新型コロナ禍で、飲食物の宅配をおこなう自転車をよく見かけるようになりました。軽車両に分類される自転車は車道を基本的に走りますが、クルマと自転車は速度域が違うため、互いに危険を感じる光景を見かけることがあります。車道の真ん中を走っている自転車もまれに見かけるものの、ドライバーはどう対処するべきなのでしょうか。

道路交通法では、自転車は軽車両に分類される

 道路交通法で自転車は軽車両に分類されます。そのため、基本的に車道を走らなくてはなりませんが、クルマと自転車は速度域が違うため、互いに危険を感じる光景を見かけることがあります。

 さらに、混雑した道路で車道の真ん中を走る自転車をまれに見かけることもありますが、運転中にそのような自転車を見かけたら、どう対処するのがよいのでしょうか。

 まず、自転車が歩道を通行できる場合は、「普通自転車歩道通行可」といった道路標識などで指定された場合や、13歳未満の子供や70歳以上の高齢者、および身体の不自由な人が普通自転車を運転する場合、そして車道または交通の状況から見て、やむを得ない場合に限られます。

 これ以外の場合は、車道を走行することになりますが、車両通行帯のない1車線道路では左端を通行するルールとなっています。

 一方、車両通行帯がある道路では、やや事情が異なってきます。

 車両通行帯がある道路では、自転車は一番左側の車線(第一通行帯)を通行しなければならないと、道路交通法で決められています。しかし、1車線道路のように左側端を通行しなければならないとは決められていないのです。

 運転中にこのような状況を見かけた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。警視庁の交通相談コーナー担当者は、次のように話します。

「多通行帯道路の場合、第一通行帯で前方の真ん中を走る自転車を追い越したい場合は、右側に車線変更をおこない通常のクルマを追い越す際と同様の手順で追い越します。

 しかし、車線変更ができるかは道路の混雑状況にも左右されます。車線変更が難しい場合は、自転車の速度に合わせてついていくしかありません」

※ ※ ※

 一般道では、法定速度まで速度を出しやすいクルマと、乗る人の体力次第でトップスピードが変化する自転車では、走行中の速度も大きく差があります。

 しかし、道路の第一通行帯で自転車が走行しているのを後方のクルマが見かけた場合、クルマは安全に追い越すなどの対処法を取るしかないのが現状です。

路上スケボーは、利用者のモラルが問題?

 自転車と同じく車輪がついた乗りものに、「スケートボード」があります。自転車とは異なり、スケートボードは軽車両には該当しません。

 安全な場所で遊ぶ分には問題ありませんが、まれに車道の真ん中で遊ぶ人を見かけることもあります。車道でスケートボードで遊ぶことは、何らかの違反にあたるのでしょうか。

 道路交通法では、スケートボードの使用を制限する内容として、「交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。」を禁止する、と定められています。

「交通のひんぱんな道路」が指す交通量がどれほどなのかについては、車両や歩行者の数だけでなく、道幅なども関係してくるため、ケースバイケースといわれています。

 すなわち、スケートボードを車道で遊ぶことが、すべて違反行為にあたるわけではないということです。

 しかし、クルマや歩行者の通行が多い道路で遊ぶ行為について、「危険だ」という住人の声が行政に寄せられることもあるといいます。

 公表されているもののなかの一例としては、東京都港区へ寄せられた区民からの声として、田町駅周辺で平日夕方の道路が混雑する時間帯に、車道をスケートボードに乗って走行する光景が見られたことがあったといいます。

 港区の担当者は、車道でのスケートボード利用の実態について、次のように説明します。

「住民から寄せられる田町駅周辺のスケートボード関連の情報提供でいうと、とくに駅の東口周辺が多い印象がありました。

 東口から少し歩いた場所に、スケートボードを利用できる広場があり、その利用者の一部が車道でもスケートボードで走行してしまう人がいるのではないか、と想定しています。

 港区としては、今後も交通管理者である警視庁三田警察署と連携しながら、路上での危険行為などへの対策を強化してまいります」

※ ※ ※

 車道にはクルマだけでなくさまざまな乗り物が存在しますが、ドライバーの立場では、まずは事故を防ぐために注意深く走行することが重要です。