2020年11月24日、日産は新型「ノート」を発表しました。新型ノートは全グレードがシリーズハイブリッドの「e-POWER」となり、モーターの最高出力向上や安全装備がさらに充実するなど、日産のベストセラーコンパクトカーとして進化しています。そこで、新型ノート登場で激戦必死のコンパクトハイブリッドカーの、燃費TOP5を紹介。新型ノートのランキングはいかに!?

ついに真打ち登場! 激戦のコンパクトハイブリッドカー燃費TOP5

 日産は2020年11月24日に、同社の主力コンパクトカー「ノート」のフルモデルチェンジを発表しました。従来モデルから大きく変わった点は、全グレードが電動パワートレインの「e-POWER」となったことです。

 これまで、e-POWERを搭載した従来型ノートは大ヒットを記録し、一時はコンパクトカー市場を席巻したのは記憶に新しいところですが、その後、強力なライバルも続々と登場するなど新型ノートを取り巻く状況は激戦必至です。

 現在、登録車のなかでも各社が力を入れているコンパクトカーは、価格や使い勝手、装備で勝負していますが、とくに重要なのが燃費で、廉価なハイブリッド車をラインナップしています。

 そこで、最新のコンパクトハイブリッド車の燃費TOP5を紹介。はたして新型ノートは何位にランキングされるのでしょうか!?

●5位 日産「ノート」

 日産は、新型コンパクトカー「ノート」を2020年11月24日に発表しました。初代は2004年に登場し、今回発表されたのは3代目にあたるモデルで、発売日は2020年12月23日の予定です。

 2代目ノートは、2017年から2019年にかけてコンパクトカー販売台数首位を記録するほど大ヒットしたモデルですが、その立役者となったのが電動モデル「e-POWER」です。

 e-POWERはエンジンが発電のみをおこない、駆動はモーターでおこなうシリーズハイブリッドと呼ばれるシステムで、日産がEVの「リーフ」で培ったノウハウを投入して開発されました。

 e-POWERはモーターならではの発進時からパワフルな出力特性で、低燃費も両立したことから大ヒットに至ったということです。

 そして、3代目ノートで大きく変わったのは全グレードがe-POWERを採用している点で、最高出力も従来の109馬力から116馬力にパワーアップ。

 発電用のエンジンは1.2リッター直列3気筒を踏襲していますが、最高出力が79馬力から82馬力に向上しています。

 ボディサイズは、先代モデルと比べて全長4045mm(-55mm)×全幅1695mm×全高1505mm-1520mm、ホイールベース2580mm(-20mm)と、近年では珍しく全長がダウンサイジングされました。

 外観では全体のフォルムは2代目からキープコンセプトとなっていますが、細部の意匠は大きく変更され、とくにフロントグリルと一体化した薄型のヘッドランプが特徴で、日産の新CIマークを市販モデルとして初めて採用。

 内装ではセンターのディスプレイ部と一体化した液晶モニターによるメーターが、大きく変わったことと同時に先進性をアピールしています。

 新型ノートの燃費はWLTCモード(以下同様)で、28.4km/Lから29.5km/Lです。

 後発ながら燃費性能はトップとはなりませんでしたが、モーター駆動ならではの加速力や、アクセルペダルのみで発進から減速、停止までできる「e-POWER Drive」など、独創的な走りが新型ノートの大きな魅力ではないでしょうか。

 また、「プロパイロット(ナビリンク機能付)」を日産の国内モデルで初搭載するなど、先進安全装備も大きく進化しています。

 価格(消費税込、以下)は202万9500円から218万6800円で、4WDモデルも2020年12月に発表予定です。

●4位 トヨタ「アクア」

 トヨタ「アクア」は2011年に発売されたハイブリッド専用車です。発売から丸9年というロングセラーで、リーズナブルな価格や優れた燃費性能から、いまも幅広い層から支持を集めています。

 ハイブリッドシステムは2代目プリウスのものをベースに、アクア専用に改良されたもので、1.5リッター直列4気筒エンジンとモーターの組み合わせです。

 ボディサイズは全長4050mm×全幅1695mm×全高1455mmと、コンパクトボディのハイブリッド車というと、ヤリス ハイブリッドと競合してしまいますが、価格は181万8300円からとかなり抑えられているため、かなり魅力的です。

