トヨタのミニバン「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車が設定されました。メッキやブラックを用いた両車の特別仕様車とは、どのようなモデルなのでしょうか。

ノアヴォクの特別仕様車とは?

 トヨタは、「ヴォクシー」と「ノア」の特別仕様車を設定し、2020年10月1日に発売しました。

 人気ミニバンであるヴォクシーとノアに設定された特別仕様車とは、どのようなモデルなのでしょうか。

 ヴォクシーの特別仕様車「ZS“煌 III”」は「ZS」グレードをベースとし、外観は黒艶塗装のフロントロアグリルにメッキのフードモールやドアハンドル、ドアミラー、メッキエクステンションのLEDクリアランスランプを装備。

 Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)のレンズカバーをブラックとするなど、黒とシルバーのコントラストが煌めきを演出しています。

 内装においてもセンタークラスターパネルをピアノブラックとシルバーとするとともに、専用のシート表皮や合成皮革巻きのドアトリムオーナメントを特別装備しています。

 また、デュアルパワースライドドアや、リアオートエアコンに加え、LEDのルームランプ、ナノイーを特別装備するなど、機能性や快適性が向上しました。

 ノアの特別仕様車「Si“W×B III”」では「Si」グレードをベースとして、外観ではフロントグリルやバックドアガーニッシュ、リアコンビネーションランプガーニッシュにスモークメッキを採用しています。

 内装は、特別に設定されたインテリア色「ブラック&フロマージュ」が、モノトーンの世界観を創出するとともに、黒木目調加工を施した本革巻き3本スポークステアリングホイール、本革巻きシフトノブ(ガソリン車)を特別装備しました。

 機能面では、デュアルパワースライドドアやリアオートエアコンに加え、スーパーUVカット、IRカット、撥水機能付のガラス(部位により機能が異なる)、LEDのルームランプ、ナノイーを備えています。

 ヴォクシーとノアの特別仕様車の価格(消費税込)は、290万9500円から344万3000円です。