国土交通省は、年末年始の大雪において大型車の立ち往生により、多数のクルマが路上に滞留する等の甚大な影響が生じたことを受け、降積雪期における輸送の安全確保の徹底を呼びかけています。

悪質な事例については当該事業者の行政処分も検討

 年末年始の大雪により、関越自動車道などで多数の車両が立ち往生する事態が発生したことを受け、国土交通省が降積雪期における輸送の安全確保の徹底を呼びかけています。

 国土交通省が徹底を勧める降積雪期における輸送の安全確保の方法は以下のとおりです。

・気象情報(大雪や雪崩、暴風雪等に関する警報・注意報を含む。)や道路における降雪状況等を適時に把握すること。
・災害発生時の社内における連絡体制を改めて確認すること。
・積雪や凍結等の気象及び道路状況により、早期にスタッドレスタイヤ及びタイヤチェーンを装着するよう徹底を図ること。
・点呼時等において、運行経路の道路情報、道路規制情報、気象情報に基づき、乗務員に適切な指示をおこなうこと。
・積雪・凍結時における要注意箇所の把握に努めること。
・気象状況が急変し、安全運行が確保できないおそれがある場合は、バスの運休、タクシーの配車の休止、宅配便の集配荷の休止など、サービスの停止に係る情報については、ホームページ等を通じて利用者に分かりやすく情報提供すること。
・乗務員に対して、スリップの要因となる急発進、急加速、急制動、急ハンドルをおこなわないよう指導するとともに、道路状況、気象状況に応じた安全速度の遵守、車間距離の確保について指導を徹底すること。
・スタッドレスタイヤへ交換するなど、タイヤ交換時に、ホイールやボルトの誤組防止、締付トルクの管理、交換作業後の増し締め等を確実におこなうこと。

※ ※ ※

 雪道を走行する場合、冬用タイヤの装着やチェーンの携行は当然のことですが、冬用タイヤを装着していてもタイヤが摩耗していると本来の性能が発揮されません。そのため、冬用タイヤを装着したからと油断することなく、タイヤの状況もこまめに確認するようにしましょう。

 なお、国土交通省では、冬用タイヤの未装着等により立ち往生した事業用自動車に対し、悪質な事例については、監査をしたうえで当該事業者の行政処分をおこなうこととしています。