 また、燃費も27.2km/Lから29.8km/Lと、最新モデルとくらべても遜色ない低燃費を実現しており、基本設計の高さがうかがえます。

 アクアの価格は181万8300円から261万300円です。

●3位 トヨタ「カローラスポーツ」

 2018年に発売されたトヨタ「カローラスポーツ」は、現行モデルの12代目カローラに先駆けてデビュー。2006年まで販売されていた「カローラランクス」以来となる5ドアハッチバックの復活が大いに話題となりました。

 ボディサイズは全長4375mm×全幅1790mm×全高1460mm(2WD)で、ロー&ワイドなフォルムの外観はシャープなフロントフェイスと相まってスポーティさを強調。

 パワーユニットは116馬力を誇る1.2リッター直列4気筒ターボエンジンもしくは、システム出力122馬力の1.8リッター直列4気筒ハイブリッドを搭載し、1.2リッターターボエンジン車にはCVTに加え、6速MTが設定されています。

 サスペンションは全グレード共通でフロントにストラット、リアにダブルウイッシュボーンの4輪独立懸架を採用し、高いコーナリング性能を実現。同じく、全グレードとも4輪ディスクブレーキが装備されるなど、スポーツの名に恥じない仕様となっています。

 燃費はハイブリッド車で25.6km/Lから30.0km/Lと、走りの良さと低燃費を両立。

 ハイブリッド車の価格は248万8000円から284万1000円で2WDのみです。

さすがトヨタといわざるを得ない世界最高レベルの低燃費車とは

●2位 トヨタ「ヤリスクロス」

 トヨタは2020年8月に新型コンパクトSUVの「ヤリスクロス」を発売しました。車名のとおり、同社のコンパクトカー「ヤリス」と同じTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用。

 ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mmと、同社のコンパクトSUVの「ライズ」よりもひとまわり大きい印象です。

 外観は「ENERGETIC SMART」をデザインキーワードとし、ヤリスよりもさらにアクティブで洗練されたバランスの良さと、力強いSUVらしさを表現。

 内装は、ドライバーの視線移動を最小限に抑える工夫として、シート、ハンドル、シフトレバーなどを適切に配置し、ディスプレイオーディオを上方に配置するとともに、全グレードに液晶モニターによるデジタルメーターを採用しています。

 搭載されるパワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンと1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドの2種類で、それぞれに2WDと4WDが設定されます。

 ハイブリッド車の燃費は、SUVの常識を超えたクラス世界トップレベルとなる27.8km/Lから30.8km/Lを実現。ボディサイズの近い「C-HR ハイブリッド」の燃費25.8km/Lを大きく上回ります。

 ハイブリッド車の価格は228万4000円から281万5000円です。

●1位 トヨタ「ヤリス」

 2019年10月に発表され、2020年2月に発売されたトヨタの新世代コンパクトカー「ヤリス」は、「プリウス」を上まわる世界最高クラスの低燃費を実現しました。

 ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmと今回のTOP5ではもっともコンパクトながら、数多くの最新テクノロジーが詰め込まれています。

 外観の印象は「ヴィッツ」から継承するカタマリ感のあるスポーティなフォルムを採用。後席の居住性よりも前席のレイアウトを優先するなど、かなり割り切ったデザインです。

 パワーユニットは1リッター直列3気筒ガソリンに新開発の1.5リッター直列3気筒ガソリン、そして1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドをラインナップ。

 1.5リッターガソリン車には6速MTも設定されるなど、スポーティな走りと高い環境性能を両立しています。

 燃費は前述のとおり世界最高レベルを実現したハイブリッド車で35.4km/Lから36.0km/L、リアタイヤをモーターで駆動する4WDでも30.2km/Lを達成。

 ハイブリッド車の価格は199万8000円から249万3000円と、100万円台からの価格設定も大いに魅力的です。

※ ※ ※

 今回、新型ノートの登場で、さらに激戦が予想されるコンパクトカーですが、燃費という点で存在感が薄れてしまっているのがホンダ「フィット」です。

 クラストップクラスの室内空間と運転のしやすさを前面に押し出したフィットは、新たなハイブリッドシステムを搭載しながらも29.4km/L(e:HEV BASIC)と、わずかに新型ノートを下まわっています。

 直近の2020年10月の販売台数では9001台と7位にランクインしていますが、高額なトヨタ「アルファード」や「ハリアー」に抜かれてしまいました。

 ベーシックカーとして非常に優れたモデルのフィットですが、キラリと光る部分が少ないのも事実で、今後の巻き返しに期待されます。