首都高速道路の中央環状線山手トンネルを走っていると、「京王線」の看板が出ています。トンネル内を走るクルマに、鉄道路線を知らせる必要はあるのでしょうか。また首都高の至る所で見られるピンクのバスのマークの意味について、首都高に聞いてみました。

首都高に鉄道看板設置の目的は? ピンクのバスは何のため?

 都内と首都圏をぐるっと囲むように走る「3環状」のもっとも内側に位置する首都高速道路中央環状線ですが、その大井JCTから高松入口間にある道路トンネルが、「山手トンネル」です。

 2015年3月の全線開通によって、全長が内周りで18.098km、外回りで18.597kmとなり、関越自動車道の関越トンネルを超えて日本で一番長い道路トンネルとなっています。

 しかも、鉄道網が複雑にはりめぐらされている東京の西側を南北に貫くだけに、トンネルもその間を縫うように作られているのも特徴。

 山手トンネルの下側には東京メトロ有楽町線、副都心線、都営大江戸線、上側には東京メトロ東西線、丸ノ内線、京王線、京王新線、東急田園都市線など、多くの鉄道と交差しています。

 そんな山手トンネルですが、新宿近辺にさしかかると「京王線」の看板があることに気付きます。

 確かにその付近では、京王線がトンネルの上を交差しているのですが、地下を通るトンネルに、なぜ地上を走る鉄道の標識が必要なのでしょうか。

 首都高速道路株式会社の経営企画部広報課(以下、首都高広報課)に聞いてみたところ、「交通上の手掛かりを与える目的で、おおまかな地理関係の目安という形で設置しています」とのこと。

 本線上で著名な都市施設(公園、鉄道、橋梁など)を横断する地点、またはその付近を通過する地点に設置する、ランドマーク案内標識のひとつだそうです。

 地下を走るため、景色も見えず、カーナビなどでの自車の位置も確認しにくいトンネル内だけに、著名な施設の場所を知ることはもしもの事故の際には避難の目安にもなるのです。

 なお、京王線のほかにも、小田急線や井の頭線の看板など、さらには「初台」「中目黒」などといった地名も各所に掲げられています。

 首都高の気になる看板といえばもうひとつあります。2020年の2月ごろから設置が始まった「TOKYO 2020」のピンクの文字とバスがデザインされた看板です。

 これは一体どのような目的で設置されているのでしょうか。

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手や関係者の輸送ルートであるORN(オリンピック・ルート・ネットワーク)/PRN(パラリンピック・ルート・ネットワーク)に設置されるものです。

 大会関係車両が通行する路線であることを道路利用者に周知し、円滑な大会運営のために大会開催中の利用抑制や、利用時間の変更などに協力いただくことを目的に、大会組織委員会が看板を設置しております」(首都高広報課)
 
 東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルスの影響で開催が延期となりましたが、首都高では2021年の開催に向けて撤去することなく設置しているそうです。

※ ※ ※

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会の関係車両の通行ルートを示している路線看板は、そこを走行すること自体に規制が伴う標識ではありません。

 しかし、大会期間中は関係車両の優先や専用レーンが設けられ、標識と路面標示が追加される予定です。

 通行帯違反をすると、交通違反の切符を切られることもあるので注意しましょう。

日本最長トンネルならではのトラブル対処法

 前出の山手トンネルには、日本最長トンネルならではの最新の防災安全整備が施されています。

 実際にトンネル内でトラブルに遭遇したときに、どのように対処したらよいのでしょうか。

「トンネル内で事故現場に遭遇してしまった際は、まず現場から遠ざかるように避難していただくようお願いします。

 非常口までの距離は、非常口誘導表示板で確認可能です。通報や消火活動などは、お客さまご自身の安全が確認できた後にご協力いただきたいと思います。

 また、救助活動などのため車両を動かす場合があるので、クルマから離れる際、キーはクルマの中に置いたままにし、ドアをロックせず離れていただけますと幸いです。

 このほか、発災時にトンネルに進入する前だった、発災現場付近にいた、トンネル内にいたなど、各ケースにおいての避難行動をウェブサイトなどで広報しておりますので、ぜひお役立てください」(首都高広報課)

 また近年、首都高では車両火災が多発しています。

 2020年11末時点で4月からの2020年度の車両火災は16件。コロナ禍で交通量が減少するなかでも減ることなく、同年11月はここ4年間で月間最多の5件の車両火災が発生しました。

 山手トンネル内ではここ数年で、複数回の火災も発生。

 首都高では車両火災の原因の多くは、エンジン部もしくは車両下部からの出火であることを受け、オイル・冷却水の点検・補充、タイヤの空気圧の点検など、日常的な点検、整備を呼びかけています。

 車両火災だけでなく、2018年1月には東京都区部を襲った「平成30年豪雪」のなか、タイヤチェーンを装着したトレーラーが西新宿ジャンクションでスリップして動けなくなり、10時間以上、およそ10kmにわたり大渋滞が発生。

 多くの車両がトンネル内に閉じ込められ、クルマから降りて非常口から地上に出るトラブルも起きています。

 火災や立往生などいつ、どんな状況で起こるかわからないトンネル内でのトラブル。大地震が起きたときなどと同様に、事前に対処法を確認しておきましょう。