マツダは新型SUV「MX-30」の日本仕様を2020年7月31日に発表しました。すでに欧州市場では、EVモデルの先行受注を開始していますが、日本に導入されるのはガソリンエンジンをベースにしたマイルドハイブリッドモデルだといいます。なぜ、日本にはEVモデルよりも先にマイルドハイブリッドモデルが導入されるのでしょうか。

日本版MX-30はEVじゃない!? 新たなモデルを2020年秋に導入へ!

 マツダは、東京モーターショー2019にて電気自動車の「MX-30」(以下、MX-30EV)を世界初公開しましたが、日本市場にはマイルドハイブリッドモデルを2020年秋に導入することを明らかにしました。

 MX-30EVはすでに、欧州の各地域で予約受注が始まっており、2020年後半(英国2021年)に納車を開始する予定です。

 車両価格は、各国の助成金などにより異なりますが、英国では300万円台後半を予定。さらに、壁掛けの充電ステーションの販売(レンタル)も受け付けています。

 MX-30EVに採用されるマツダの新しい電気駆動技術「e-SKYACTIV」は、AC同期電動モーターと35.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。欧州仕様は最大システム出力143馬力、最大トルク265Nmの前輪駆動となり、最高速度は140km/hです。

 消費電力は19KWh/100km(WLTPを組み合わせ)により、航続距離は200kmを実現。ブレーキペダルを使用したときには、回生システムによって効率的に電力を回収する仕組みとなっています。

 一方で、日本市場にはマイルドハイブリッドモデルを導入するといい、搭載されるパワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID」を組み合わせた「e-SKYACTIV G」です。

 このマイルドハイブリッドシステムは、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現。また、MX-30EVは2020年度中にリース販売を開始する予定です。

 なぜ、EVとして世界初公開したMX-30にも関わらず、日本市場では先行してマイルドハイブリッドモデルを導入するのでしょうか。マツダは次のように話します。

「2018年に公表した長期戦略『サステイナブル“ZOOM-ZOOM”宣言2030』や東京モーターショー2019の世界初公開時にアナウンスしているとおり、マツダは国や地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略を実施しています。

 そのなかで、東京モーターショーで公開したMX-30はコンセプトモデルという意味もあり、今後の電動パワートレインの方向性としてEVモデルをお披露目しました。

 また、日本市場ではまだEVが普及するためのインフラ設備が充実していないこともあり、まずは日本市場に適したマイルドハイブリッドモデルを展開します」

※ ※ ※

 また、MX-30EVやマイルドハイブリッドモデルとは別に、MX-30に「ロータリーエンジン」が搭載される可能性があるといい、これは英国マツダが2020年4月6日に発表したマツダ100周年を祝うリリースで明かされています。

 ロータリーエンジンは、マツダが初めて量産化に成功したもので、シリンダー内でローター(回転子)を回して動力を得る内燃機関です。ローターの回転運動をそのまま伝達できるため、レシプロエンジンより振動や騒音が少なく、また構造もシンプルにできるため、小型で軽量という利点があります。

 今回、MX-30に採用される可能性があるロータリーエンジンは、発電用のエンジン(レンジエクステンダー)として搭載されるものです。

MX-30はどんな特徴がある? ドアは「RX-8」のような観音開き

 MX-30のデザインは、キーコンセプトとなる「魂動デザイン」が用いられ、不要な要素をすべて削り落とす美しさを反映した外観デザインが採用されました。

 特徴的なのは、マツダ「RX-8」のようにセンターピラーが無い観音開きの「フリースタイルドア」で、前席ドアは前方に82度開き、後席ドアは80度まで後方に開くことで、開放的で広々とした室内空間を提供します。

 MX-30のボディフレームは、ボディ本体とは異なるダークまたはシルバーのメタリック塗装が施されているほか、ルーフはブラックで重心の低さを強調。

 ボディサイズ(欧州仕様)は、全長4395mm×全幅2035mm(ドアミラー含む)×全高1555mm、ホイールベースは2655mm、最低地上高は130mmです。

 内装は、スタイリッシュで人間工学的に優れたドライバー中心のレイアウトとなり、前席には、シートバックを折り畳むと同時にシート全体を前方にスライドさせるワンタッチウォークインメカニズムが備わり、リアシートへスムーズな出入りが出来ます。

 センターコンソール部分は、7インチタッチスクリーンエアコンコントロールパネルが組み込まれているほか、ダッシュボードや周囲の内部コンポーネントから独立しており、前席の乗員に追加の収納スペースを提供します。

 なお、マツダのインターフェイスの「マツダコネクトシステム」は、Apple CarPlayおよびAndroid Autoを標準サポートし、USBを介してスマートフォンと繋げることが可能です。

 安全機能は、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を採用。また、万が一の事故時には衝突を感知して自動電源遮断システムを搭載しています。

※ ※ ※

 最近では、新型EVが続々と登場しています。2019年にはホンダ「ホンダe」や日産「アリア」がモーターショーでお披露目され、2020年には2台とも日本市場に導入予定となっています。

 現在、日産「リーフ」が月販平均2000台を販売していますが、今後各社のEVが普及することで、充電設備のインフラ不足やマナー問題などの課題解決が急速に進むかもしれません。