ボルボ・カー・ジャパンは2020年6月16日、フラッグシップSUV「XC90」の48Vハイブリッドモデル特別限定車「XC90 B5 AWDテイラードウール・エディション」を15台限定で発売した。

ボルボの新しい価値観である「サステナブル・スウェディッシュ・ラグジュアリー」を表現

 2020年6月16日ボルボ・カー・ジャパンは、フラッグシップSUV「XC90」に特別限定車「XC90 B5 AWDテイラードウール・エディション」を追加し、15台限定での販売を開始した。

 XC90 B5 AWDテイラードウール・エディションは、ボルボ初となる新開発48Vハイブリッドパワートレイン「B5」を搭載した「XC90 B5 AWDモーメント」をベースに、ウールがブレンドされた「テイラードウールブレンド・シート」をはじめとした、「ブラックアッシュ・ウッドパネル」や「専用20インチアルミホイール」、「チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラスサンルーフ」などの人気オプションが特別装備されたモデルだ。

 新採用のテイラードウールブレンド・シートは、ウール30%とリサイクルポリエステル素材70%で作られた上質なテキスタイル布地が用いられた、最上級のファブリックシートである。

 ボルボ・カーズは環境への影響を最小限に抑えることを目標としており、2040年までに気候のバランスを崩さないクライメートニュートラルな製造業となることを目指すなど、意欲的なサステナビリティ・プログラムを掲げており、このリサイクル素材を含む新たなシート素材の開発と持続可能な製造アプローチは、ボルボの新しい価値観である“サステナブル・スウェディッシュ・ラグジュアリー”を表現しているのだ。

 また、限定車に搭載される新開発のB5パワートレインは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電することで、エンジンの始動や動力補助をおこなうハイブリッドシステムを搭載。スターターモーターに代わりISGMを使ってエンジンの始動をおこなうことで、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減を実現している。

 さらにエンジン本体にも大幅な改良が施され、気筒休止機構の採用もあいまって、より上質感のある走行性能と実用域での燃費を向上させた。

 先進安全および運転支援機能については、他の新世代ボルボ車と同様に、「対向車対応機能」や「歩行者・サイクリスト検知機能」、「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」などを備える「City Safety(衝突回避・被害軽減ブレーキ・システム)」をはじめ、「全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」、「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」、「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)」、「ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避機能)」、「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」など16種類以上の先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」が標準装備されている。

 XC90 B5 AWDテイラードウール・エディションの価格(消費税込)は896万円。ボディーカラーは、ザヴィルグレーメタリック(5台)とバーチライトメタリック(10台)の2色設定で、限定15台の販売となる。

※ ※ ※

 XC90 B5 AWDテイラードウール・エディションの特別仕様

●カラーコンビネーション2種(サヴィルグレーメタリック・バーチライトメタリック)
●クライメート・パッケージ(リアドアウインドー・サンブラインド、ステアリングホイール・ヒーター、リア2列目・シートヒーター)
●チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフ
●harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム
●ブラックアッシュ・ウッド・パネル
●テイラードウールブレンド・スポーツシート
●専用20インチ・アルミホイール 5マルチスポーク9.0J×20ダイヤモンドカット/マットグラファイト275/45R20(フェンダーエクステンション・ワイドタイプ装備)