日産は、2020年9月16日に新型フェアレディZのプロトタイプとなる「Z PROTO」を世界初公開しました。歴代モデルから継承したデザインに加え、新たな進化の部分はどのようになっているのでしょうか。

日産新型「フェアレディZ」世界初公開

 2020年9月16日、日産は新型「フェアレディZ(プロトタイプ)」をオンライン上で世界初公開しました。
 
 2008年に現行フェアレディZ(Z34型)が登場してから12年目でのフルモデルチェンジですが、新型フェアレディZは、どのような部分が変わっているのでしょうか。

 2019年でフェアレディZは誕生から50周年を迎えていました。そして、2020年5月28日におこなわれた「2019年度の決算報告」では、新型フェアレディZが近々登場することを明らかにしていました。

 そして、9月16日にオンライン上で新たなZ伝説の幕開けとなる新型フェアレディZのプロトタイプとなる「Z PROTO」を世界初公開。

 新型フェアレディZは、内外装のデザインを一新するとともに、V型6気筒ツインターボエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせたパワートレインを搭載しています。

 明かされたスペックは、ボディサイズが全長4382mm×全幅1850mm×全高1310mm、タイヤサイズは前255/40R19、後285/35R19です。

 オンライン発表では、神奈川県横浜市にある「日産パビリオン」にて、日産自動車社長兼CEOの内田誠氏が歴代フェアレディZや新型フェアレディZについて、次のように述べています。

「ピュアスポーツカーのZは、日産のスピリットそのものです。そして今取り組んでいる事業構造改革ニッサンネクストの、とても重要なモデルでもあります。ニッサンネクストは、AからZ、つまり他がやらぬことをやる、私たちの姿勢を表しています。Zのファンである私が、今日、この『フェアレディZ プロトタイプ』を発表できることを誇りに思います」

※ ※ ※

 また、同発表では米国市場でのフェアレディZ人気を紹介する動画が流れ、初代モデルから現行モデル、そしておもちゃのZに乗る子どもの姿が映し出され、米国で支持されるフェアレディZの様子が明らかになっていました。