人気コンパクトSUVであるホンダ「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを受けた2代目モデルが、2021年2月18日に世界初公開されます。これにより、国産コンパクトSUVにはどのような影響が考えられるのでしょうか。今回は、マツダ「CX-30」と「MX-30」への影響を考えます。

新型ヴェゼル登場でマツダのコンパクトSUVにどんな影響がある?

 2021年2月18日に、ホンダのコンパクトSUVとなる新型「ヴェゼル」が世界初公開されます。
 
 これにより、激戦区となるコンパクトSUV市場にどのような影響が考えられるのでしょうか。今回は、マツダのコンパクトSUVとなる「CX-30」と「MX-30」への影響を見ていきます。

 新型ヴェゼルに関しては、すでに特設サイトや各種公式SNSが公開され、2月18日に向けてさまざまな情報が投稿されています。

 2013年12月に発売された現行ヴェゼルは、当時日産「キックス」(2010年)、マツダ「CX-3」(2015年)、トヨタ「C-HR」などと第一次コンパクトSUV人気を築いたモデルです。

 そのなかでも、現行ヴェゼルは日本自動車販売協会連合会が発表する登録車販売台数ランキングにて、2014年、2015年、2016年、2019年とSUVジャンルでNo.1を記録するほどの人気を集めました。

 一方のCX-30は、現行の初代モデルが2019年10月に登場。マツダの新世代ラインナップの第2弾として、国内市場をはじめヨーロッパ市場でも販売されています。

 SUVならではの使い勝手やコンパクトなサイズ感だけでなくクーペフォルムの洗練されたデザインは評価が高いほか、そのデザインは国内だけでなく世界的にも高く評価され、「2020ワールドカーオブザイヤー」では、名だたる高級メーカーを差し置いてトップ3に選出されています。

 販売面でも堅調で、2020年の登録車販売台数ランキングでは27位(2万7006台)となっており、マツダ車では「マツダ2」に次いで2番目の売れ行きを誇っています。

 もうひとつのMX-30は、「マツダ3」とCX-30に次いで、マツダ新世代ラインナップの第3弾に位置付けられて2020年10月に発売を開始。

 当初はマイルドハイブリッド車のみの販売でしたが、2021年1月28日からはEVモデルが追加されました。世界的に広まる自動車の電動化に対応するべく、注目されているモデルです。

 なお、MX-30のプラットフォームなどの主要部はCX-30と共通しており、全長と全幅は同一です。しかし、Dピラーを大きく寝かせた、クーペ風のデザインとなっているのがMX-30の特徴です。

 では、デザインで高い評価を獲得しているマツダの主力コンパクトSUVである2台は、新型ヴェゼル登場でどのような影響を受ける可能性があるのでしょうか。

 ある首都圏のマツダ販売店スタッフは次のように話します。

「CX-30については、購入されるお客さまの半数以上がデザインが決め手となっている印象なので、デザインには自信があります。

 実際にお客さまからも、『街で見かけて気に入った』『CMを見てピンときた』といったお声をいただいており、いわば『一目惚れ』されています。

 MX-30も、発売されたばかりで知名度はまだまだですが、購入されるお客さまの多くはデザインを高く評価してくださいます。

 また、EVが追加されてからは問い合わせも確実に増えているので、今後の売れ行きが楽しみなモデルです。

 ヴェゼルは人気モデルなので、知名度も高く燃費性能や使い勝手はきっと素晴らしいクルマだと思います。

 ただ、マツダの持ち味であるデザイン性や人馬一体の操作感は、カタログで表現しきれない魅力ですので、クルマを実際に『感じて』いただければ、その魅力に気が付いていただけるのではないでしょうか」

※ ※ ※

 CX-30やMX-30や「ロードスター」など、近年のマツダ車は「人馬一体」をキーワードに、人間を中心とした設計がなされています。

 その高い評価からデザインに注目が集まりがちですが、操舵性という点でも、ヴェゼルをはじめ他メーカーに対抗するひとつの武器となっています。

家族みんなでマツダ車という例も。

 また、近年のマツダ車にはある新たな「売れ方」が見えているようです。前出とは地方部の販売店スタッフは次のように話します。

「マツダ3よりグローバルネームに統一されてから1年半以上が経ちましたが、最近ちらほらと、『すべてマツダ車』という所有の仕方をされる人が出てきています。

 実際にいらっしゃったのは、主人用でロードスター、奥様がマツダ2、息子用にCX-30という家族です。

 そのお客さまは、『ガレージにマツダ車が並んでいるのは気持ちが良い』と仰ってました。

 これは非常に稀な例ですが、夫婦や親子でマツダ車、という人はほかにも知っています。

 車名統一の成果が着々と出ている感触があるので、これはメーカーにとっては大きな前進じゃないでしょうか」

 新型ヴェゼルはすでにホンダのハイブリッド車となる「e:HEV」を設定することがティザー画像で確認出来ます。現行ヴェゼルでは、ガソリン車とハイブリッド車の2タイプでした。

 一方のCX-30はガソリン車とディーゼル車とスカイアクティブX、MX-30はマイルドハイブリッド車と電気自動車という異なるパワートレインを展開しています。

 今後、電動化が進むなかでコンパクトSUVのパワートレインによる販売戦略も変わってきそうです。