メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、コンパクトSUV「GLB」をベースにしたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」を発表、予約注文を開始した。納車は2021年1月末を予定している。

GLB35は「AMG35シリーズ」として6番目のモデル

 メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、コンパクトSUV「GLB」をベースにしたハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」(以下GLB35)を発表、予約注文を開始した。納車開始は2021年1月末を予定している。

 GLBは2020年6月に登場したニューモデルで、スクエアなエクステリアデザインと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながら、7人乗車を標準とし、日本の都市部でも取り回しのよいボディサイズを実現したコンパクトSUV。

 GLB35は、「メルセデスAMG 35シリーズ」として6番目のモデル。FFアーキテクチャモデルに高出力エンジン、四輪駆動システムの4 MATIC、シャシの補強やサスペンションセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことのないよう開発されている。

 車両価格は737万円(消費税込)となる。

 GLB35のサスペンションはフロント・ストラット式、リア・マルチリンク式。標準装備となる「AMGライドコントロールサスペンション」は、サスペンションを制御する3つのモードをドライバーが選択可能。走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を自動で調整するが、この調整は連続可変式で、減衰特性を広い範囲で変化させるもの。結果として走行快適性とアジリティを両立している。

 ブレーキはフロントに新型モノブロック対向4ピストンキャリパーと350mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーと330mmディスクを搭載。ディスクはドリルドベンチレーテッドタイプになる。

 GLB35に搭載されるエンジンは、最高出力306ps・最大トルク400Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボ「M260」型。組み合わされるトランスミッションはAMGスピードシフトDCT8速DCTで、ダイナミックで気持ち良い加減速を実現する。またAMGエグゾーストシステムには自動制御のフラップを装備しており、ドライブモードに応じて音色を切り替える。

 四輪駆動システムAMG 4MATICは、状況に応じてトルクの前後配分を連続可変制御。トルク配分比は前後100:0から50:50までの範囲で変化する。トルク前後可変配分をおこなうのは、リアアクスルの伝達装置に内蔵された電気機械制御式の他板クラッチ。電気機会制御が電気油圧システムに対して持つメリットとしては、クラッチのレスポンスが速く、動作が速度に依存しないことから、よりシャープなドライビング・ダイナミクスを得ることができることだ。

 ドライブモードは「コンフォート「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」「インディビジュアル」の5つ。センターコンソールの「AMGダイナミックセレクト」で選択が可能だ。

 GLB35にはAMGトラックペースも標準装備。これはサーキット走行時に80件以上の車両データ(車速・加速度など)を常時記録することが可能で、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。