独メルセデス・ベンツは2021年1月20日、新たな電気自動車エントリーモデル「EQA」を世界初公開した。

航続距離は486km 全長4.4mのコンパクトSUV型電気自動車

 独メルセデス・ベンツは2021年1月20日、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車(EV)「EQA」を世界初公開した。

 EQAはメルセデス・ベンツのEVシリーズ「メルセデスEQ」モデルでもっともコンパクトなエントリーモデルという立ち位置になる。

 全長4463mm×全幅1834mm×全高1620mm、ホイールベースは2729mmと、サイズ的にはメルセデス・ベンツ「GLA」とほとんど変わらない大きさだ。後席は40:20:40の分割可倒式で、荷室容量は通常時340リッター、最大1320リッター、車両重量は2040kg(乾燥重量)になる。

 今回登場したEQAは、まず「EQA250」として発売される。搭載するモーターは190ps・375Nmを発生、フロントを駆動する。組み合わされるトランスミッションは1速になる。最高速度は160km/h、0-100km/h加速は8.9秒というパフォーマンスを誇る。

 リチウムイオンバッテリーは66.5kWhの容量を持ち、航続距離はNEDCレンジで486kmだ。

 EQAのエクステリアは、メルセデスEQモデルの特徴でもあるセンターのスリーポインテッドスター付きブラックパネルラジエーターグリルが採用されている。またフロントとリアのライトは光ファイバーで一直線に繋がり、昼間も夜間も高いレベルで識別性を確保している。

 フルLEDヘッドライト内にはブルーのカラーハイライトが入り、EQモデルを強調している。またインテリアは、7インチ、または10.25インチを2台搭載したワイドスクリーンが目をひく。

 ナビゲーションは充電時間を考慮して、目的地まで最速で到着するルートを計算するエレクトリックインテリジェンスを搭載、ドライバーのルート計画のストレスを解消する、継続的な航続距離計算に基づいて、システムは必要な充電/停止だけでなく、地形や天候などの多くの要因を考慮する。もちろん「ハイ!メルセデス」で起動するMUBXも搭載する。

* * *

「プログレッシブ・ラグジュアリーを、もっともスポーティな形で、コンパクトでモダンな形で、未来の持続可能なモビリティのためにデザインされたオールエレクトリックSUVが誕生しました」と、ダイムラーAGのチーフデザインオフィサーで、ゴーデン・ワグネル氏はコメントしている。「完璧なエクステリアのプロポーションと見事なインテリアが新しい基準を打ち立てました」

 新型EQAはラスタット(独)と北京(中国)で生産される。バッテリーシステムはメルセデス・ベンツの子会社である家メンツのアキュモーティブが供給している。またポーランドのジャワールにあるバッテリー工場では、コンパクトなEQモデル用のバッテリーシステムの生産準備を進めているという。

 EQAは今後、200kW(約271ps)以上の4MATIC(前輪駆動モデル)や航続距離500km以上のモデルなどバリエーションを増やす予定だ。

 EQAは2021年春から欧州で販売される予定だ。ドイツでの車両価格は4万7540.5ユーロ(日本円で約600万円)となる。EQAの購入に際し、ドイツでは政府の補助金6000ユーロ、およびメルセデス・ベンツが提供する3000ユーロの環境ボーナスを受け取ることができる。