アウディジャパンは2020年1月13日、アウディ製電気自動車(EV)の第2弾「e-tron 50クワトロ」を発表、また「e-tronスポーツバック」にバッテリー容量71kWhのグレード「50」を追加、販売を開始した。

WLTCモードの航続距離は316kmというピュアEV・SUV

 アウディジャパンは2020年1月13日、アウディ製電気自動車(EV)の第2弾「e-tron 50クワトロ」を発表、また「e-tronスポーツバック」にバッテリー容量71kWhのグレード「50」を追加、販売を開始した。

 2019年9月、アウディジャパンは日本市場初のアウディ製EV「e-tronスポーツバック」を発売。新世代EVはWLTCモードで405kmという航続距離や快適性、ダイナミクスなどが評価され、2020−2021日本カー・オブ・ザ・イヤーの「テクノロジー カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど高い評価を得ている。

 今回登場した「e-tron」は、SUVらしいルーフラインを持つモデル。荷室容量はe-tronスポーツバックの616リッターに対し660リッターと、高いユーティリティ性能を誇る。

 従来販売されていたe-tronスポーツバック 55クワトロは95kWhのバッテリー容量で、システム最高出力300kW(408ps)・最大トルク664Nmを発生するグレードだが、今回追加されたe-tron 50クワトロおよびe-tronスポーツバック 50クワトロのバッテリー容量は71kWh、システム出力は230kW(312ps)・トルクは540Nm、満充電での走行距離はWLTCモードで316km(50スポーツバックは318km)となる。

 車両重量はe-tronスポーツバック 55クワトロ 1stエディションの2560kgに対して、e-tron 50クワトロは2400kg、e-tronスポーツバック 50クワトロは2400kgと、150kg以上軽量となる。0-100km/h加速は6.8秒と、大型SUVをスムーズに走らせることが可能だ。

 アダプティブエアサスペンションは全モデル標準、バーチャルエクステリアミラーはオプションで用意される。

 e-tronのバッテリーモジュールは「50」と「55」で基本構造は同じだが、「55」ではセルモジュールを一部2階建て構造とすることで、95kWhのバッテリー容量を達成していた。

●アウディ「e-tron 50」シリーズ車両価格(消費税込)

・e-tron 50クワトロ 933万円
・e-tron 50クワトロ アドバンスド 1069万円
・e-tron 50クワトロ Sライン 1108万円
・e-tronスポーツバック 50クワトロ Sライン 1143万円

 なお、e-tron 50にはおよそ約30万円相当の減税メリットがあり、さらにクリーンエネルギー自動車導入事業補助金(e-tron:23万2000円、e-tronスポーツバック:23万6000円)も受けることができる。