アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツクーペ「TT クーペ」をベースに、内外装の機能や装備面を充実させた限定モデル「TT クーペ S line コンペティション」を設定し、2020年6月16日より販売を開始した。

クワトロ40周年を記念した150台の限定モデル

 アウディ ジャパンは2020年6月16日、「TT クーペ」をベースに内外装の機能や装備面を充実させた限定モデル「TT クーペ S line コンペティション」の販売を開始した。

 2020年は、1980年にデビューしたスポーツクーペ「クワトロ」の40周年にあたる年。この限定モデルはそれを記念し、クワトロ モデルである「TT クーペ 45 TFSI クワトロ」がベースとなっている。

 2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し、230ps/370Nmという高出力を発揮。余裕ある優れたドライビングフィールと高い環境性能を両立するモデルだ。

 TT クーペ S line コンペティションは、よりスポーティかつ個性的に仕上げられた限定モデルとなっている。

 本来はオプション装備である「S lineパッケージ」(S lineバンパー、ラジエターグリル、リヤディフューザー、ドアシルトリムS lineロゴ、S lineエクステリアロゴ、S lineスポーツサスペンション、Sスポーツシートなど)をはじめ、「コンフォートパッケージ」(シートヒーター、センターアームレスト、アウディサイドアシスト、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラ、アウディホールドアシスト、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア)や、「ブラックスタイリングパッケージ」を装着。これらに加えて、マトリクスLEDヘッドライトや、プライバシーガラスなど、さまざまな人気アイテムが標準装備されているのだ。

 さらに特別装備として、エクステリアにはRSリヤスポイラーやアンスラサイトブラックのアウディ スポーツ製5アームポリゴンデザイン19インチアルミホイールを採用。カラードブレーキキャリパー(レッド)やブラックテールパイプが装備されている。

 インテリアでは、ドアアームレストやセンターコンソールがレザー仕様となり、ボディカラーによって、レッドまたはブルーのコントラストステッチが配される。

 ボディカラーはタンゴレッドメタリック、ターボブルー、グレイシアホワイトメタリックの3色設定。価格(消費税込)は689万円で、150台限定での販売だ。