ダイハツのコンパクトハイトワゴン「トール」がマイナーチェンジしました。内外装のデザイン変更や、安全性・機能性が向上しています。

内外装のデザインを刷新した新型トール

 ダイハツのコンパクトハイトワゴン「トール」がマイナーチェンジし、2020年9月15日に発売されました。

 トールは、ダイハツが軽自動車で培ったノウハウを活かし、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」として2016年11月に発売。

 取り回しの良いコンパクトなボディサイズで5人乗ってもゆとりのある室内空間を実現したパッケージングや使い勝手の良さなどが好評を得ており、ダイハツの小型車販売の中核を担う主力車種へと成長しました。

 その結果、トヨタ(ルーミー・タンク)やスバル(ジャスティ)へのOEMも含めると約70万台を販売しています。

 今回のマイナーチェンジでは、「先進・洗練・進化」をテーマに、外観デザインが変更されました。

 標準モデルでは、フロントサイドの迫力を強めて、スポーティなスタイルに一新。新デザインのフロントバンパーとグリル、14インチホイールに加え、LEDヘッドランプが採用されました。

 カスタムモデルでは、ワイルド感を強めて堂々としたスタイルに変更。ADB(アダプティブドライビングビーム)採用のLEDヘッドランプやリアコンビネーションランプに新しいデザインを採用しています。

 内装は、標準モデルはブラウンに統一することで、落ち着いた雰囲気を演出。カスタムモデルはブラック基調にブルーのアクセントカラーを取り入れることで、先進感と質感を向上させました。

 また、標準モデル、カスタムモデルともに、シートの形状を見直し、座り心地とホールド性を高めています。

 ボディカラーは、新色として「コンパーノレッド」と「ターコイズブルーマイカメタリック」を追加。カスタムモデルでは、この2色をベースにブラックルーフを設定した2トーンカラーも用意しました。

 さらに、ダイハツ独自のスタイルとして「アナザースタイルパッケージ(プレミアム)」を設定。洗練されたメッキパーツやエアロパーツ、専用シートなどにより、個性を表現しました。

ダイハツ小型車初の電動パーキングブレーキ搭載

 今回のマイナーチェンジでは予防安全機能「スマートアシスト」が進化し、2020年6月に発売された軽自動車「タフト」から採用された新型ステレオカメラが新型トールにも搭載。

 衝突警報機能と衝突回避支援ブレーキ機能を、夜間歩行者検知および追従二輪車検知に対応させるとともに、検知距離、対応速度の向上を実現しています。

 また、ブレーキ制御付き誤発進抑制装置(前方・後方)や路側逸脱警報機能、ふらつき警報、標識認識機能に加え、カスタムグレードにはサイドビューランプとADB(アダプティブドライビングビーム)を全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)標準装備し、安全・安心を強化しました。

 さらに、新型トールは使い勝手も向上。日常のドライブを便利にする機能として、電動パーキングブレーキをダイハツの小型車として初搭載しています。

 また、ブレーキを踏んで停止したときにブレーキを保持し、アクセルを踏むと自動で解除する「オートブレーキホールド機能」をカスタムグレードに標準搭載しました。

 9インチディスプレイオーディオをメーカーオプションとして設定するとともに、センタークラスターにUBSソケット追加や助手席アッパートレイをティッシュボックスが収納できるサイズに拡大するなど、車内の快適性も上がっています。

 加えて、乗り降りのしやすさも向上。ドアロックまでの待ち時間を解消するタッチ&ゴーロック機能や、近づくだけでドアロックを解除する「ウェルカムドアロック」、予約しておくと近づくだけでスライドドアが自動で開く「ウェルカムオープン機能」を追加しました。

 新型トールの価格(消費税込)は、標準モデルが155万6500円から191万9500円、カスタムモデルが1914000円から209万円です。