日産のカスタムカーブランドである「AUTECH(オーテック)」では、内外装に青が取り入れられているのが特徴です。購入者の半数以上が青いボディカラーを選んでいるのですが、それはなぜなのでしょうか。

青にこだわる日産のカスタムカー「AUTECH」とは?

 国内外の自動車メーカーは、ラインナップのすべてを自社で開発・製造しているわけではなく、子会社や関連会社に委託することがあります。
 
 トヨタなら「モデリスタ」や「TRD」を展開するトヨタカスタマイジング&ディベロップメント、ホンダならホンダアクセスや無限(M-TEC)といった関連会社が車両開発を請け負っていますが、日産ではオーテックジャパンがその役割を担っています。

 日産の関連会社であるオーテックジャパンは、日産車をベースとした特装車や福祉車両(ライフケアビークル)、カスタムカーなどを手掛けています。

 カスタムカーのブランドとして、2018年1月に新に立ち上げられた「AUTECH(オーテック)」ブランドではさまざまなモデルを展開。

「セレナAUTECH」を皮切りに、「ノートAUTECH」「エクストレイルAUTECH」「リーフAUTECH」「ルークスAUTECH」「エルグランドAUTECH」が設定され、さらに「キックスAUTECH」が追加されるなど、徐々にラインナップを拡大しています。

 AUTECHブランドは、カスタムカー作りから蓄積したクラフトマンシップを注入した「プレミアムスポーティ」をコンセプトとし、デザインや走り、質感にこだわって、商品を開発。

 大きな特徴となるのが、ブルーのアイコニックカラーです。AUTECHブランドがブルーにこだわる理由とは、どのようなことなのでしょうか。

 オーテックジャパンの創業の地である神奈川県茅ケ崎市は、相模湾沿いに広がる「湘南」と呼ばれるエリアです。

 サーフィンなどのマリンスポーツも盛んで、海を中心に観光スポットが点在していることから、多くの人が訪れる人気のエリアとなっていいます。

 そんな湘南を拠点とするオーテックジャパンがクルマ作りに取り入れたのが、海と空の青です。

 AUTECHブランドの内外装には「オーテックブルー」と呼ばれる青いカラーや、海をイメージしたモチーフが存分にちりばめられています。

 ボディカラーは、湘南の海からインスパイアを受けたブルーを設定。カラーパネルを実際に海へ持っていき、海の青とパネルを見比べて検証しながら、どのブルーにするか決めているというのです。

 オーテックジャパンのデザイナーは、「普通の自動車開発ではやらないような、一見ムダに見えるようなことですが、デザイナーのこだわりでいかにオーテックブルーの定義をしっかりして、自分たちで吟味しながら決定しています」とブルーに込める想いを語っています。

 オーテックブルーというと、特定のブルーのボディカラーを指しているように思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 セレナAUTECHとエクストレイルAUTECHでは「カスピアンブルー」、ノートAUTECHやリーフAUTECHでは「オーロラフレアブルーパール」を設定。

 標準仕様のリーフにもオーロラフレアブルーパールが設定されていますが、オーテックブルーとして相応しいと判断したことからリーフAUTECHにも採用。クルマのデザインやキャラクターに合わせて、オーテックブルーの解釈に幅を持たせているといいます。

 ブランド展開開始以降、「AUTECH=ブルー」というイメージが定着したことから、オーテックブランドではブルーのボディカラーの人気が非常に高くなっています。

 ボディカラーにオーテックブルー選ぶ購入者の割合は、リーフAUTECHが66%、ノートAUTECHが56%、セレナAUTECHが54%、エクストレイルAUTECHが51%。

 通常、標準車ではブルー系の色を選ぶ人は7%から8%しかいないとのことですが、AUTECHブランドでは半分以上がブルーを選択するという異例ともいえる状況です。

 同社のウェブサイトに寄せられたコメントにも「ブルーに一目ぼれしました!」や「ノートNISMOかノートe-POWER AUTECHか迷いましたが、オーテックブルーに心引かれました」という声が寄せられるなど、実際の購入者もブルーが決め手となった人が多く存在するとのことです。

内外装には海をモチーフにしたデザインも

 AUTECHブランドが展開するモデルの内外装には、オーテックブルーはもちろん、海からインスピレーションを得たデザインも取り入れられています。

 外観では、フロントグリルやバンパーのフィニッシャーに使用されるクロームドット加飾は、湘南の海のきらめきをモチーフとし、ボディ下端部に配される金属調シルバーパーツも、湘南の海の白波からヒントを得たゆらぎをテーマとしたデザインを採用。

 クルマを低重心で安定してスポーティに見せる効果を狙っています。

 専用ホイールは細部まで手が込んだ処理を施しており、ブランドとしての一貫性と独自性、車種のキャラクターを際立たせました。

 さらに内装は、上質な素材で仕立てたエレガントな空間を実現しつつ、車種ごとに使う部位は違うものの、オーテックブルーや波の模様を取り入れています。

 シートのキルティングやエンボス加工、木目フィニッシャーに緻密な技で立体感を出したり、素材の光沢感や躍動感を出すような演出として、湘南の海からインスパイアを受けた、広がる波のようなモチーフにして、ダイナミックでリズムがあるようなデザインを採用しました。

 ステッチの縫製にもこだわり、上質な素材を使って匠が仕立てたような雰囲気を演出するため、糸の影や陰影までデザイナーが計算しています。それによって上質で個性的でエレガントなインテリアを実現しています。

 ひと味違ったプレミアム感を感じられるAUTECHブランドですが、購入者の特徴として上級モデルから乗り換える人が多いことがあげられます。

 エクストレイルAUTECHやセレナAUTECHは上級車種や高級セダンからのダウンサイジング、ノートAUTECHやリーフAUTECHではBMWやプジョー、フォルクスワーゲンといった輸入車からの乗り換えが多いとのこと。

 クルマに高級感を求めるユーザーにとって、細部にまでこだわりが感じられるAUTECHブランドの質感の高さが決め手となるようです。

※ ※ ※

 AUTECHブランドは、走行性能にもこだわっており、街乗りからロングドライブまで、シーンに応じてリニアで楽しいスポーティさと余裕や安定感を感じる1クラス上の走行性能を目指しています。

 現在、セレナAUTECHに走り系の「スポーツスペック」が設定されており、ガソリン車のみならず、2020年8月に「e-POWER」仕様も追加されました。

 専用サスペンションやボディ補強、専用コンピューターなどのチューニングをおこなうことで、優れた高速安定性と上質な乗り心地の両立に加えて、心地よい加速フィーリングを実現。

 e-POWERの特性に合わせて徹底的に見直すことで、e-POWER仕様ならではの気持ちのいい走りにさらに磨きをかけました。

 2021年には、前出の7車種に加え、8車種目となるAUTCHブランドのモデルが投入予定だといい、今後の展開から目が離せません。