2020年8月19日に発表・発売されたトヨタ新型「ハイラックス」。同日には、そのハイラックスの世界観を際立たせるGRパーツも合わせて発売されました。新たに設定されるGRパーツとは、どのようなものなのでしょうか。

もっとタフなハイラックスに! GRパーツを設定へ

 トヨタ車のカスタマイズパーツやコンプリートカーを展開するトヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、2020年8月19日にマイナーチェンジされた新型「ハイラックス」の発売に伴いGRパーツのカスタマイズパーツを新たにラインナップしました。

 新型ハイラックスで設定されるGRパーツは、オフロードスタイルを極めるエアロパーツや加飾パーツ、走行性能を高める機能性パーツ、ハイラックスの世界観を際立たせる専用パーツをそれぞれ展開しています。

 エアロパーツには、マイナーチェンジでタフさが強調されたフロントフェイスをさらに際立たせる「フロントバンパーカバー」と「フロントアンダーカバー」を設定。「サイドステップ」や荷台部分に装着する「スポーツバー」も用意。

 さらに、ハイラックスの世界観を演出するために、「ドレスアップマフラー」や「マッドフラップ」もラインナップしています。

 機能性パーツとしては、「電動格納ステップ」が設定され、走行時と乗り降り時のステップ位置を変えることで機能性を重視したアイテムとなっています。

 もうひとつの機能性パーツである「GR パフォーマンスダンパー」は、フロントとリアに装着することで、走行中のボディの変形や不快なノイズ・振動を効果的に吸収し、非装着時とは別次元の快適な走りを実現。

 また、荷台の防犯性向上や雨よけとして活躍する「ハードトノカバー」やドアノブの内側に貼り付ける「GRドアハンドルプロテクター」、赤外線を軽減する「カットフィルム」、日よけの「GRサンシェード」、ドライブが楽しくなる上質なサウンドを演出するJBLのスピーカーセットが用意されています。

※ ※ ※

 外装を彩るエアロパーツとして、フロント(フロントパンパーカバー、フロントアンダーカバー)、サイド、スポーツバーの4種類をセットにした「スタイリングキット」は30万5800円で設定されています。

 そのデザインやボディサイドから見る者を圧倒するハイラックス。その存在感をさらに際立たせるGRパーツはハイラックス好きには堪らないアイテムかもしれません。