WRCラリーで無敵の強さを誇ったランチア「ストラトス」。そのデザインのルーツとなった「ストラトス・ゼロ」とは。

実走可能なランチア「ストラトス」のデザインスタディ

 のちに伝説のラリー専用マシンとなるランチア「HFストラトス」の原型として1970年秋のトリノ・ショーにて発表されたコンセプトカー「ストラトス」。当初は単に「ストラトス」の名で呼ばれていたが、HFストラトスのデビュー以降は「ストラトス・ゼロ」と称されるようになったという。

●1970 ランチア「ストラトス・ゼロ」

 このコンセプトカーを企画したのは、ベルトーネ総帥のヌッチオ・ベルトーネと、ランチアのワークスチーム「ランチア・スクアドラ・コルセ」チェーザレ・フィオリオだった。

 デザインワークを手掛けたマルチェッロ・ガンディーニがあくまで低い全高を目指した結果、3580mm×1840mmの全長×全幅に対して、全高は880mmという極端なディメンションとなった。

 また、このような鮮烈なデザインスタディながら、実走も可能なプロトティーポとして製作されており、シャシは専用の鋼管スペースフレーム+サブフレームで構成されている。

 サスペンションは、フロントがマクファーソン・ストラット+コイル。リアサスは、「フルヴィア」のフロントから流用したダブルウィッシュボーン+コイルとされた。

 そしてミッドシップに搭載するパワーユニットとして選ばれたのは、フルヴィアの最高性能モデル「ラリー1.6HF」からコンバートした挟角(バンク角11度20分00秒)V型4気筒SOHCエンジンで、1584ccの排気量から115psのパワーを発揮するとされていた。

 1980年代には、パイオニアのカーオーディオシステム、その名も「カロッツェリア」のCMに登場したほか、1988年には故マイケル・ジャクソン主演で製作された映画『ムーンウォーカー』にもオレンジ色のストラトス・ゼロが出演して、当時は大きな話題となった。

 ただし『ムーンウォーカー』に登場するストラトス・ゼロは、英国のスペシャルカービルダー、アンディ・サウンダースが、フィアット「X1/9」をベースに一品製作した精巧なレプリカとのことである。

レトロ・フューチャーなストラトス・ゼロの価格は?

 1970年トリノ・ショーで発表されたコンセプトカー、ストラトス・ゼロは、もちろん当時の実車が現存している。2000年にフルレストアが施され、2011年5月のヴィラ・デステでお披露目され、当時話題になった。

●歴史に残るコンセプトカーはおよそ9000万円だった

 ヴィラ・デステでは、RMサザビーズが主催するオークションに出品され、76万1600ユーロ(当時の邦貨換算で約9140万円)で落札されている。

 ベルトーネは2008年には事実上の倒産をしており、ベルトーネが所有していた自社の数多くのコンセプトカーや市販車のコレクションはいま、ミラノ・マルペンサ空港の隣にあるヴォランディア飛行機博物館に収蔵・展示されているが、決してコンディションのよい環境で保管されているというわけではない。

 こうした意味では、ストラトス・ゼロがオークションで落札され、いまなお実走する姿をイベントなどで披露しているのは幸せなことであったともいえるだろう。

 さて、ストラトス・ゼロのレプリカが登場する、マイケル・ジャクソンが主演、原案、製作総指揮であった映画『ムーンウォーカー』は、ミュージカル仕立てとなっている。

 映画の公開は1988年であるので、ストラトス・ゼロが発表されて18年も後となるが、なぜ劇中車として採用されたのだろうか。

 1985年公開の映画『未来世紀ブラジル』では、バブルカーで有名な「メッサーシュミット」が劇中に登場するが、1980年代にはこうしたレトロ・フューチャーな雰囲気で近未来を描くのが流行であった。そうした世界観の演出に、ストラトス・ゼロはぴったりはまるデザインだったのだろう。

 ちなみに映画『ムーンウォーカー』の内容は、子どもたちを麻薬漬けにして世界征服を企む暗黒組織にマイケルが立ち向かうというストーリー。あくまでもファンタジーとして、そしてマイケルの楽曲とダンス、そして世界観を純粋な心で鑑賞すべき作品だ。

 レプリカのストラトス・ゼロは、マイケルが運転して敵の追っ手から逃れるという場面で登場する。

 ベルトーネから「b」のエンブレムの着用を許され、「King of Pops」も感銘を受けたというその素晴らしい出来ばえのレプリカの姿は、動画でチェックすることをオススメする。