近年アウトドアや車中泊がブームとなるなか、自動車ディーラーがキャンピングカーを自社開発している事例があるといいます。なかには、独自で宿泊施設まで運営している自動車ディーラーもあるというのですが、そこまでアウトドアビジネスに力を入れる理由とはいったい何なのでしょうか。

なぜ自動車ディーラーが自社キャンプ施設を運営?

 近年、アウトドアや車中泊がブームとなるなか注目されている「アルトピアーノ」というクルマがあります。開発、製造、販売するのは、トヨタ大手ディーラーのトヨタモビリティ神奈川です。いったいなぜ、トヨタのディーラーが自らキャンピングカーを開発しているのでしょうか。

 同社は、トヨタが2020年5月から実施している、全車種全店舗併売に連動するかたちで、神奈川トヨタ、ネッツ横浜、ネッツ湘南、カローラ横浜の4社が合併して誕生しました。

 現在、同社のキャンピングカーで比較的本格派なモデルはふたつあります。

 ひとつは、タウンエースをベースとした「キャンパー アルトピアーノ」。後席は取り外し可能なテーブルを持つ対面でのダイネットモード、またフルフラットのベッドモードに簡単に転換できます。

 最大の特徴は価格です。標準モデルは200万円台で、オプションとして走行中に充電できる電源ユニットや、シンク&シャワーや冷蔵庫が用意されています。

 発売は2016年10月からで、累計販売台数は529台と、キャンパーとしてはかなり台数が多い印象です。

 現在、タウンエースのモデルチェンジに対応して、新パッケージの製作中です。

 もうひとつが、「ハイエース キャンパー」。その名の通り、ハイエースがベースとなり、タウンエースベースと同じくダイネットモードやベットモードが利用でき、さらに荷室スペースもかなり広く設計されています。

 価格は標準モデルが300万円台と、キャンパー業界でバンコン(バンコンバージョン)と呼ばれる分野では、商品の質感からみて、かなりリーズナブルだと感じます。

 発売は2020年6月始まったばかりですが、4か月間ですでに111台が販売されました。

 この他、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」向けに外部電源キットや、車中泊用の専用バットレス「アルトピアーノ ジオカーレ」なども開発し販売しています。

 さらに驚きなのは、キャンピングカー購入者は、2019年4月に正式オープンしたキャンプ施設「アルトピアーノ蓼科」(長野県茅野市北山)に年間で1泊を2回、ほかの関連商品購入者には年間1泊が無料となる特典が付くことです。

 実際に現地を取材しましたが、風光明媚な敷地面積8000平方メートルに宿泊、ドックラン、プレイフィールド、展望デッキなど4つのエリアに分かれています。

 宿泊施設は7棟(うち4棟はペット宿泊可)、ミニキッチンとユニットバス付のタイニーハウスという4人宿泊用コテージハウスには、屋外バーベキュー用のガスグリルも完備しています。

 現地マネージャーの常川領太氏は「年内は、金曜日から日曜日の予約はいっぱいです。多くの方が庭にテントを張って、夕方からバーべキューを楽しまれています」と実際の利活用方法を紹介してしれました。

アウトドアビジネスのメリットは“顧客層の若返り”

 こうした本格的な車中泊ができるキャンパーを自社開発する正規ディーラーは、全国でも極めて数が少ないのが現状です。加えて、自前の宿泊施設まで用意するというレベルの発想はほかに類がありません。

 なぜ、正規ディーラーがキャンパービジネスが可能で、その目的とは何なのでしょうか。

 トヨタモビリティ神奈川を含む、各種の自動車関連企業14社(2020年5月時点の従業員総数4436人)の持株会社であるKTグループに「アルトピアーノ」事業の詳細を聞きました。

――企画の経緯は?

 そもそも、アルトピアーノの発想のきっかけは、グループ会社の自動車用品販売店・ジェームス神奈川の工場稼働と収益向上への対応でした。

 また、ショッピングモールにトヨタの新車を持ち込み、買い物客に自動車販売する事業も展開しており、キャンパー展示・販売も併せておこなう発想で進めました。

――低価格が実現できる理由とは?

 キャンパーは(一般的に)販売台数が少ないですが、弊社ではトヨタ車販売台数の全体のなかで調整できます。

――トヨタディーラーとしてキャンパー事業をおこなうメリットとは?

 我々は2020年に、従来型の自動車ディーラーから、モビリティライフデザイン会社に大きくシフトしました。アルトピアーノは、モビリティライフデザインの具体化に最適です。

 その上で、メリットは“顧客層の若返り”です。(一般的に自動車購入者の平均年齢が50歳代から60歳代へと高齢化が進んでいるなか)弊社キャンパー購入者の平均年齢は40歳代です。

 また、キャンパーにご興味があるが結果的に商談が成立しなくても、ノアやヴォクシーのご購入に繋がるケースが多くあります。

 さらに、キャンパー事業がCS(顧客満足度)を向上させて、整備などアフターサービスの拡充にも繋がっています。

――逆にデメリットは? メーカーとの関係は?
 
 いまのところ感じていません。トヨタは昔から、カスタマイズや架装部品はディーラーに任せるという企業風土があります。弊社として、D-TECブランドとして、「D-TECアルテッツア」や、弊社開発が由来で量産化された「カリーナマイロード」などがあります。

――とはいえ、ディーラーとして新車をどこまで改良できるのか? 許容範囲や基準はあるのか?

 常に、PL法(製造物責任法)を意識しながら慎重におこなうことが基本です。

 シート部分は神奈川トヨタの補償、充電器等は製造元のPL保険を活用しています。

 そのうえで、メーカー(トヨタ)の保証制度の枠を外れること、また違法改造は絶対に致しません。トヨタの車両出荷時の諸元の基準内を確保し、荷室部分への架装は“走る・曲がる・止まる”に影響はないと考えています。

――昨今はディーラー各社が生き残りをかけて競争する時代。これまでの商圏を超えてどこまでキャンパー事業を拡大するのか?

“安くて良いキャンパー”を作って、キャンパーのエントリー層を増やしていきたい。それに賛同して貰えるディーラーが増えていけば良いと思います(注:キャンパーアルトピアーノは東京、福岡、大阪など17社向けに77台販売済み)。

 ただし、いまは試行段階であり商圏拡大の段階ではないと考えます。一方で、(可能性として)ジェームス店での全国展開という考え方も一理あるのではないでしょうか。

※ ※ ※

 コロナ禍で、自宅キャンプやリモートワークといった観点でも注目が集まる、車中泊やキャンパー。これから一般ユーザーにとって、さらに身近な存在になるのかもしれません。