高速道路(自動車専用道路)といえば、速度域が高い道路という印象があり、渋滞以外では停止することが無いと思われています。しかし、全国各地には高速道路上に信号機が設置され、一般道と同じく赤信号時には停止しなければいけません。なぜ、高速道路に信号機が設置されているのでしょうか。

やむを得ず、高速道路に信号を設置?

 高速道路や自動車専用道路では、基本的に横断歩道や信号機が設置されていることは少ないです。稀にトンネル内のトラブルを知らせる信号機が存在することがありますが、それ以外の場合ではどのような理由で信号機が設置されるのでしょうか。

 首都高速道路の美女木ジャンクション(JCT)には、本線上に一般道と同様の交差点と信号が設置されています。

 美女木JCTは埼玉県戸田市にあり、南は都心に向かう「首都高速5号池袋線」、北にはさいたま新都心駅に向かう「首都高速埼玉大宮線」が伸びています。さらに、東西には「東京外環自動車道」がつながり、東側は千葉県市川市、西側は東京都練馬区まで伸びています。

 信号は、これら3つの道路が交わる交差点に設置され、見た目は一般道と同じ平面交差構造です。

 信号機が設置されている理由について、首都高速道路株式会社は以下のように話しています。

「美女木JCTは、建設時において当該地域の区画整理事業がほぼ完了していたため、追加用地買収のない、現在の平面交差による接続となりました。

 なお、信号制御については、交通管理者(警察など)と調整のうえ、平面交差を通過する車輛の安全性を踏まえ、公安委員会が信号機を設置しています」

※ ※ ※

 区画整理事業は「土地区画整理事業」とも呼ばれ、「都市計画区域内の土地について公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るためにおこなわれる、土地の区画形質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業」とされます。

 美女木JCTは1993年に開通しましたが、建設時には既に埼玉県戸田市などの地域ではこの区画整理がほぼ完了。また、1992年には外環道も埼玉県の和光インターチェンジ(IC)から三郷JCT区間が開通していました。

 ふたつの高速道路をつなぐJCTには、通常は上り線と下り線に分それぞれ岐路と合流路が必要です。美女木JCTの周囲は区画整理が完了し、多数の住宅が広がっていたことから、分岐路と合流路を新たに建設する追加の用地買収が困難だとされました。

 そこで、新たな用地を買収することなく首都高と外環道を結ぶ方法として、一般道と同様の信号などの構造を持つ、平面交差点がつくられたのです。

 その結果、美女木JCTは最上層に首都高、その下に信号のある平面交差点、最下層に外環道を持つ構造となりました。

 ちなみに、円形の分岐路と合流路が無いことから、ほかの高速道路のJCTよりも小型化できたとのことです。

まだまだある! 高速道路に信号が設置されている場所

 首都高速道路には、美女木JCTのほかにも「箱崎ロータリー」に信号が存在します。

 箱崎ロータリーは、首都高速6号向島線と9号深川線が分岐する箱崎JCTの真下に設けられたロータリー(環状)道路です。

 首都高速道路株式会社によれば、信号は「浜町入口と箱崎ロータリーとの合流部」と「9号線上りと箱崎出口のロータリー合流部分」にあるとされていますが、設置理由について以下のように話します。

「箱崎ロータリーについては、昭和55年(1980年)に9号線が開通ということもあり、浜町入口と9号分岐部間約60mの折り込み区間の安全対策のため交通管理者(警察など)と調整のうえ、信号処理としています」

 箱崎JCTおよび箱崎ロータリーは、6号線と9号線の分岐に加え、浜町と箱崎というふたつの出入口があり、合流や出入口が複雑に絡み合っています。

 また、「浜町入口」「9号線下り及び上り」「箱崎出口」の手前には、「6号線から箱崎ロータリーへの分岐路」「箱崎パーキングエリア(PA)」の出入口、「ロータリーから6号線上りへの分岐路」、さらにバス用の「シティターミナル専用入口」もあります。

 合流部分は一時的に3車線となることから、首都高では一般道と同様の信号処理が必要な場合もあるといえるでしょう。

 一方で、安全が確保された結果、信号が撤去された例もあります。

 同じ首都高速道路上にあり、1963年に開通した東京都中央区の江戸橋JCTには1991年まで信号が存在していました。

 1969年に1号上野線、1971年に6号線がそれぞれ開通し、江戸橋JCTと接続されましたが、首都高速道路によれば、6号線開通時に1号線上りや都心環状線外回りと合流が近接。

 さらに前方にある都心環状線宝町出口があるため、交通管理者との調整によって安全性向上及び円滑化対策が取られたとされています。

 その結果、1号線と6号線合流部の本線上に公安委員会によって信号が設置されました。

 しかし、渋滞対策として宝町付近を3車線に拡幅したことや、1号線上りと都心環状線外回りの渡り線を2車線から1車線へ変更したことにより、安全性を確保しつつ交通の円滑性が改善。その後、交通管理者との調整により1991年に信号が撤去されました。

※ ※ ※

 首都高には、美女木JCTや箱崎ロータリーのほかにも、信号が設置されている場所として首都高速中央環状線の山手トンネル入口があります。

 これは、トンネル内の異常を知らせる信号とされ、首都高湾岸線の川崎航路トンネルや、東京アクアライントンネルなど、高速道路のトンネル入口に同様の信号が設置されています。

 同様の例は九州にも見られ、例えば九州自動車道の福智山トンネルにも信号が設置されています。

 全長は約3.6kmで、福岡県北九州市小倉南区と八幡東区、八幡西区にまたがっています。また、すぐそばには全長約2.2kmの金剛山トンネルもあり、このふたつのトンネルはそれぞれ入口手前にトンネル用信号機が設置されています。

 高速道路上の信号は、その場所を走り慣れているドライバーでなければ見慣れないものですが、交通の円滑化や安全確保のために設置されているのです。