かつて自動車税の改正により、3ナンバー車が爆発的に増えたことがあります。その時に各メーカーから2.5リッター車が続々と登場し、普及しました。そこで、パワフルかつスタイリッシュな2.5リッターセダンを5車種ピックアップして紹介します。

平成の時代に急増した2.5リッター車を振り返る

 1989年(平成元年)に自動車税の改正がおこなわれ、いわゆる5ナンバー車と3ナンバー車の間の税率引き上げ幅が縮小されました。

 改正以前は排気量1.5リッター超が3万9500円だったのに対し、3リッター以下は8万1500円と、4万円以上もの開きがあり、3ナンバー車は贅沢品という扱いでした。

 そして、改正後には1.5リッター超は同額でしたが、2リッター超2.5リッター以下が4万5000円、2.5リッター超3リッター以下が5万1000円と、大幅に減額され、排気量の区分も細分化されます。

 この改正によって1989年以降、2.5リッター車が各メーカーから続々と登場し、一気に普及しました。

 そこで、これまで販売された2.5リッター車のなかから、パワフルかつスタイリッシュなセダンを、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「ローレル 25クラブSターボ/25メダリストVターボ」

 1997年に発売された日産8代目「ローレル」は、主要コンポーネントを「スカイライン」と共有するミドルクラスセダンとしてデビュー。

 ラグジュアリーな「メダリスト」系とスポーティな「クラブS」系の2タイプがあり、双方に高性能グレード「25クラブSターボ/25メダリストVターボ」がラインナップされていました。

 搭載されたエンジンはスムーズな回転の吹け上がりが特徴の2.5リッター直列6気筒ターボ「RB25DET型」で、1998年モデルでは最高出力280馬力を発揮。

 ローレルはシックな外観でスカイラインほどの派手さはなく、それでいてパワフルなエンジンを搭載するギャップが印象的なモデルでした。

 いまでは貴重な直列6気筒エンジンのFR車ながら中古車は比較的安価で、チューニングカーのベースとしても人気があります。

●ホンダ「インスパイア/セイバー」

 1989年、ホンダは「アコード」が4代目にモデルチェンジするのを機に、上級車種として「アコードインスパイア」を発売します。

 そして1995年に登場した2代目はアコードの名が取れ、「インスパイア」と姉妹車「セイバー」として独立し、北米でもアキュラ「TL」として販売が開始されました。

 そして1998年に、インスパイア/セイバーは3代目にモデルチェンジされるのですが、この3代目は開発から生産に至るまで、すべて米国ホンダが主導したモデルであり、TLが日本仕様に仕立てられて輸入販売されました。

 ボディサイズは全長4840mm×全幅1780mm×全高1420mm、ホイールベース2745mmと当時としては大型で、搭載されたエンジンは225馬力を発揮する3.2リッターと200馬力2.5リッターのV型6気筒を設定。

 外観はアコードよりもスマートな印象で、低いボンネットのフロントフェイスからリアに至るまで、流れるようなラインが特徴的なデザインでした。

 その後、2003年に4代目の発売でセイバーが統合され、2007年に発売された5代目をもってインパイアは消滅してしまいます。

●スバル「レガシィB4 2.5GT S Package」

 1989年に発売されたスバル初代「レガシィ」は、高性能な水平対向エンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせたセダンとステーションワゴンとしてデビュー。

 スキーブーム、アウトドアレジャーブームという時代背景もあり、オールマイティに使える高速ランナーとして大ヒットします。

 そして、代を重ねて2009年に登場した5代目では、北米市場を意識して全長4730mm×全幅1780mm×全高1505mm(セダン)と大型化したことで、スポーティさよりも高級感のあるモデルとなっています。

 一方で、レガシィ伝統の高性能グレードも設定され、最高出力285馬力を発揮する2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンを搭載する「レガシィB4 2.5GT S Package」がラインナップされました。

 トランスミッションは6速MTと5速ATが設定され、上質なハイパフォーマンスセダンに仕立てられています。

 駆動方式はAWDで、走行モードが選択可能な「SI-DRIVE」を標準装備し、ビルシュタイン製ダンパーの採用と相まって、さまざまな路面状況でも安定した走りを実現。

 なお、2014年に発売された6代目では、全車2.5リッター自然吸気エンジンを搭載し、よりコンフォートな仕様となったため、ハイパワーなモデルはなくなり、さらにレガシィB4は2020年中には国内販売を終了する予定です。

ランエボ以上に派手なセダンとは!?

