度の登り坂をパワフルに登るトルク性能を実現しまた。

 操作方法はハンズフリー操作が採用されており、搭乗面に内蔵された4つのセンサーを用いることで、ハンドルやリモコンを必要とせずに加速・減速・曲がるなどの動作を、重心移動を基本とした操作でおこなうことができます。

 また、充電方法は家庭用コンセントの100Vから240V・50/60Hz。満充電にかかる時間は60分です。

 最大積載重量は80kg、最小積載重量は30kgのため、平均的な小学校中学年の子ども以上が乗れる仕様となっていますが、日本では道路交通法で原動機付自転車に分類されるため、所定の保安装備を備え、ナンバーを取得しなれば公道走行はできません。

 ココアモーターズの公式オンラインショップからのみ購入可能で、価格(消費税込)は19万8000円です。