トヨタは、コンパクトカーの新型「ルーミー」をマイナーチェンジし、2020年9月15日に発売しました。進化した予防安全機能「スマートアシスト」が全車標準装備されたほか、フロントフェイスも変更されています。

「ルーミー」のマイナーチェンジに伴い、「タンク」は消滅

 トヨタは、コンパクトカーの新型「ルーミー」をマイナーチェンジし、2020年9月15日に発売しました。

 近年のコンパクトカー市場のなかでも人気を見せるルーミーは、いったいどんな進化を遂げたのでしょうか。

 ルーミーは、2016年に発売された後席両側スライドドアを備えるコンパクトカーで、ダイハツ「トール」のOEMモデルという立ち位置でした。

 今回、同日におこなわれた「トール」のマイナーチェンジに伴い、ルーミーも同じくマイナーチェンジを受けるかたちとなりました。

 なお、ルーミーの兄弟車として発売されていた「タンク」は、今回のマイナーチェンジでルーミーに統合されました。

 今回のルーミーのマイナーチェンジでは、進化した予防安全機能「スマートアシスト」が全車標準装備されています。

 具体的には、衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能の検知対象に、同じ方向を走っているバイク・自転車などの二輪車と、夜間の歩行者も追加。また、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなども搭載しています。

 さらに、快適装備としてウェルカムパワースライドドアや、スマートフォンなどの充電用USB端子を標準装備したほか、スマートフォンと連携する9インチディスプレイオーディオを全車にオプション設定としました。

 外観についても、フロントフェイスのデザイン変更や、シート形状、シート表皮の変更がおこなわれています。

 ボディカラーには「クールバイオレットクリスタルシャイン」「ターコイズブルーマイカメタリック」が新採用されました。

 新型ルーミーの価格(消費税込)は、155万6500円から209万円です。