●三菱「ギャラン スーパーVR-4」

 現在、三菱は国内でセダンの販売から撤退していますが、かつては数多くのセダンをラインナップしており、なかでも「ギャラン」はハイスペックなグレードを設定してきたことで、「ランサーエボリューション」の誕生以前は、三菱を代表する高性能セダンでした。

 1987年に発売された6代目ギャランでは、最高出力205馬力を発揮する2リッター直列4気筒ターボエンジンに、フルタイム4WDを組み合わせた「VR-4」が初めて登場し、高性能さと迫力あるフロントフェイスが相まって人気となります。

 以降、VR-4はギャランシリーズのトップグレードとなり、1996年に発売された8代目では性能も大幅に向上。

 VR-4は最高出力280馬力を誇る2.5リッターV型6気筒ツインターボエンジンが搭載され、快適かつ迫力ある走りを実現しています。

 さらに1998年には、専用デザインのエアロパーツ、ラリーアート製スポーツマフラー、ハイグリップタイヤ、MOMO製本革巻ステアリングホイール、レカロ製バケットシートなどが装備された特別仕様車「スーパーVR-4」を発売。

 当時は、ランサーエボリューションよりもさらにアグレッシブな外観だったため、大いに話題となりました。

 なお、スーパーVR-4はかなりの希少車で、いまでは中古車市場に出てくることは滅多にありません。

●マツダ「マツダ6」

 今回紹介するクルマのなかで、「マツダ6」は唯一の現行モデルです。その歴史は、2002年に「カペラ」シリーズの後継として発売された初代「アテンザ」からはじまりました。

 アテンザは4ドアセダン、5ドアハッチバック、ステーションワゴンの3タイプをラインナップし、欧州市場を意識したスポーティさが特徴でした。

 2012年に登場した3代目は、マツダの新デザインテーマである「魂動」と、新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」を採用したフラッグシップモデルとなります。

 そして、2019年8月からはグローバルで車名を統一したことから、アテンザから「マツダ6」に改められました。

 ボディバリエーションはセダンとステーションワゴンで、ボディサイズは全長4865mm×全幅1840mm×全高1450mm(セダン)と大柄ながら、このサイズ感を活かした流麗かつワイド&ローなデザインが印象的です。

 パワーユニットは、最高出力156馬力の2リッター直列4気筒自然吸気、190馬力の2.5リッター直列4気筒自然吸気、230馬力の2.5リッター直列4気筒ターボ、そして190馬力を発揮する2.2リッター直列4気筒ターボディーゼルをラインナップ。

 さらに、ディーゼル車には6速ATに加え6速MTが用意されるなど、同クラスのセダンとの差別化を図っています。

 また、マツダ独自の車両姿勢制御技術である「Gベクタリング コントロール」や、「アダプティブLEDヘッドライト」、「スマートブレーキサポート」などの先進安全技術を標準装備。

 トップグレードの2.5リッターターボ車「25T Sパッケージ」の価格(消費税込)は431万7500円です。

※ ※ ※

 冒頭にある自動車税の改正と同時期に消費税の導入が始まり、物品税が廃止され、高額かつ大排気量のクルマほど恩恵があり、輸入車の普及が加速しました。

 ちょうどバブル景気という背景と円高傾向もあったため、平成初期は並行輸入も盛んにおこなわれたほどです。

 現在、一部のメーカーを除くと、輸入車は特別な存在ではありませんが、内外価格差は依然として残っているため、まだまだ贅沢なクルマという印象を抱く人も多いのではないでしょうか。