メルセデス・ベンツでコレクターズアイテムになっているのは、ガルウイングの車両だ。そこで、歴史的名車である「300SL」と、300SLへのオマージュである「SLS AMG」というガルウイングの2台の価値を、最新オークションから見てみよう。

将来さらに価値が上がるであろう「SLS AMG」とは

 2020年10月22日から29日の日程で行われた、RMサザビーズのエルクハート・オークションは、新型コロナウイルスの影響を受けてオンラインでの開催となった。

 とはいえそのロットは、それぞれに魅力的なものばかりであり、世界中から集まる視線は通常のオークションよりさらに熱いものだったともいえるだろう。

●2012 メルセデス・ベンツ「SLS AMG クーペ」

 そのなかでもとくに注目に値したのが、2台のガルウイングドアを持つメルセデス・ベンツ、1955年式の「300SLガルウイング」と2012年式の「SLS AMGクーペ」であった。

 しかもそのロット番号は、前者が「1230」、後者が「1228」と近く、オークションの演出という意味でも、RMサザビーズの手腕はなかなかに見事だった。

 最初にオークションに登場したSLS AMGクーペは、メルセデスAMG社の完全自社設計によって2009年に誕生したモデルだ。

 エクステリアデザインは、まさに21世紀の300SLを意識したかのようなフィニッシュで、翼を広げるが如くオープンするガルウイングドアも踏襲している。

 そしてこのモデルにとって最大の技術的ハイライトといえるのは、アルミニウム製のスペースフレームを採用していることだ。Aピラーのごく一部にこそスチール素材が使用されているものの、ホワイトボディの重量は実に214kgに抑えることに成功しているのだ。

 フロントミッドシップされるエンジンは、それまでメルセデスAMGが使用してきたM16型エンジンをブラッシュアップしたM159型で、6.3リッターV型8気筒自然吸気となる。

 最高出力は571psを発揮し、重量配分を最適化するためにリアに搭載される7速のAMGスピードシフトとの組み合わせで、0−100km/h加速3.8秒、最高速は317km/hを実現している。

 今回エルクハート・オークションに出品されたモデルは、ほとんど使用感のないレッドのインテリアが美しいもので、走行距離はわずかに1万700kmというローマーレージの1台である。

 RMサザビーズでは、、「トランクのカーペットでさえローマイレージに見合った驚くべき状態にあり、非常に優れたSLS AMGだ」と評している。

 注目の落札価格は、エスティメートの18万ドル−22万ドルを上回る、23万5200ドル(邦貨換算約2446万円)。これは新車時の価格にほぼ等しい数字であった。

元祖ガルウイングのコレクターズモデル「300SL」は1億5000万円オーバー!

 もう一方のガルウイング・メルセデスである300SLは、誰もが知るコレクターズカーの代表格だ。

「300」とはいうまでもなく、搭載されるエンジンの排気量である「3リッター」、「SL」はドイツ語で「Super Leicht(超軽量)」を表している。

●1955 メルセデス・ベンツ「300 SL ガルウイング」

 実際に1954年のニューヨーク・ショーに姿を現した300SLは、その軽量化のために独特なスペースフレーム構造を持つことと、全高の低さを理由に、通常の左右開きドアを使用することができず、ガルウイングドアを採用した経緯があった。

 300SLは生産モデルの発表以前に、さまざまなモータースポーツ・イベントに登場し、そこで圧倒的な強さを見せつけていたので、ニューヨーク・ショーでの注目度は非常に高かった。

 さらに生産化のためにメルセデス・ベンツは、1953年のモータースポーツ活動を中止して、プロダクションモデルの開発を進めたくらいだから、その評価はまさに当然のことといってもよかったのである。

 300SLのフロントミッドには、自動車では世界初となるガソリン噴射エンジンが搭載された。排気量は前でも触れたとおり3リッター。この直列6気筒エンジンはフロントエンドの高さを低減するために側面方向に45度傾けて搭載されていた。

 最高出力は215psで、これに4速MTを組み合わせて後輪を駆動した。ちなみにファイナルは、当時、5タイプから選択ができた。

 セールスは当然の如く好調であった。1954年から1957年の初頭までに生産された1400台の初期モデルのうち、実に1000台以上がアメリカで販売された。

 その傾向はその後も変わることはなく、オープンモデルのロードスターを生み出す直接の理由ともなった。

 出品車の300SLは1955年式であるから、かなり初期にデリバリーされたもの。最初のカスタマーは1950年代にスクーデリア・フェラーリなどのドライバーとして活躍したウンベルト・マグリオーリで、その後も多くのレーシング・ドライバーによって所有されてきた。

 スペアタイヤを始め、ノックオフハンマー、ツールロール、ウインドウバックなど、すべてのアクセサリーはもちろん完備されており、ヒストリーの正しさはメルセデス・ベンツのデーターシートで文書化されている折り紙付きだ。

 140万−160万ドルというエスティメートに対して、落札価格は149万5500ドル(邦貨換算約1億5500万円)。さすがは由緒正しき、メルセデス・ベンツの誇るクラッシックモデルといったところだろう。