ポルシェマニアが最後に辿り着くともいわれている「356」。このおよそ70年も昔のクルマを、現代のテクノロジーでレストモッドした個体を紹介しよう。

元祖ポルシェといえば「356」

 RMオークションがオンラインで開催した、「オープン・ロード・オークション」に出品された、1台のポルシェ「356」を紹介しよう。

●1951 ポルシェ「356クーペbyロイター」

 出品された356は、1951年という年式を考えても、完全なオリジナルというわけではなく、さまざまなテクニックを用いてレストアとモディファイをおこなった、いわゆるレストモッドの356である。

 実際にこの個体を製作したのは、数々の356を甦らせた実績を持つドイツのロイター、そしてカリフォルニア州リバーサイドにあるカルデックスの両社だ。

 ロイターにとって幸運だったのは、フロアパネルやエンジンフード、そしてドアがほとんど腐食のない、オリジナルのものであったことだ。

 そもそもポルシェ356はポルシェとVWとの間に締結された技術コンサルタント契約、そして販売の契約によって市場へと送り出すことが可能になったモデルといってもよい。

 VWはポルシェのもつ特許技術を自由に使用でき、またポルシェはVWのセールス・ネットワークで356を販売できる、いわゆるウィン・ウィンの関係が成立したのだ。

 ポルシェは、それまでのオーストリア・グミュントの工場から、1948年にシュツットガルト近郊のツッフェンハウゼンに移転し、ロイターの工場の一部を賃貸して、1948年にようやく356の本格的な生産を開始した。

 最初に生産されたモデルは、356/1100(タイプ369)のみだったが、1951年になると356/1300(タイプ506)と356/1500(タイプ527)が新たにラインナップに加わることになる。

 出品車はそのタイプ527で、当時としてはもっともスポーティな仕様だった。1.5リッターの排気量から発揮される最高出力は60ps、最高速は155km/hを記録すると当時のデータにはある。

 ブレーキもツー・リーディング・シューとされ、制動力が強化されている。

現代のテクノロジーで蘇った「356」とは

 356/1500のレストアは、まずリアに搭載されるエンジンから始まった。そもそもこのタイプ527用の水平対向4気筒OHVエンジンは、タイプ506、すなわち1300cc用に製作された20025型で、後にそれを527用に改造。

 エンジンナンバーを527用の20776に再打刻して搭載されたことがカルデックス社の調査で判明している。

●1951 ポルシェ「356クーペbyロイター」

 今回のレストア時に、シリンダーやキャブレターなど、すべてのパートは新車同様に修復され、さらに新品の4速MTとアルミニウムフィンドラムブレーキも装備されることになった。

 電気系統はオルタネーター、ワイパーモーター、ヘッドライト等を12V仕様に変換。走行時の安心感は非常に大きなものになっている。

 ボディはワンピースの折れ曲がったフロントガラスが現在装着されているが、オリジナルの変色フロントガラスを備えた再現2ピースキットも、このロットには含まれているという。

 すでに70年近い時間を生き抜いたクラッシックカーを、現代の技術で新車同様のクオリティへと甦らせるレストモッドの世界。100%のオリジナルにこだわらなくても、クラッシックカーはここまで楽しむことができるのだ。

 ちなみにこの356/1500の落札価格は33万ドル(邦貨換算約3400万円)。エスティメートが35万ドルー42万5000ドルだったことを考えると、リーズナブルなプライスであったみるべきだろうか。