新型コロナの影響を受け延期されていたF1の2020年シーズン開幕が、2020年7月5日に決まりました。そして、同じく新型コロナの影響を受けたホンダ「シビックタイプR」の限定モデルも、発売に向けて新たな動きを見せています。ホンダのレーシングスピリッツを象徴するこれらのトピックには、どのような繋がりがあるのでしょうか。

ホンダF1はPU「スペック1.1」で2020年シーズンをスタート

 2020年シーズンのF1開幕と、ホンダ「シビックタイプR」限定モデルのティザー動画公開。ともに新型コロナウイルスの影響を受けたこれらの出来事が、まるで同調するかのようにどちらも動きはじめました。

 ともに仕切り直して「さあ本番」といったところでしょうか。F1活動と量産本格スポーツモデルという、ホンダのレーシングスピリッツを象徴するこれらのトピックには、どのような繋がりがあるのでしょうか。

 まずは、F1開幕についてです。欧州オーストリアGPで、ついに2020シーズンが2020年7月5日に開幕します。オーストリアGPといえば、ホンダが2019年シーズンに実に13年ぶりの優勝を果たした験のいい場所です。

 2020年シーズンもレッドブル、また昨年のトロロッソから改名したアルファタウリの2チーム4台体制で参戦します。

 本田技術研究所 HRD Sakuraセンター長で、ホンダF1 PU(パワーユニット:エンジンとエネルギー回生システムを組み合わせた動力源)開発総責任者の浅木泰昭氏は6月22日、シーズン開幕を控えて報道陣向けにオンラインでおこなった「ホンダF1 2020年シーズンプレビュー」のなかで、「シーズンチャンピオンを狙う。そのなかで、(2019年シーズンに接戦が多かった)メルセデスと互角の戦いを勝ち抜きたい」と抱負を述べました。

 F1 2020年シーズンは3月のオーストラリアGP開幕直前に、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮してレースが急遽キャンセルになって以来、第10戦までが中止、または延期となる異例の状況です。

 6月中旬時点で、オーストリアGP以降の8戦が欧州ラウンドとしての開催が決定。1987年以来毎年開催されてきた日本GPは中止になるなど、シーズン後半の開催日程は未定となっています。

 当初、ホンダは2020シーズンを通じて、「スペック1」から「スペック3」の3タイプを投入する予定でしたが、開幕延期となり、初戦オーストリアでは、ホンダが「スペック1.1」と呼ぶ仕様を投入します。

 2019年の場合、「標高が高い地形なので、ホンダジェットの技術を応用した我々のターボ性能が活きた」と振り返ります。

 こうしたF1での技術は、量産車にどのようにフィードバックされているのでしょうか。

 浅木氏は、まずは電動化技術を挙げました。現在のF1レギュレーションでは、量産車のようにエンジンのクランク軸上にあるモーターによるアシストをおこなう、「MGU-K」の技術がハイブリッド車やEVなどのモーター、そして電池の技術に役立つと指摘します。

 さらに、排気エネルギーを活用する「MGU-H」から、量産車のターボにフィードバックさせる技術があるともいいます。

 このほかにも、燃料系では量産車向けにはコストがかかり過ぎてできないことをF1でやっている、とするも、逆に量産車とは技術とコストでの乖離があるため、具体的なフィードバックは簡単ではないという見方も示しました。

「ホンダにとって、レースはDNA」 浅木氏が語る理由とは

 限定モデルの「シビックタイプR リミテッドエディション」も発売に向け準備が進んでいます。

 ホンダは2020年2月20日に、シビックタイプR リミテッドエディションの専用サイトを公開しました。日本向けは限定200台です。

 サンライトイエローII&ブラックの専用外装色と、BBS製20インチ鍛造ホイール、ブレンボ製フローティングタイプの2ピースディスクブレーキなど、仕様の一部を2020年2月20日時点で明らかにするも、その時点で「今春(2020年春)」とした詳しい仕様や販売方法については新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、公表が大きく遅れていました。

 本来であれば3月のF1開幕もあり、ホンダのレーシングスピリッツとタイプRがマーケティング戦略上、うまくリンクするはずだったに違いありません。

 そうしたなか、6月19日にホンダの公式SNSで、鈴鹿サーキットをイメージとしてタイムアタックするシビックタイプR リミテッドエディションのティザー動画が流れました。

 シビックタイプR リミテッドエディションの詳細は、もうじき明らかになります。

※ ※ ※

 タイプRと直結する話ではないかもしれませんが、今回、F1プレゼンテーションのなかで印象的なことがありました。

 前出の浅木氏は自身のホンダ人生を振り返りながら、しみじみと「ホンダにとって、レースはDNA」と表現したのです。

 若くしてF1第二期の立ち上げに関わり、その後、量産車では「オデッセイ」、さらに「N-BOX」を世に送り出し、再びF1の世界に戻ったという、浅木氏のホンダ人生。

 こうした、究極のレースと、日常的に使われる量産車という、いわば両極端のクルマ開発に携われることで、ホンダのエンジニアは大きく育つのだと指摘します。

「F1をゼロからやって勝てた」という自信が、浅木氏のエンジニアとしての太い軸になっているのだと感じました。

 ホンダは2020年4月から、本田技研工業(本社)と本田技術研究所(研究所)の体制が大きく変わり、量産車については本社と研究所の機能が完全に融合しました。

 そしてF1については、HRD SAKURAがパワーユニット本体の開発などをおこない、研究所内の先進パワーユニット・エネルギー研究所がターボ・コンプレッサー開発や燃料開発をおこなう体制です。

 F1のみならず、シビックタイプR リミテッドエディションに携わる各エンジニアも、ホンダエンジニアらしい幅広い経験と実績を持ちます。

 シビックタイプR リミテッドエディションの走りに、ホンダのレーシングスピリッツが注入されていることを大いに期待したいと思います。