2020年1月から12月の新車年間販売ランキングが発表されました。新型コロナウイルスの影響を受けた2020年でしたが、どのようなクルマが上位にランクインしたのでしょうか。

コロナ禍のなか、2020年の新車販売はどうだった?

 2020年は、新型コロナウイルスが経済に大きく影響を与えた年となりました。自動車業界も例外ではなく、工場の操業停止や予定されていた新型車の発売を延期するなど事態となりました。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計データによると、緊急事態宣言が発令された4月の新車登録台数(登録車)は、前年同月比25.5%減、5月は同40.2%減と新車販売に大きく影響。

 それ以降、6月から9月は前年比割れとはなっているものの、10月、11月は前年よりもプラスに転じており、需要は回復しつつあるようです。

 3密を避けるための移動手段としてクルマが見直されていることもあり、中古車でも需要増の傾向が見られます。

 そんな激動の1年となった2020年でしたが、1月から12月の年間販売ランキングが発表されました。

 自販連および全国軽自動車協会連合会(全軽自協)によると、2020年の販売台数ランキングにて1位を獲得したのは、ホンダ「N-BOX」(19万5984台)でした。

 2019年の25万3500台からは減少しているものの、登録車を含めた新車販売においては4年連続、軽四輪車のみでは6年連続の日本一となっています。

 現行モデルのN-BOXは2017年に登場した2代目。軽自動車でありながら広々とした室内空間や存在感のあるデザイン、運転支援システム「ホンダセンシング」が全車標準装備される点などが、多くのユーザーから支持を集めています。

 また、2020年12月25日のマイナーチェンジでさらに魅力を増したことから、2021年もN-BOXの躍進が続くものと思われます。

 2020年の販売ラインキング2位となったのはトヨタ「ヤリス」(15万1766台)でした。

 2020年2月にトヨタ「ヴィッツ」の後継車として発売されたヤリスですが、8月にコンパクトSUVの「ヤリスクロス」、9月にスポーツ4WDの「GRヤリス」といった派生モデルを追加。

 コンパクトカーとSUVという売れ筋ジャンルに投入されたヤリスシリーズだけに、瞬く間にヒットモデルとなり、登場初年に登録車で年間1位を獲得しました。

 販売ランキング3位となったのは、スズキ「スペーシア」(13万9851台)です。

 スペーシアは1位のN-BOXと同じく背が高くスライドドアを備えた軽自動車で、広い室内空間や機能的な装備など、子育て世代に人気のモデルです。

 また、標準仕様やカスタム仕様に加え、SUV風の「スペーシアギア」という3つのスタイルをラインナップすることや、マイルドハイブリッドによる環境性能の良さも高評価の理由となっています。

トヨタ強し! 登録車&軽自動車のトップ5を発表!

 コロナ禍の影響を受けた2020年の自動車販売ですが、トヨタの好調さが目立つ結果となっています。

 登録車の販売ランキングトップ5を見ると、1位はトヨタ「ヤリス」(15万1766台)、2位はトヨタ「ライズ」(12万6038台)、3位はトヨタ「カローラ」(11万8276台)、4位はホンダ「フィット」(9万8210台)、5位はトヨタ「アルファード」(9万748台)と、4位のフィット以外、すべてトヨタ勢で占められています。

 10位以内でも、6位「ルーミー」(8万7242台)、8位「シエンタ」(7万2689台)、10位「ヴォクシー」(6万9517台)と、合計7車種のトヨタ車がランクインしました。

 トヨタは2020年5月に販売チャネルを統合し、全店舗が全車種を販売する方式へ移行。

 2020年2月に発売されたヤリスの場合、当初はネッツ店のみの販売でしたが、5月以降はどの店舗でも取り扱うことになったことから、販売増に貢献したものと考えられます。

 その一方でトヨタは、車種の統廃合を進める方針です。6位のルーミーは、9月のマナーチェンジで兄弟車の「タンク」と統合。タンクの名前は廃止され、ルーミーのグレードのひとつとなりました。

 販売チャネルがなくなったことから、それぞれのチャネルで取り扱っていた兄弟車も統合される予定だといいます。

「アルファード/ヴェルファイア」はアルファード、「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」はノアに統合されるという話が出ており、2021年はトヨタの車種整理が進むものと考えられます。

※ ※ ※

 軽自動車のトップ5は、1位:ホンダ「N-BOX」(19万5984台)、2位:スズキ「スペーシア」(13万9851台)、3位:ダイハツ「タント」(12万9680台)、4位:ダイハツ「ムーヴ」(10万4133台)、5位:日産「デイズ」(8万7029台)となります。

 上位3位は全高1700mm以上と背が高く、後部ドアにスライドドアを備えた「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるジャンル、4位、5位は全高1600mm以上で後部ドアにヒンジドアを備えた「ハイトワゴン」と呼ばれるジャンルが主流となっています。

 扱いやすいサイズや維持費の安さ特徴の軽自動車は、幅広い層から支持を集めていますが、ボディサイズに制約があるからこそ、室内が広いスーパーハイトワゴンやハイトワゴンに人気が集まっているようです。