グループPSAジャパンは、9月16日よりプジョーブランドのBセグメントコンパクトSUV、新型「SUV2008」および100%電気自動車(EV)の新型「SUV e-2008」を発売した。

全長は145mm大きくなり全高は立体駐車場にも入る1550mmに

 グループPSAジャパンは、9月16日よりプジョーブランドのBセグメントコンパクトSUV、新型「SUV2008」および100%電気自動車(EV)の新型「SUV e-2008」を発売した。

 2008は、2013年にジュネーブショーでワールドプレミアされたBセグメントSUVだ。今回、初のフルモデルチェンジをおこない、2世代目に進化している。ちなみに、プジョーのSUVラインである4桁数字のモデルの名称は、今後すべて数字の前に「SUV」が付き、登場した新型は「SUV2008」という正式名称になった。

 新型SUV2008は、グループPSA最新のコンパクトプラットフォーム「CMP」採用により、現行モデルに比べボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配された安定したプロポーションを実現している。

 ボディサイズは全長4305mm×全幅1770mm×全高1550mm、ホイールベースは2610mmと、先代に比べて全長は145mm長く、全幅は30mm幅広く、全高は20mm低くなっている。ホイールベースも70mm延長されている。

 全高は1550mmに抑えられたことで、多くの立体駐車場に適合している。またホイールベースが伸びたにもかかわらず、最小回転半径は5.4mと、先代モデル(5.5m)よりも減少。日常での使い勝手が向上している。

 荷室容量は、クラス最大級の434リッターを確保。可動式のフロアボードを備え、荷室を上下に区切ることができる。60:40の分割可倒式のリアシートバックを倒せば最大1467リッターの空間が出現する。これは従来型2008より通常時プラス74リッター、最大時プラス295リッターもの拡大となっている。

 フロアも壁面もフラットで、またリアシートの広さも新プラットフォームCMP採用モデルで最大となる。

 インテリアは、プジョー独自のi-Cockpit(iコックピット)の進化版、「3D iコックピット」を採用。小径ステアリングホイールを採用することで、ステアリングの上からメーターを確認することで視線の確保やステアリング動作の少ない動線などを実現している。

 ホログラムのように情報を立体視で映し出すデジタルヘドアップインストルメントパネルにより、運転時のドライバーの情報に対する反応性が約0.5秒向上するという。

 ガソリンモデル「SUV2008」のパワートレインは、定評のあるピュアテック1.2リッター直列3気筒ガソリンターボ。最高出力130ps・最大トルク230Nmを発揮するこのエンジンは、2015年の登場以来、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに5年連続で選出されている名機だ。

 組み合わされるトランスミッションはEAT8(8速AT)で、JC08モード燃費は19.2km/L、WLTCモード燃費は17.1km/Lという優れた数値を叩き出す。

 ドライブモードはエコ/ノーマル/スポーツから選択できる。さらに「GT Line(GTライン)」グレードは、あらゆる路面で最適なトラクションを確保する「アドバンスドグリップコントロール」を搭載する。さらに急な斜面でも確実に降りられるように、「ヒルディセントコントロール」と統合制御される。

 最新の先進運転支援システム(ADAS)も充実。アクティブセーフティブレーキやストップ&ゴー機能付きアクティブクルーズコントロール、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーションなど、全車に標準装備されている。

 ガソリンモデルの新型SUV2008は、ベースグレードの「Allure(アリュール)」が299万円(消費税込、以下同様)、「GTライン」が338万円となる。

 ベースグレードのアリュールでも、LEDヘッドライトや17インチアロイホイール、パドルシフト、ファブリック&テップレザーコンフォートシートなどが標準装備になる。

 GTラインはそれに加え、フルLEDヘッドライトやGTラインフロントグリル、ブラックダイアモンドルーフ、ブラックデザインパーツ、アドバンスドグリップコントロール、フロントヒートシーター、アルカンタラ&テップレザーダイナミックシートが標準装備される。パノラミックサンルーフはGTラインのみに14万円でオプション設定される。

100%電気自動車の「SUV e−2008」は385kmの航続距離

 ガソリンモデルと同時に日本に登場したEVモデル「SUV e-2008」は、100%電動パワートレインを搭載した日本で初めてのBセグメントSUVになる。

 電気モーターは最高出力136ps(100kW)・最大トルク260Nmで、搭載バッテリーは50kWh。JC08モードで385kmの航続距離となっている。

 ドライブモードはエコ/ノーマル/スポーツの3つがあり、エコは航続距離の最大化となり60kW・180Nm、ノーマルは日々の利用における快適性の最適化となり80kW・200Nm、スポーツは100kW・260Nmを発生する。

 ブレーキモードはふたつの選択が可能で、ギアシフターの操作で望みの回生ブレーキ強度をえらぶことができる。「D」は内燃機関でのエンジンブレーキ、アクセルオフの挙動をシミュレートし、自然な走行感を重視、「B」はエネルギー回生を強化、アクセルペダルだけで積極的に減速をコントロールできる。

 50kWhのリチウムイオンバッテリーは1個あたり13.1kgのモジュールを18個組み合わせ、総体積約220リッター、重量約350kgのバッテリーユニットを、前席座面下、後席座面下、センターコンソールなどに、車体を上から見た時にH型に、重量配分を考えて巧みに格納されている。

 充電モードは3つある。「コンセント型普通充電」は車両に標準搭載されている3kW・15A・200Vケーブルにて充電する。この場合100%充電には約18時間、50km充電には約4時間かかる。

「ウオールボックス型普通充電」は6kW・200Vのウオールボックス型普通充電器での充電で、100%充電まで約9時間、50km充電には約2時間かかる。

「CHAdeMO急速充電」にも対応。この場合80%充電まで約50分で可能だ。またバッテリーの保証は8年・16万kmとなっている。

 SUV e-2008はスマホのアプリを利用した「eリモートコントロール」を実装している。無料のMyPeugeotアプリ操作により、リモートチャージングとプリコンディショニング(エアコン動作)が可能になる。

 ピュアEVのSUV e-2008の車両価格は、「Allure(アリュール)」が429万円、「GT Line(GTライン)」が468万円だ。